ハゲましたが何か!?w


帰宅時に家の前の道路で近所のご年配の奥様とすれ違い、上品そうに丁寧にお辞儀をしてくれたのだが。。。。一瞬ちょっとびっくりしてしまった。なっなんと、頭頂部分が丸~く まるで河童の頭の上に御皿が載っているように髪の毛がなくなり禿げていたのだ。


女性も髪が薄くなるというのを知ったのは大人になってからで、びっくりしたのを覚えている。まーそれはどーでもいいのだが、

私は、逆に、子どものころから髪の量が多くて多くて美容師にビビられているので、長生きをして髪が薄くなってきたとしても禿げるまでにはかなりの年数が必要となるだろう。でももし何かの理由で禿げたら。。。っと考えるとその時は丸坊主にしようとずっと思っていた。そしてイスラムの女性のようにお洒落にヒジャブをまとったら素敵になるわ~っと思っていた。ちょっとワクワクしたりもした。

が、本気で考えてみるとわざわざ丸坊主にするということは、まだ毛根が残っている部分からは髪の毛が生えてくるわけだ。無いなら無いですっきりするものを、生えてくる部分もあるからってそれを毎日剃るのか?っと思うと、頭頂の一部分の髪の毛がなくなったからと言って丸坊主にするってのは却って大変な手間がかかる事なのだろうと思うようになった。

ご年配の知人さんにも頭頂部だけウィッグをつけている方がいるが、しかしウィッグってのは所詮帽子みたいなもんで私の性格上ウザくなる事間違いなし!だろうし、そもそも想像するだけでウザいし、髪無いなら無いでそのままで別にいいじゃ~ん♪ ってなる。


となると、私もやはり気にせず、禿げてしまいましたが何か!?w って感じで無視してそのまま過ごすな~って思った。


ただ特に頭頂部の髪の毛がなくなるとすると、脳天にお空直撃で紫外線がもろにあたってお肌や健康にあまりよろしくない気もするし、随分昔に丸坊主にしていた人から聞いたのだが 「ちょっとぶつかっただけでも物凄く痛い、髪の毛があんなに保護しているとは知らなかった」 との事だったので、やはりそのままむき出しにはしないで帽子なりで保護する必要があるなぁと思った。やっぱり色とりどりの御洒落~なヒジャブだな♪

人間の体ってバグさえ起こらなければホント良く出来ていると感心する。まぁ最も【残酷な進化論】を読むとそうも言っていられないかw


・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*
【紀子さま 54歳の誕生日】
9/11(金) 0:00配信
==引用開始==
(略)長女の眞子さまについては、「対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています」としたうえで、「長女の気持ちをできる限り尊重したい」との考えを示されました。(略)
==引用終了==

眞子内親王がどなたとご結婚なされようとご自由だと存じますが、女性宮家なるもの無し!! でお願いします。それなら誰とでもいいと思いますよ~。けいたんでもいいと思うわ~。

↓もしよかったら押してね↓ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

タイトルに釣られましたが(悲)

 私も一応オジ様なので、そりゃ若い頃、髪の毛は多くて、太くてでしたが、・・・・。人生を重ねておれば、その数だけ、髪の毛の多さも、太さも、段々とまあ、そんな感じです。 その代わりに、お腹が段々畑になっていて、そんなことで嘆いても仕方ないなと。

 ただ、休日はできるだけ、体を動かして、若さや元気を何とか維持しております。こうして、ブログで書くことも、脳トレだと思って続けてます。性格的にプレッシャーやストレスなく過ごしていても、加齢には勝てないのかと。

 確かに、歳とともに、気力体力もなくなりつつありますが、こんなモンだといつも割り切って、毎日コンスタントにできないことを見るんじゃなくて、何かひとつできていることを見て、楽しんでおります。

 何かやせ我慢みたいですが、家内や娘に、「チビオヤジ」「頭頂部ヤバイで」とからかわれても、笑われても、自己卑下でなく、自己肯定してます。もっと、家族を笑わせたいと思えば、そんなこんだで、心身共に健全なんじゃないかなんてね。

 一般庶民の私が言うのもおこがましいですが、皇室の方々は、特別な待遇におられるので、プレッシャーやストレスは半端ないですよね。せめて、自由にできるお立場ならば、ご負担の少ないようにと思いますが、万世一系という守るべきものを守り、些細な部分は、できるだけご自由にしていただければと思うばかりです。




Re: タイトルに釣られましたが(悲)

ほぉ。。。ユウゾウ(こりんず)さんってそんな御歳だった~ん!?????

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments