愛しの可愛い狐さん


”義経千本桜” にも出てくる源九郎狐を祀った神社であることから歌舞伎役者ゆかりの神社とも言われ歌舞伎役者や日本舞踏家などの参詣で知られる日本三大稲荷の一つである ”源九郎神社”

源九郎神社2019年12月



御祭神は、穀物の神様である宇迦之御魂神と、頼朝に追われる義経と静御前を守った白狐さんである源九郎稲荷大明神。この源九郎神社の手水舎は、水道の蛇口がついていて使う時に自分で水を出すようになっていて面白い。

源九郎神社2019年12月


境内左手にはこのような茶屋らしき風情のセッティングがなされていてお洒落可愛い。直線上の参道の先に鎮座する狛犬ならぬ狛狐?さんが特徴的で何故かとっても気に入って惹きつけられマジマジと眺めていたら綺麗なお姉さんが来て教えてくれた。向かって左の狐さんは智慧の象徴である巻物を咥えていて、右の狐さんは富の象徴である宝珠を咥えている、と。

源九郎神社2019年12月

とても爽やかで清々しく、おまけに狐さんも可愛いし♪ 近くに来た時に何度でも詣でたくなる神社だ。

静御前の鼓がこの白狐さんのご両親の皮で作られていた事から両親を追って義経の家臣佐藤忠信に化け2人を守っていたという。両親を殺されてその皮で鼓を作った。。。それを持つ者を命を懸けて守るって。。。。凡人の私にはちょっと理解に苦しむなんとも健気で美しき御心だ。ご両親の皮が傷つけられないように守っていたのだろうか。。。

本殿で参拝をして左手を見るとこんな↓木彫りが!!

源九郎神社2019年12月


源九郎狐が村人を苦しめる大蛇を退治しその大蛇の尾から宝剣が見つかったとか、大阪夏の陣の戦いで郡山城と城下に火が回り和尚さんが源九郎狐に祈願したら突然の大雨で鎮火したとか、童話”手袋を買いに”物語さながらに人間に化けて帽子を買いに行った源九郎神社の狐さんのお話なども伝えられている。そういう不思議な事ってやっぱりあるんだろうなぁ目に見える物だけが全てじゃないよなぁっと楽しい温かい気持ちになった。いろんな不思議なエネルギー体と一緒に生きている♪

義経、静御前、佐藤忠信(源九郎狐)の水墨画があるんだと。

源九郎神社2019年12月


あの原寸大の猪の木彫りがとっても気に入った。電動木彫り機で作ったそうだが、すっごいわ~。

源九郎神社2019年12月


そして衝撃的な出会いがあった。気に入って買った狐のペンダント。こんな可愛くて素敵な物は出会ったことが無い!! アクセサリーとか余分な物を一切身につけない主義の私だが、この狐さんのペンダントだけは別。このままの状態だとイマイチなんだけどもつるすとめっちゃ可愛い!! でもその状態はひ・み・つ。こんな可愛い狐さんのペンダント、世の中にあったんだなぁ~。

源九郎神社2019年12月


今年は凄い!! 立て続けに 恐竜の可愛い置物と、しかも自分で買う事は絶対に有りえないアクセサリー類をこんな可愛くて気に入った狐さんのペンダントとの出会いがあった! こんな出会いってあるんですね~。しかも連続で!!

源九郎神社2019年12月


帰宅した夫に見せたら 「出会ってからそういうのつけて これどう? って聞かれたの初めてだ。」と非常に驚いていた。本当気に入った物って滅多に見つからないよな~。狐さんとの運命の出会いを経験し共に生きていく事に決めた日だった。こんな可愛い狐さんを首にさげているだけでワクワク楽しい幸せな気持ち。壊れちゃったり白いモフモフが汚れちゃったりして駄目になっちゃったらまたここで買うつもり。それまで同じのがあるか分からないから一生分の狐さんのアクセサリーを買い占めとこうかなと只今思案中。

 

スポンサーリンク

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

どうも最近、歌舞伎の文字を見ると歌舞伎揚
が頭から離れない。買ってくるかな

右のキツネさんを拉致してひと儲けできないかなあ。

No title

お好みにぴったりなものに出会えて良かったですね!
お気に入りのものって持ってたり、身につけたりするだけで幸せな気分になれそうです。(=^^=)

Re: こんにちわ

もうダメです。
オカパチクローバー さんは観念して歌舞伎揚を買ってください。


>右のキツネさんを拉致してひと儲けできないかなあ。

もうお金持ちのくせにぃ~~、更に金儲けですかい!? しかし、
うまくいきそうだったら一つかませてくれませんかね? 私もお金好きなんで(笑)
ヒッヒッヒッ!! 

あぁ~天罰あたりそう~~。。。今のなしで!今の取り消しで!

Re: No title

ありがとうございます。
usausaさんって天然の癒し系だわ~。
コメントで癒されたわ~。
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments