痛ましい事件


福岡の5歳児餓死事件が痛ましい。

どのような結婚生活だったのかは知らんが、こんなんだったら離婚などしない方が幸せだったのではないか。浮気をしているのか夫に聞くなり、自分で調べたり等しなかったのだろうか。夫に捨てられそうなら捨てられるまでの期間を、一人で子ども3人育てられるだけの体力気力と経済力をつけるための準備期間にし懸命なる努力に向かわなかったのが痛い。浮気をしているという他人の言を信じ、経済力も無いのに子ども3人連れて離婚ってのもなかなか現実的ではない。とは言え、生活保護やらを受ければ誰でも一人で子どもを育てる環境が整っているのが現日本でもある。彼女も月に20万程支給を受けていたし。日本って良い国だわ〜。


しかし、いくら場所や環境を変えても本人は変わっていないのだから、どこに逃げようとまた同じような人を呼び寄せ、同じような境遇に己を追い込んでいくだけ。己が変わっていないのに難を逃れようと逃げれば逃げるほどさらなる不幸が襲い掛かるのが常だ。


己の中に確固たる軸が確立されておらず、精神的に寄る辺の無い根無し草のようなフニャフニャの存在だったのか。少なくとも別れた夫や実家などに相談すれば離れろ等どうしても否定的な言葉を受けざるを得ないが、しかし真に必要なアドバイス、子どもや彼女を救い出す知恵や手段や力をもらえただろ。が、彼女の欲しい称賛や同情ではなく、否定され一見彼女の行動を制御し軌道修正させようという支配とも思える言葉が投げつけられ彼女のストレスは高まる。一方、一見優しい笑顔で人懐っこく あなたよためよ♬ と親身になり近づいてくる悪魔は甘く優しく居心地が良い。


パチンコにはまり子どもを熱中症で死なせてしまう親もいるし、家族そっちのけで宗教にはまりお布施やら貢ぎまくったり教祖とエロい事して神と繋がった♬ なんて喜ぶアホもいますし、ギャンブル、酒、タバコ、占い、スイーツ、異性、ネズミ講等等、対象はなんであれ借金しまくったり日常生活を壊すほど何かにどっぷりはまりつかり依存する人はその対象から引き離してもまた違う何かと同じ事を繰り返してしまう。己が変わってないのだから。原因がそのままだったら結果も同じになるのが当然の摂理だ。本能のまま楽な方、心地良い方に流れ問題から逃げ続け、何かあると人のせい、周囲のせいにして被害者を装い同情を引き己を守る。


己一人が不幸になるのはその人の勝手だが、子連れの場合、子どもまで不幸に巻き込まれていくのが痛ましい。

あんな依存体質の人が3人の子の母、というのが。 


これは妊娠出産が誰でも出来るのが問題。人間も動物だし自然の理として妊娠出産するのは本来なら当然といえば当然なのだが。自然界では、親が育たないと思う子などを育児放棄をし子が死に至ったり親が子を食い殺すなどもある。


昔々は、日本でも子どもを売春宿に売り飛ばそうが、殴ろうが殺そうが実質的に自由だった。が、人間世界では近頃、子どもへの虐待、まして死に追い込むような虐待や育児放棄を事件として取り締まったり、子どもを保護したりするようになった。有難いことだ。が、妊娠出産は動物として自然の事なのに、育児に規制や罰則を加えるのは人間が制度として作ったものだ。ならば、いっその事、子どもを生み育てるのを免許制にするのがよかろう。


確かに、教員免許所持者が、変態的な性的事を生徒やその年代の子にしたり、虐めを煽ったり等いろいろ問題ある場合もあるが、どんなに規制してもどんなに厳格にしてもどんなに資格で縛ろうとも一定割合で変なのが出てくるのはしょーがない。しかし無知な人よりも、精神的に著しく成熟していない人が何も知らないまま手探りで子育てをするよりも減るのは事実だ。



子育て云々の前に、自分がどー生きたらいいのかわからない。自分がなくて自信がなくてどーしたらいいかわからない、何か強力な頼れる存在に庇護されてなすがままに生きて安心したい。親になる前にてめーをなんとかしよーぜ状態の人が親になっているのが現状だ。


親になりたい場合は、勉強、研修を経て国家資格である親資格に合格した者しか子育禁止にすればいい。もちろん、精神的経済的に正常な大人か、人格検査なども必要だし、基本的な育児スキルから心理学から対話技術から総合的な知識技術が必要となる。養子縁組も然り。変な事をすれば親資格剥奪の上、子ども没収。子どもを生み育てられるのは一部の特権階級のようなもの。もちろん両親とも資格必須。離婚も減るだろう。


今ではファッションのように結婚しすぐ離婚する人が増えているし、母子家庭なんて湿っぽい言葉よりもシャレたイメージのシングルマザーなんて言葉が、流行りだしたのはいつ頃からだろうか? シングルマザーが男とお泊りで子どもを置き去りにし子どもが死ぬ事件なんかもあるが、女性の社会進出が進んだのとセットのような気もする。が、シングルマザーの貧困とか子どもの貧困とかもきく。経済力もないのに気に食わないからって離婚したんかい、ってビビる。

そういえばこの記事【女を追い込むフェミ。男女平等を叫びシングルマザーを困窮させた女性解放論者どもの罪=鈴木傾城】によると、

子どもの6人に1人が貧困。貧困に堕ちる子どもたちの少なからずは「ひとり親」でその原因は離婚。日本の母子世帯数は推計で、約123万2,000世帯で、母親の81.8%は働いているが、収入は通常の世帯の半分以下。シングルマザーの51.4%が貧困。4人に3人は養育費をもらっていないような状況。

==引用開始==
「何があっても妻と添い遂げる。子どもも夫婦で立派に育ててみせる」という気概が男から消えたし、社会もそれを強制しなくなった。

「何が何でも俺が妻子の面倒を見る」と断言する男は世の中から消えたのだ。それは今の男が軟弱になったからではない。そう言うと、責められる時代になったので責任を持つのをやめたのだ。

誰が責めるのか。フェミニストだ。

フェミニストが「男女は平等なのだから、男が面倒見るなんて考え方は傲慢だ」と言うので、男は「面倒をみなくていいなら、それは都合がいい」と重荷を下ろした。

フェミニストは「女も働いて自立すべきだ」というので、男たちは「それなら、どうぞ」と喜んで道を譲った。

かくして、責任を取らなくてもよくなった男と、壊れた家族と、取り残される母親と、貧困に苦しむ子どもが出現するようになったのである。
==引用終了==


同感です。親はどーなろうと自己責任って事でどうでもいいが、被害者となる子どもが可哀想だ。



国家資格がなければ育児禁止にすればいい。妊娠出産は誰がしても中学生でもいい。人知れず苦悩し悩み抜いた上、どうしよもなくて一人で公衆トイレで生み、新生児を殺さなくてもいい。堂々と生んで国の施設に引き取ってもらえばいい。そうすると、DQNの子ばっかり増える、低所得で低学歴の人の子ばかり増える、等の文句がほざかれそうだが、地球をみると、先進国では出生率が下がるのがデータで出ている。経済レベルも低く、女性の教育が遅れている国ほど出生率が高い。地球規模でみれば我々は地球上から駆逐され淘汰されんとする側だ。

国民人数は国を守る為に必須の要素だ。人数が減れば減るほど侵略される確率が高まる。移民なども含め国を乗っ取られていく。現在の日本のように。。。国で預かった子どもは、こうやって育てよう↓かと思っている。強い国を作りたいので。



可愛い!とローンまで組んで購入したペットを数年もすると手に負えない、飽きた、事情が変わり飼育できない、等と言い訳をこいて殺処分になるのがわかっていながら保健所に持ち込む人が毎年どれだけいるか。寿命の短いペットでさえ、途中で捨て殺しにするのに、子どもなんて下手すると一生面倒を見続けなきゃならんのに、ペット手に入れるみたいにお金払わなくとも妊娠出産は可能だから余程恐ろしい。


幼少期の時に精神の発達がとまってしまい心が幼児のまま肉体だけ大人になってしまった子どもが、子どもを生み育てている。育て方がわからず混乱し追い詰められている。妊娠してから始まる母親学級や両親学級などははっきり言って友達作る意味しかほぼないし。そういうところで出会う人が支配者になる可能性も高いわけだ。


子どもが可哀想なので育児ができるのは資格を持った人のみの許可制にしたい。少しはましになるような気がする。国が面倒をみるから皆、じゃんじゃん子どもを産め!!日本を君たちの子どもで占領しても構わんぞー! 国で育てるから♬ って考えている。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

【彼女の欲しい称賛や同情ではなく、否定され一見彼女の行動を制御し軌道修正させようという支配とも思える言葉が投げつけられ彼女のストレスは高まる・・・】
本当にそう思います。
オウム事件の時に何故彼らはあんな集団に騙されたのか?と聞かれた評論家が「彼らの存在を認めて受け入れてくれたから」と言っていました。
人間は誰も“自分を認めて欲しい”という欲求ががあります。
しかし、身近な人になればなるほど“認める”ことより“アドバイス”などとという尤もらしい言葉で相手の言動を否定しているのだと思います。
今回の事件もアドバイスする人は大勢いたのかもしれませんが“認めてあげる”人がママ友しかいなかったのかもしれません。
それにしても無抵抗の子供が被害者になる恐ろしい事件が余りにも多発し過ぎます。

Re: こんにちは

本当に痛ましい事件が多いですよね。今回の事件も捜査が進むにつれて、
情報が明るみに出てくると思いますが現段階の情報で、
子どもは全身全霊で母親を求めていたことが報われなかったことに心が痛いです。
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive