修羅


日本国が修羅の国になってきているのをヒシヒシと感じております。数年前からチラチラそこかしこでこういった張り紙を見かけていましたが、ついにこんなところにまで! 役所続きの館内にて。

世知辛い世の中


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*

文大統領「関係の早期修復必要」 離任の駐韓日本大使との面談で
YONHAP NEWS 1/14(木) 19:02配信

何言ってんだ??? と一瞬頭が??????になってしまいました。”未来指向的に発展しなければならない” って。。。。こうやってしゃぁしゃぁと図々しく言うのって大事なんですねぇ。

最終的かつ不可逆的な解決を二国間で行ったはずなのに、ギャーギャー言い続けて、先日は韓国の裁判所が、慰安婦被害者に日本政府が一人当たり1億ウォン(約950万円)ずつ支払えと勝手に支払い義務を課したりしてますしぃ。こんな状況で一体どうやって未来志向でいこう♪って思うんだろうか??? 未来と真逆の方向に突っ走っているのは韓国さんだよなぁ。



しかしねぇ、こういった問題を考えると。。。売春が禁止された国や地域でも、公然の秘密で売春を行っていたりしますよねぇ。女児誘拐などで集められた各国の可愛い子どもたちが、エプスタイン島で幼児性愛の人たちによってレイプなど受けたり、若返りと称しその血液や人肉を食されたりもしていたようですし、日本人だけが酷いとかエロいとか鬼畜とかそういう話ではないように思いますし、大東亜戦争中の慰安婦だけが特別に悲惨だったわけではないと思うんですよねぇ。。。それにブルセラとか援助交際とかパパ活とか名称は次第に可愛くなってきていますが女性側からお金と引換に自分自身を切り売りする話を持ち掛ける女性が子どもから大人まで存在していますしねぇ。。。。まぁこんなこと言うのも何なんですが、



古代ギリシアには既に公娼制度がありましたよねぇ。古代インドでも然りですし、また、伊勢神宮の内宮と外宮の間にも嘗ては遊郭があったんですよねぇ。まぁ昨今では渡鹿野島なども注目が集まったようですが。。。

紀元前11世紀にはアルテミス神殿の参拝後には、大理石で造られた窓がない2階の公娼館を利用するのが常だったそうですしぃ、一応表向きは、セルシウス図書館から繋がる秘密の地下通路を通って公娼館へ通ったそうなんでまぁ公然の秘密だったのでしょう。


オリエント宗教でも、聖地コリントには1000人以上の寺院売春婦が常駐していてコリントへの旅は売春の旅♪ なんて言われていたそうですなぁ。

まぁ、かの有名なヘロドトスは ”古代メソポタミアにおいて神殿売春が行われていた”と仰せでした。



韓国は表向きは違法となっているとはいえ、売春産業のGDPはなかなかのものだとは有名ですし、海外で働く韓国人売春婦は”自分は日本人だ”と語って捕まったりもしていましたよねぇ。日本人を名乗るのはやめてね。

それにまぁ、記録に残っているだけでも高麗の時代からは既に売春が普通に行われていましたねぇ。まぁ一部の特殊な人を除き多分大多数の女性の立場からすれば自分の意思とは無関係に親類縁者に売春宿に売り飛ばされたり、人さらいに連れ去れら売春宿におかれる等はまさに生き地獄だと思いますが、しかし大東亜戦争中の日本の慰安婦などは韓国の売春の歴史にとってはほんのほんのほ~んのちょっぴりのわずかな期間なんですよねぇ。

そして、韓国という国の一大産業として売春が未だに成り立っていて、売春防止に対してこんな運動をする売春婦の方々もいるんですよねぇ。生きる権利を主張して売春させろデモをすること自体は全然結構なことだと思いますし良いのですが、売春させろデモって世界中で韓国以外の国で事例があるのかは果てしなく謎です。。。。しかしユニークな格好ですね♪ 話したら結構楽しい方々のような気もします♪ 裸状態でスプレー吹きかけるのは嫌ですが私もコスプレはちょっとしてみたい気もします(笑) 面白そうです(^^

韓国デモ


韓国デモ

韓国デモ


韓国デモ


韓国デモ

なかなかの迫力ですね~♪ まぁ売春をさせてほしくてデモをするのは結構なことだと思います♪

しかし、そういう仕事をしたい方はいいですが、したくない人が無理矢理そのような仕事に従事させられるのが問題ですよねぇ。女児誘拐とかみても需要と供給があっていないのでしょうかねぇ。しかし中には、普通の求人が出ているのにもかかわらず、それらには応募すらせず、「コロナのせいで失業したー、パパ活で稼ぐしかない」な~んて被害者ずらして語る被害者ビジネス的なというか悲劇のヒロイン症候群とでもいいますかそういう人もいますねぇ。まっ、よぉ知らんけど。


しかし、これって人間の根源の問題ですよね。一体なんでこんなシステムにしたのか、体の機能や構造からして争いが起きやすいのがわかっているような気もするのですが、やはり神様が異常に悪趣味で変態だということに行きついてしまうんですよねぇ。


まぁ話は変わりますが、昨今、女性は被害者みたいな感じで、かなり精力的にガンガン運動している勢力もあるようですが、はっきり言って、肉体的力は男性の方が強いですが、精神的には女性の方が強いと思うんですよねぇ。はっきり言うと男性の士気を挫き、自信喪失させ、その精神を破壊しボロボロにするのは結構ちょろいですよね。

それを思うと、なんでそんなに必死になって運動しているのか、なんでそんなに必死になってしゃかりきになって外に出て男性を打ち負かそうとして女性の権利ガー!とか言って性別で数を決めたりなどしようとするのか正直よー意味わからんです(^^;

でもまぁ、そういった方々の運動のお陰で、痴漢やセクハラが激減したのは誠に有難く喜ばしい事ですし、女性も教育も普通に受けられますし、女性一人でバリバリに働いて高収入ゲットしながら生きていく事も出来ますし、万が一結婚に失敗して離婚などの場合でも、普通の女性一人でも子ども抱えて真っ当な仕事をして働いて生きていく事も誰しもができますし、選挙権も普通にあるし、そういう点は有難いですね。

って結局、何が言いたいのかよーわからんですが(^^; 皆で仲良く暮らせると良いなぁ。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こういう

注意書きこそ、中国語とハングルで書くべき。
駅の案内板は日本語と英語だけで十分。

トイレットペーパーを持ってくな!は日本語より中国語で大きく書いたほうがいいと謂うんですけどね。


No title

李氏朝鮮時代はひどかったらしいです。それから朝鮮半島の人は大げさに言うのが好きですね。葬式の時、泣きやを雇い、大げさに泣いていたそうです。近所に在日の人がいますが、日本社会に溶け込んでいますね。

No title

こんにちは。
凄い国なんですね。でも、日本人で良かった。と私は思います。
最後に「何が言いたいのかわからない」とありましたが
私はわかるつもりです。

Re: こういう

あっ、はい(^^;

ごもっともなご意見だと思います。

いつもありがとうございます。

raffineさん

ハハハハ(^^;

どうもありがとうございます。

fukuchanさん

親しくなると 在日 とカミングアウトされビビります。
この人もか!っと。見分けつかないんですよね。
そこかしこにおられますよね。。。(^^;

しかし、日本国内に外国人さん増えましたね。

トムセン少佐さん

私も、日本人で良かった。

トムセン少佐さん、ありがとう(^^

昔から、日本だって、そうですよっ

>紀元前11世紀にはアルテミス神殿の参拝後には、

>オリエント宗教でも、聖地コリントには1000人以上の寺院売春婦

>かの有名なヘロドトスは ”古代メソポタミアにおいて神殿売春が


これらの事例は人の性、世の常、当たり前でしょう。

そもそもが、日本の近代前の、神社仏閣参りも。
落語などで長屋の男どもが連れ立って江戸から東海道を何日も旅するお伊勢さん参りなど、典型的な例です。
当然、旅の目的も、信仰だけではなく、その道中にある”それ”が目的でした。
神社側なども、近隣参道、茶店の繁栄と、自らの神社のお布施を少しでも多く集めるために
地域でのお互いの生きる術、自然発生的な智恵、当たり前のことです。
神社と宿屋、土産屋、遊郭の共存共栄だったんでしょうね。
近代以降は、言葉を知り始め、理屈だけが発達している、まだまだそういった過程ですから、
自分の不完全性や不純性を横にどけて、エラそうに?  
  あはは。
何事も正邪に分けて安心している段階なんでしょう。
典型的なのが、相手を断罪するポリコレ?
社会が未熟なのでしょう。
その証拠に、
これじゃ、この世は、少子化どころか、
草木の一本も生えてこない廃墟になってしまうのではないかと、心配。

こういう尖がった論調が盛んな半島のお国柄、
事実、やっぱりわが国に負けないくらいの少子化が実現してますでしょう?
その未熟な言葉による傲慢性の自業自得ですね。
それを、わが国は追いかけている、  あはは。

Re: 昔から、日本だって、そうですよっ

まぁ少子化に関してはねぇ。。。まぁ、
国が工業化都市化、女性が教育を受けるようになると
少子化になるのは宿命と言うか仕方がないのかなとも思います。
日本人同士の子どもは減っていくのでしょうね。
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments