空と英霊


始発電車に乗ってきたのでモノレールに続く道もこのように誰~もいない。ちょいと違うけれども上に並ぶカラフルな旗のような数々が大好きな伊勢型紙を思わせる様な感じで感動して写真を撮ってしまった。

飛行機


ちょいと飛行機に。加速する時から安定するまでがいつもちょいと怖い。

飛行機

が、「脱出時の撮影は禁止です」のアナウンスにはウケた。

飛行機


約1年半ぶりの東京に着。


靖国神社遊就館201908

まずは靖国神社にご挨拶に。

靖国神社遊就館201908

あまり寄る事がなかった遊就館にも入ってみた。


靖国神社遊就館201908

詳細な説明書きと展示物の数々。砲弾を受け敗れた軍服やその人の遺品、写真、手紙、小物、武器などとても生々しかった。当時の新聞なども展示してあり様子が良く分かる。日本が次第に追い詰められていく様子が手に取るようにわかる。未だ子どもみたいな幼い顔の特攻隊員などもいて余計に胸が痛む。

特攻隊員の手紙は己がこれから死に行くのに自分の事ではなく親孝行出来ず先立つ事を親に申し訳ない、という事とか残される人への心配と励ましなんですよね。澄んだ心で覚悟を決めたこんな美しい心を持った勇敢な沢山の人たちが日本国を護る為に死んでいったんですね。「靖国に会いに来てください」との文言が胸に残る。

全員の顔写真が祀られていて忘れられていない、大切に祀られている、とそれが救いに思えた。もっとじっくりねっちり読んだり見たりしたかったのだが入館する時点でそんな時間もなく、全体的にぱっーっと流すように見ていくしかなかったのが非常に残念だった。


靖国神社遊就館201908

御一人様の欧米人男性旅行者が、施設職員に質問をし、その後、職員さんの説明を受けながらじっくり誰よりも時間をかけ真剣に見ていたのが印象的だった。きっとこういう人は、自国を護るために散っていった人たちをどこの国の人でも慰霊する心をもった人なのだろうと感じた。こういう国の人と仲良くしたいものだ。


靖国神社遊就館201908

こんな↑検定試験があることを知った。【戦史検定】 面白そうだなぁ。こういう試験とか有ると目標になって短期決戦でいろいろ覚えられていいですよね~。


靖国神社遊就館201908

英霊に合掌。

 

スポンサーリンク

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

靖國参拝

と遊就館の見学、お疲れ様&ありがとうございました。
遊就館を本気(?)でじっくり見学するには、たっぷり1日はかかるはず。
次回お越しの際には、是非時間を取ってお越しください。
子供達の就学旅行には、絶対に組み入れるべき場所ですょネ。

無謀

P-51マスタングの搭乗員で。
無差別攻撃を命じられたアメリカ兵士がおりました。
毎日のように出撃しては。
艦船や施設。
人を見つけては機銃掃射を致しまして。

「敵を撃つことに涙してしまった」と語っています。

カミカゼアタックは「撃墜された戦闘機が偶然敵艦に突撃して。」
「大損害を与えた」という報告を見て。
発案したと言われます。

太平洋戦争末期となると。
零戦が一方的に撃墜され。
アメリカ軍の戦闘機は1機失うまでに19機撃墜するなど。
搭乗員の錬度不足は深刻で。
性能不足が目立ち始めた零戦を翻弄。

B-29搭乗員で原子爆弾を落とした機体のアメリカ兵。
「炸裂したけれど、誰も喜んでいなかった。」と証言しております。

私としてはさっさと降伏して欲しかったですね。
昭和天皇は開戦前に。
「無謀な師(むぼうなたたかい)」と否定しているほど。
参謀長官に「絶対に勝てるか?」とお尋ねになり。
「絶対とは申し兼ねます。」と返されると。
「ああ、解った。(大声)」
システム的に時の政権が責任すべてを負う体制が構築されていました。
立憲君主なのです。

当時の人達は。
愚かな戦いを起こしたものです。
反省して欲しいと個人的に思う。

Re: 靖國参拝

いつも有難うございます。

そうですよね! 
子供たちの旅行や遠足に絶対に組み入れるべき場所ですね!!

Re: 無謀

国民がそれらを容認し後押ししたのも事実ですよね。。。
もっとうまい方法はなかったのか。。そこは考察すべきと思います。

戦争は本当に本当に最後の最後の手段。
一切の手出しを出来ないように頭脳プレーで平和を維持するのが理想ですね。

No title

この時期になると色々と思い悩みますよね
自分は仕事柄、高齢者と接するので
当時の話を聞かせてくれます。
話がね
リアルなんですよ。
庶民の話だから。
お偉いさんとか政治家の話なんて
全てきれいごとですよ。

数年間シベリアで捕虜として暮らしたおじいちゃんは
当時若かったから寒さに耐えれたが
周りの仲間たちは朝起きると一人ずつ
寒さと飢えで死んでいたそうです。
だから
今こうやってゆっくりお風呂にはいれることは
幸せなことだ、と笑いながら話してました。
だから、多少ぬるいくらいで怒ったりしないよ、って。
でも
そうやって生き延びた方々って共通して
みんな、生き延びて申し訳ないって思っているんですよ。
そこがね
やはり当時の洗脳というか
なんか、もどかしいですよね。
考えさせられます。

特攻もね
3830人が飛んで沈めた船は47隻だそうです。
一隻沈めるのに81人の命。
しかも、空母を沈めることはできず
ほとんどが護衛空母、駆逐艦だったそうです。

戦争を知らない世代のために
語り継がなくてはならないし
知らなくちゃいけない現実ですが
高齢者からしたら
思い出したくない現実なんですよね。


お部屋に伺うと真っ暗で生活しているおばあちゃんがいるのですが
本人は、電気代がもったいないから
とか、町が明るいから平気なのよといってますが
幼いころに
空襲の経験があって
電気を消さなきゃ殺されるって自分の親から教わるほど
生きるか死ぬかの瀬戸際で夜を過ごしていたんですって。
そんなの
寝た気しないし
今あり得ない話なんですよね

なんか
そういうの聞くと
つらくて、涙がでるんですよ




話がまとまらなくなってきたので
ここまでにしときますね
長文失礼しました


Re: No title

シマムーさんのお人柄なんでしょうね、一人胸にしまっていた事を話してしまうくらい信頼されているんですね。。。

重労働と栄養失調と極寒と病気が蔓延する中、
生き残れても、赤化教育、日本人仲間の密告批判会、つるし上げ、
シベリアの地で自分の身を守るため生き延びる為に共産主義に染まったフリをする。。。
素直に洗脳された人より余程多くの重い物事を一身に抱え苦しんでいると思います。

捕虜拉致、虐待、奴隷労働、死体遺棄なんとも非道いむごい限りの話ですよね。。。
こういう事も今、日本国が存在するから言える事なんだろう、と思います。
約束も守らず蹂躙し殺戮略奪暴行の限りを尽くし捕虜を使い捨ての駒として使うような国に侵略されていたら
今頃日本人は存在していたのかな?と思ってしまいます。
しかし、特攻隊も酷いですが、国土決戦教令とか集団自殺みたいにも思えるのですが、
戦地に行った兵士たちだけでなく国民一体だったという決意は痛いほど伝わってきます。

昨今あれだけ問題視されながら未だにPTAで苦しんでいる人がいる日本においては
洗脳、同調圧力の強さ根深さは相当なものなのだろうなぁ。。。
平和憲法掲げていれば何者からも攻められないなら理想なのですが。。。香港もめちゃめちゃになってますね。

傍若無人に攻めこみ支配してくる者に服従し生殺与奪権を与えるのか、
戦って己の尊厳を守るのか、国民が何を選ぶかですよね。

家の中に自分の尊厳を命を狙う大人がいて いつなにをされるか知れない虐待されている子どもは、
眠っている時に殺されるかもしれないと、死を覚悟して眠りにつく。。
現代の日本の中の家庭でもそんな家庭内戦場が虐待死によって時々露わになりますね。
子どもの場合、生殺与奪権既に奪われ服従しててもやられますからね。家の中ですら戦場を作る人間。

万物が、せめて同じ人間だけでもが、安心して平和に暮らす事は可能なのだろうか。。。

私も何だか話がまとまらなくなってきた気がするのでここまでにしときます。
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments