タイムトラベルスイーツ!昨年の宝物、ほうじ茶金平糖の謎


片づけの最中、奇跡の発見!「おや?」ってなった。あっ、前に貰ったアレだ。記憶の彼方からふわりと舞い戻ってきたけど、そのほうじ茶加工品がいったい何だったかは謎に包まれたまま。果たしてほうじ茶のなんだっただろう??

ほうじ茶金平糖


ほうじ茶金平糖


ほうじ茶フレーバーの金平糖だった。しかも、賞味期限は昔話のような去年の11月1日と、5か月もタイムトラベルしていた。

この小さなハート・・・って、桜の花びら模様かな?ピンク色のシールが可愛い♪


ほうじ茶金平糖



って、すげーーーー! 金平糖って、あの巨大なお鍋と、もはや武器にもなりそうな長い棒で作られるなんて!小学生の時の給食センター見学を思い出す。すっごい巨大なお鍋と超でかいお玉みたいので、お鍋に足かけておばさまが、まるで魔法使いのようにグルんぐるんかき混ぜていた。すっごっ!と思うと同時に、お鍋に足かけてんのかい!っと驚いたのを思い出す。この金平糖はお鍋に足をかけてないので安心だな♪

ほうじ茶金平糖

ほうじ茶金平糖

1569年、ポルトガルの宣教師が織田信長にこの砂糖の塊を献上したのが、日本に入って来た金平糖の始まりだそうですが、こんな砂糖の塊をーーーーー!体に絶対に悪いだろがーーーーー!

開封の儀を執り行うと、ほうじ茶特有の濃厚な色合いに目を奪われる。この歴史ある砂糖の塊を思い切って口に放り込んでみることに。

ほうじ茶金平糖

そして、驚愕!ほうじ茶の香ばしさと砂糖の甘さが絶妙に絡み合い、まるで極楽浄土にでも迷い込んだかのような至福の瞬間。織田信長もこの味には篭絡されたに違いない、と納得せざるを得ない。砂糖の力、侮れない。賞味期限が過ぎてこんなにも美味しいなんて、期限内だったらどれほどの美味しさなのでしょう!

↓♥️⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡(*ฅ́˘ฅ̀*)♡↓⭐♥️
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive