移植してみた


もうヤバッい商品に出会ってしまいましたわ。【わらびもち風こんにゃく~きな粉&黒みつ付】

わらびもち風こんにゃく レビュー

黒蜜ときな粉でめちゃ甘だけど めちゃ美味っ! 不思議に全然 こんにゃく っぽくない。
普通の美味しい ワラビ餅だわ~;・:\(*^▽^*)/:・;^   関越物産さん最高!!

この↓育てているサボテンちゃんですがねぇ。。。地面破壊をしてからというものどうやら横向きに倒れたまま頑張っていたりしていてなんとも可哀想でしてね・・・・・しかも狭いし何とかならんか・・・と思っていたら!! ひらめいたんですわ。

で、ヨーグルトとかプリンなんか買うとついてくる使い捨ての小さなプラスチックスプーン。それですくって救出成功しましたわ~。未だ数ミリと小さいが、とりあえず平らなプランターに発芽した7本のサボテンちゃん全員移植成功。大きく育つといいな~。

サボテン栽培201908

私は未だサボテンは観賞用植物と認識しているのだが、サボテンが世界の食糧危機を救う と読んだことが有る。南米ではウチワサボテンのウチワ部分のとげを削ぎ落としサラダやステーキにして食べている。粘り気と酸味が特徴で動脈硬化や糖尿病などに効果的らしい。また ウチワサボテンの実トゥナは、甘くて柿に似た味がするとか。。。日本でも春日井市では、サボテン入り麺やお菓子、サイダーなどが売られているし、市のキャラクターはサボテンだ。今ではアロエのドリンクやヨーグルトが当たり前になったようにその内、サボテンが日常の食卓に普通に並ぶ日がくるのかもしれない。

あっ、一応言っておくと、このサボテン達、食べる為に育てているのではないから!! ちなみに大型サボテンには5000リットルぐらいの水分がたっぷり含まれているらしい。となると、砂漠で遭難したらサボテンの樹液飲もう♪って思ってしまうが、中には猛毒を持つものがあるらしくちょっと皮膚にふれただけで重篤な障害をおったりしたケースもあるようなので注意が必要だ。

サワロサボテンに穴をあけ巣を作って住む 白と黒のコントラストの羽色で可愛らしいサバクシマセゲラちゃんという鳥もいる。まるで木にあけた巣だなー、ありゃぁヽ(*'0'*)ツ

サボテン栽培201908

ちなみに16世紀後半にアメリカ大陸を経てヨーロッパから日本に持ち込まれたサボテンは、当初、油汚れに効果を発揮し衣類や畳の洗剤として使われシャボンと呼ばれていたらしい。

えっー、今回ドヤ顔で披露してみたサボテンうんちく話は、数か月前に子どもが持ち帰ってきた小学生新聞みたいのに書かれていたものを記憶を頼りに書き記したものだ。小学生新聞、勉強になるわ~~(´ ▽`).。o♪♪

 

スポンサーリンク

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
特技・・・太ること
隙あらば直ぐデブ活を始める生物,故に体重監視実施中。
この生物の思った事、感じた事が全くの独断と偏見で綴られたブログです。よろしくです。

Latest journals
Monthly archive
スポンサーリンク
Latest comments
スポンサーリンク
Search form
Category
Display RSS link.