日本から世界へ!変態文化の奇妙な輸出物


BBCニュースでは、「Japan PM Kishida slams ruling party event with scantily-clad dancers」という見出しで、日本をピックアップ!なんと、政府与党が主催したイベントに、ほとんど着ているとは言えない衣装のダンサーたちが登場し、膝の上でチョコンと座ったり、なんと口移しでチップを受け取るパフォーマンスがあったことが報じられました。これぞ、世界が驚愕(?)する日本独自の「エンターテインメント文化」の極み!海を越えても伝わる、日本の“独創的”なおもてなし。日本の「変態文化」がまた一つ、世界にその名を轟かせました!

自民党パーティー



さあ、お待ちかねの「日本のちょっとアレな恋愛文化探訪」の時間がやってきました!今回の舞台は、なんと東京の大久保公園からスタート。ここでは、昔ながらの「恋のサービス」が今にも息づいているんです。でもご安心を、このお話は単に男性だけのものではありません。最近では、女性も「自分の好きなように愛を探求する権利」を盛り上げています。

そして、話は変わりますが、私がかつて訪れた奈良の遊郭跡、そこはまるで「恋愛監獄」。遊女たちが逃げ出さないように鉄格子!常に監視下!自由な恋なんて夢のまた夢。そこから帰ってきた後、しばらくの間は、感動と共感のあまり、涙が止まらなかったんです。

時代は変わり、今や「売春」は禁じられていますが、「援助交際」や「パパ活」という名の下、ちょっとしたアルバイト感覚で「恋愛経済学」を実践する人々が。この状況を目の当たりにすると、「昔の遊郭もそんなに悪くなかったのかも?」と思ってしまうんですよね。なんてことでしょう、歴史は繰り返す、でもちょっとだけスパイシーに!




さてさて、今日の「日本のちょっとした問題点」コーナーでは、「慰安婦」という、重い歴史的な話題にちょっとしたユーモラスな視点を加えてみましょう。日本の文化や習慣にちょっぴり(いや、かなり?)風変わりな要素があることは、国内外でよく知られています。なんと、この「独特の風景」が、過去の慰安婦問題に関する話題が尽きない一因かもしれませんね。

もしかしたら、過去への反省不足というよりは、「上から下まで変わらぬ日本の変態精神」が、この問題をいつまでも燻らせているのかもしれません。そして、この歴史的な問題を象徴する少女像が世界各地に建てられている現状は、「ああ、あの変態国家なら、そういうこともあるよね~」という国際社会のある種の共感(?)を呼んでいるわけです。





ある時代の話。バブル時代にタイムスリップしましょう。当時、日本人男性旅行者たちは、東南アジアの地でまるで大冒険の主人公のように、ちょっとはずかしいけど、世界が舞台の「特別なツアー」つまり、買春を楽しんでいました。このニュースは、あっという間に世界中に広まりました。

そして、日本女性たちも、海外での小さな冒険に勇敢に飛び込んでいました。彼女たちは、まるで世界をまたにかけるヒロインのように、ちょっとした出会いから即肉体関係に移行w 「日本の女は尻軽、ちょろい!」という評判を世界中に広げていました。

この話は、多くの日本人がいかにそういうことが好きであるか、今でも語り継がれる、ある時代の冒険譚。どこか懐かしく、そして恥さらしな物語です。





2000年代の始まりに、毎日新聞が「日本人、実は宇宙から来た変態民族?」みたいな記事を連発し、海外で日本人に対するちょっとアレなイメージをバラまいてしまいました。「ファストフードで女子高生が性的狂乱状態」、「弁護士が六本木のレストランで豚を獣姦し、その後食べた」、「息子の成績を上げるために息子と性的な関係を勉強前に持つ母親がいる」などなど。その結果、日本の文化や社会について「え、マジで?」という誤解と偏見が増えちゃいました。

この報道劇場を見ていると、「慰安婦」問題など、本当に大切な歴史のページが、なぜかマンガのワンシーンみたいに扱われがちに。性に開放的というラベル一つで、「ああ、日本人ね、やっぱりね」という目で見られることも。まるで日本が世界の奇人変人コンテストに出場しているみたい。

でも考えてみてください、自国のメディアが「みんな、見て!うちの国ってこんなにユニーク(?)だよ!」と世界にアピールするのも、一種のユニークな才能かもしれませんよね。この一連の「おや?」と思わせる報道のおかげで、日本の隠れた(?)魅力が国際的に知られるようになったのかもしれません。んん?




最近、友達と話しているうちに、なんともユーモラスな発見をしました。なんと、日本語が国境を越えて、グローバルに通用する時代になったんです。でも、ちょっと待ってください。ここで言う「グローバル」とは、「サムライ」や「カミカゼ」みたいなカッコイイ単語だけじゃないんです。なんと、「Hentai」や「Bukkake」、そして「Yamete Kudasai(やめてください)」までが、特にアダルト業界で、まるでお寿司や抹茶ラテのように国際的な人気を博しているんですよ。

とりわけ「Bukkake」は、世界中のアダルトビデオファンにとっての共通言語になっているみたい。しかし、この言葉をGoogleで中国語に変えると、「顔射」と出てくるんですから、食事中にはお勧めできませんね。

翻訳

翻訳

でも心配ない、食文化の方では、「丸亀製麺」(コロたん騒動以降中国にある店舗を全店閉鎖)のような企業が文化的な微妙な違いに配慮してくれています。中国では「濃湯烏冬」、台湾では「濃湯烏龍麺」に、香港では「醤油烏冬」と、まるで料理のレシピのように地域ごとに名前を変えて提供しているんですよ。これぞ、言葉の「味わい深さ」と言えるでしょう。

日本語がこんなにも国際的に愛され、時にはちょっとした文化的な誤解を生み出しつつも、世界中で楽しまれていることを知ると、なんだか誇らしく感じますね。ただし、次に「Bukkake」をメニューで見かけたら、その意味を二度考えるかもしれませんね。

ぶっかけうどん



ある日、世界はふと気づいたんです。「Yamete Kudasai」、この真面目なフレーズが、なんとネット上でちょっぴりいたずらな使われ方をしていることに!本来「やめてください」という、止めてほしい時に使う真っ当な表現なのに、画像検索すると、えっちな画像がわんさか出てくるなんて、言葉もビックリですよね。

Yamete Kudasai


そして面白いことに、「Yamete Kudasai」と打ち込むと、「これって何の合図?」「やめてって言ってるけど、本当はOKってこと?」なんて意味を真剣に調べる人たちがいることがわかります。このフレーズが、国際的な「ちょっと待った!」信号から、「こっちの世界へようこそ」というウィンクに変わってしまうなんて、言葉の世界も広いものです。

Yamete Kudasai

これが日本が世界に誤解される一因となっているなんて、思わず笑ってしまいますよね。「変態国家」というレッテルを貼られがちな日本ですが、実はこれも一種の国際交流?まさかの文化的誤解が、意外と人々を引き寄せ、興味を持たせているのかもしれません。

とはいえ、このようなユニークな誤解も、世界に日本の多様な文化を紹介するきっかけになるかもしれませんね。ただ、日本の政治家が「Yamete Kudasai」の正しい使い方を教える日が来るかもしれないと思うと、それはそれで面白い未来が待っていそうです。



なんと、最近のアメリカ行きがちょっとしたアドベンチャーになってるって聞きました?ええ、特に若い日本人女性にとっては「アメリカン・ドリーム」が「アメリカン・チェックポイント」に変わっちゃってるみたい。なぜかって?どうやら、海外でちょっとした「お仕事」水商売に従事することを目的とした不法就労する人たちが増えたから、アメリカさんが「待てよ、ちょっと見せてごらん」モード全開になってるんだそうですよ・・。特定の業種での就労を意図していると見られる若い女性に対して、特に厳しい検査が行われる傾向にあると言われています。これはもう、アメリカ行きのフライト前には、英語での「ただ観光です」という説明練習が必須かもしれませんね。




日本の性文化、それはまるで「隠れミッキー」探しのように、古くからいろんなところにひょっこりと顔を出しています。春画なんて、もはや古代のエロティックなコミックブック。そして、「江戸四十八手」?実はその数、ポケモンの技の数並みにあるって噂ですよ。性に関する好奇心は、まるで宇宙探索に匹敵するほどの探究心を日本人は持っていたんですね。

この色とりどりの性文化の背景を眺めていると、世界がちょっとした eyebrow raise(眉を上げること)をしている理由も、「あー、なるほどね」と納得がいくような気がします。特に、海外で「慰安婦像」が建てられ、そのたびに言及される現象については、「またか」と思う反面、「あの独特な歴史からすれば・・・」と、ちょっぴり理解も深まります。

というわけで、日本の変わった性のアプローチが、国際的な「あ、変態ね」というラベルを生んでしまうこともあるのかもしれませんが、それもまた、長い歴史の中の一ページ。ひょっとすると、日本は変態の国としてだけじゃなく、「変態文化研究家の国」として、新たな地位を確立しているのかもしれませんね。歴史に残る変態たち、彼らの研究はまだまだ続きます!



あーなんかもう嫌だ(失笑)

↓♥️⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡(*ฅ́˘ฅ̀*)♡↓⭐♥️
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive