宇宙戦争


エイリアンシリーズは、制作年は別として話の流れとしてはこんな感じ。
1)プロメテウス
2)エイリアン:コヴェナント
3)エイリアン
4)エイリアン2
5)エイリアン3
6)エイリアン4

人気者の私は、 ”エイリアン2” を一緒に観たい、と誘われたので観た。ら、意外と面白かったので、立て続けに ”エイリアン3” ”エイリアン4” そして ”エイリアン” それが終わったら ”プロメテウス” そして ”エイリアン:コヴェナント” と少しずつ観ていき先日ようやっと全部観終わった。感無量。

途中の ”エイリアン2”だけ観て終わりなんて出来ませんわな~。面白かったら全部観ちゃいますわな~。これらシリーズの他の エイリアン番外編だかの2つの映画はファンサービスみたいな感じで作った戦いの映画との事なので観てないけれどもね~。

これら映画エイリアンは、強暴獰猛な生物とAIロボットと人間って感じの話で私が期待する宇宙人とかとはちょいと違うし、映画の設定も甘いが、色々な姿形の宇宙人ってのは本当にいるんだろうなぁと思っている。幼稚園生の時から宇宙人好き。( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )❤︎



えっ~と、最新刊ムーでも、なっ何か!? アポロ14号の帰還映像に映っている巨大葉巻型UFOの写真が掲載されているし、ネアンデルタール人等の旧人類やホモ・サピエンスでもなくヒトとは構造的にもDNA分析でも違う、約3000年前の長頭頭蓋骨が南米ペルーで発見されている。ヒトと似ているがヒトではない 異人類。

そして、タンザニアの古代岩陰遺跡では、エイリアンを連想させる異常に大きな頭を持つ人物が描かれた岩絵が発見されたんですよぉ。数百年以上前の物という事しか分かっていないが、小さな人間を口に加えたような岩絵も有る。人間食べられていたのかもしれんなー、進撃の巨人みたいなぁー。怖ぇーーーー。

昨年7月には、イギリスで夜UFOを発見撮影しその後UFOに追跡された女性は、身長2M程の全身緑色のカマキリ型だが人間のような異星人らしきものを目撃している。またNASAの太陽観測衛星SOHOには太陽UFOの撮影頻度が急増中だ。UFOにもいろいろな形があるんですなぁ。詳しくは、ムー4月号で!(笑)

ちなみにこれ↓は私が偶然に出くわし、撮った写真だが、光る謎の物体が見えますよね。。。。

夜空2021年3月


夜空2021年3月

UFOではなく月ですが。。。

では、折角なので宇宙人ネタって事で、トンデモ?話始めま~す。今現在、地球上で囁かれている宇宙人と地球人の話です。逃げんなよ~~。



地球外生命体であるギャラクシーアライアンスは、20年以上前に地球人(アメリカ人)と正式に契約し地球の人類解放のための作戦実行中だ。と、言うのもネガティブET(=代表的種族としてアルコン、キベラ、レプリティアンがいる。今現在アルコンとキベラはほぼ絶滅しているがレプリティアンは人間と同化できる為、今も我々と共に暮らしている。ちなみに人型爬虫類レプリティアン疑惑が浮上している財閥、政治家、芸能人などの有名人情報も昨今はよく流れていますねぇ。)の餌は、地上の人類のネガティブなエネルギー。


地球を除く宇宙は、ギャラクシーアライアンスの光側の勢力が圧倒的に強く、ネガティブETは地球に逃げ込み 2万数千年前にキベラが、スカラー電磁フェンス バリアーを地球に巡らせ、人類はポジティブETとのコンタクトを遮断されてしまった。地球は宇宙に存在するポジティブETとネガティブETとの最後の戦場だ。

アルコン、キベラ、レプリティアンなどのネガティブETは、現在の金融システムなどを作り上げ、人類を奴隷化し、人類は苦痛、不安、妬み、怒りなどを作り上げ、彼らに餌を提供していた。



地球にバリアをはられた後も、ギャラクシーアライアンスはあらゆる手段を使い人類とコンタクトを取り続けた。ちなみにギャラクシーアライアンスと地球側との窓口とのコンタクトを担っているのは、プレアデス星団(おうし座、地球からは443光年離れている)に住むプレアデス星人だ。

ギャラクシーアライアンスの外見は人類に似ていて身長2M程。白い肌に金髪で北欧人のような外見。地球解放のデクラス(=機密解除)やGESERA宣言を出し実行指示するのも彼ら。デクラスの目的は、今までネガティブETやその手下が行ってきた悪魔の所業を我々に知らしめることが目的。


デクラス(=秘密開示)の日程が今年1月後半から何度も指示されていたが、理由は不明だが何度も何度も先送りされている。実行されると、我々地球人類は生きるのに必要な物質などは全て与えられ、高い精神性に向かって時間を使えるようになり、約100年前にニコラ・テスラ氏が作ったフリーエネルギー技術や、メドベッド(あらゆる病気を治す奇跡の医療ベッドであり3分で50歳若返ったりも)等々の約6千程の非公開技術が開示され新時代に入る。生きるとは、歓喜と創造性の旅になり、物質的精神的豊かさ、美しさを与えられる。しかし、デクラスされなければこういったGESERAも行われない。



宇宙には、数百年前から存在している銀河法典(=ギャラクシーアライアンスとアースアライアンスの基本的な理念)があり第一節から理路整然と記述されている。おっ!? っと思ったのが、銀河法典第三節バランスの法。

★☆★☆銀河法典第三節バランスの法★☆★☆
闇の勢力に属していた存在が破れた時、彼らには銀河法典を受け入れ、犯した過ちを正す事に尽くし、今後は良い生き方をする為の機会が与えられます。もし彼らが受け入れられない、あるいは受け入れたくない場合は、彼らはセントラル山に連れて行かれ彼らの人格と魂のエッセンスは、Theエレクトリックファイアーで組成し直されます。彼らは神聖のきらめきを携えて新たな進化のサイクルを始めます。
☆★☆★☆★☆★


あぁ悪者は心を入れ替え今後も一緒に生きていけるんだ♪ っとちょっと心がほんわかしましたが。。。一体、「誰」が「何」の「物差し」で決めた「内容」の教育なのか?? 銀河法典は宇宙の多勢側であるポジティブETが作った法だが、その銀河法典に従わない場合は、罪を犯した事になるもよう。ネガティブETは承認も承諾もしていないのに。


銀河法典に抵抗を示すと、セントラル山に強制連行される。そして、読む側が抵抗感や疑問を感じない様に綺麗な言葉で綴られているが、Theエレクトリックファイアーで 拷問、半殺し、もしくは殺す、粛清する、という事だろう。

いう事きかなければ、嫌だったら、都合が悪かったら殺す。これって昨今取りざたされている中共が チベットや南モンゴルやウイグルで行っている疑惑と同じ言動のように思うし、また、大東亜戦争後の中国やソ連で行われた日本人に対する赤化教育などもこういった洗脳(と我々が教育されて認知している)と同じように思う。ポジティブETの都合が良い再教育。


結局、そのポジティブETも、左翼も右翼も、共産主義も資本主義も、同じ。教える側の都合が良いように、奴隷を従えているだけ。

国も、会社も、地域も、組織も、家庭も、教える側の都合に良くしている。同じ教本を使っても、集団が異なれば意見が異なるように。(例:カトリック vs プロテスタント)


それぞれの運営に都合のいい教育だけを取り扱っている。そうしないと崩壊するからしょうがない。洗脳は洗脳と知られたら意味がないから。知らずのうちに洗脳を仕込むことが重要。

ゆえに多様性に満ち溢れて差別の無い苦労知らずの素晴らしい環境は、まずありえない。できない。無理。断言できる。支配する側にとっての楽園はあるかもだけどね。

闇の勢力が存在しなくなって、生きるに必要な物も全てあり愛と平和に満ちた社会。そもそも闇とは、一体何と比較して闇なのか? 

良い生き方をする存在しかいない楽園が出来上がった瞬間に全てが終わるような気もする。



なお現実の即物的な面では、ロボットやAIの研究・開発に、全てのリソースを叩き込めば、全人類にとって「楽園」を作ることは出来る。いや、全生き物にとってか。ドラえもんのブリキの王国みたいな。

ただ、その楽園は非常に退屈で暇になることは確実。

楽しみは辛みがあって初めて感じれる。例えを変えると、影があるから光を光として認知できる。本当に光だけであればただの真っ白。雨戸カーテンを閉め切った四畳半でめっちゃ光る電球を大量に光らせたとして、目に入ってくるものが光だけであれば真っ白。陰影が出来て初めて 「あ、これ光なんだ」 と認知できる。

つまり幸せを感じるにはその逆の体験経験が必要。


「何の苦しみもない平和な環境」というのは、完全フラットの変化のない状態であり「感情を揺さぶることが起きないもの」なので、「栄養を消費し続ける肉塊」になり果てること請け合い。

変化がない、つまり否定され続ける環境であるともいえる。苦しみが無い=解決する必要がないのだから、解決しどころが無いことは変化が不要なわけで。

もうそこには知性もあったもんじゃない、廃人よろしくなる。



地球上の人類らを今現在の奴隷状態から解放するとの事だが、”セントラル山に連行しTheエレクトリックファイアーで組成し直させる”ような事を少数民族に対し行っているという疑惑が浮上している中共のもつ軍隊も ”中国人民解放軍” という名称だ。解放解放♪

嘗ては北朝鮮も ”地上の楽園” と宣伝されたし、思えば、そういった夢の理想郷として、エデン、シャンバラ、極楽浄土、エル・ドラド、天国 などが思い浮かぶ。


本来の宗教は、”知性ある存在に平穏をもたらす” もののように思うが、夢の理想郷が実現する事を説き希望を持たせながら、その実現を夢見ながら今は我慢する時、と我慢を強いるものが、この世に存在する ”宗教”と呼ばれているなにかだ。


==引用開始==
我々の話の内容に真剣に傾けてくれる方々のみに伝える。信じられない人は退場してください。ネガティブに反論されるだけでも地球全体の波動が下がります。既にネガティブな思考の方々や初めから批判する為に聞く方は、人類のアセンションの邪魔をしている敵と同等ですので今後はそのような方々は我々の話を無視して退場してください。
==引用終了==


楽園話で歓心を引こうとし、その話を信じない人を排除し、存在しなかったことにする。宗教の本来の役割であろうと思う ”平穏をもたらす” から遠のいた ”争いの再生産” をしている。

他の何かを信じている人に対し、こちらを信じるように相手を変えようとすること、その事自体が既に、その人が信じていたものを ”批判” し ”否定” している状態だ。視野狭窄でありご都合主義でバイアスがかかっている状態だ。



否定は解決しないのでそこにとどまってしまう=固まるものであり、肯定は解決することなので、そこで終えて次にいける、つまり変化することが出来る。

否定や批判を受け入れる事が博愛であり、慈愛であり、変化を促すもの。これは本当に力のある存在しか出来ない技だ。

神様も無理なのではないかと、聖書や神話を読んでもなかなかのDV気質だなぁと疑問符がついてしまう。



「楽園」など、やたら耳障りのいい話がでたら下記の言葉を思い出す必要がある。

・地獄の道は善意で出来ている
・詐欺師は笑顔で語りかけてくる

何でも疑って否定するのはどうなのよ? と思うが、そもそも他者を否定してくるのであれば、こちらも否定を返してもいいだろう。

なので否定や批判を受け入れてなお、博愛慈愛で包めるならホンモノだよね。

ポジティブETはそういった存在なのかねぇ~。面白いよ。↓(≖ᴗ≖ )



しかし、働かなくても良い楽な環境を信じて希望に胸膨らませている人達がいる事を思うと、かなりお疲れなんだなぁと、そんな疲れているのかーーーと思う。  ↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルを変更してみました。(≖ᴗ≖๑)

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive