【4】移民政策と社会の未来ー『西洋の自死』を読み解くー


ブラジル人が多く住むことで知られている群馬県大泉町は、外国人が町の人口の約20%を占めるという特異な状況で知られています。最近の報告によると、地域社会からの強い反対意見(約95%)にも関わらず、町は外国人を公務員として正式に採用する方針を進めているようです。この動きは、一部からは外国人による町の政治的な「乗っ取り」への道を開くのではないかと懸念されています。

さらに、群馬県のある小学校では、イスラム教徒の生徒に対し、音楽や美術の授業を免除するなど、特別な配慮がなされています。宗教行事への参加やラマダン(断食)期間中の体育授業免除など、彼らの文化的・宗教的背景に配慮した措置が取られていることが明らかにされています。

これに対し、私の経験からすると、日本に住む中国人や朝鮮人の同級生たちは、日本の教育システムに完全に準拠し、私たち日本人と同様の教育を受けてきました。独自の文化や言語教育を望む場合、中国人学校や朝鮮人学校に通う選択をしていました。このような背景から、イスラム教の人たちのコミュニティが同様のアプローチを取らず、既存の学校システムに自らのルールを適用させようとする現状は、疑問を呈するものです。

この状況は、中国人や朝鮮人のコミュニティがどれほど日本の社会や教育システムに対して敬意を払ってきたかを、深く認識させられました。また、日本人も海外に住む際にも日本の教育を受けさせたい場合は、日本人学校に通いますね。



また、イスラム教徒の男性は、「土葬のみが許され、火葬は禁じられている。」と主張しています。この厳格な規定は、彼らの文化的な教典に記され、預言者によっても伝えられているとのことです。そのため、日本国内での土葬を強く求めているのです。この情報からは、イスラム教徒が自らの宗教的慣習を深く尊重し、それを維持しようとする姿勢が伺えます。

イスラム教徒が直面している土葬の要望と、利用可能な土地の不足という現実との間で、顕著な課題が生じています。可能な解決策として、宗教的規定の柔軟な解釈、代替の埋葬方法の探求、または欧州に住むイスラム教徒と同じように、遺体を祖国に送り埋葬するなどの方法があります。




クルド人間の争いが原因で、川口市のある病院周辺が占拠され、約5時間半にわたり救急車の進入が妨げられるという事件が発生しました。

これまでにも、ヤクザや暴力団、中国系犯罪組織、その他の反社会的勢力は日本国内で活動してきました。しかし、これらの組織はある種のルールを守っていました。一般市民や医療施設への被害を避ける、という未書面の規範がそれです。裏社会専用の医療施設では、そういう戦いがもしかしたらあったのかもしれませんが、一般の病院に対しては手を出さないという線引きが存在しました。

この状況を踏まえると、かつての反社会的勢力がいかに規範を守っていたかを思い起こさせます。この比較をすることで、ヘイトスピーチと受け取られるかもしれませんが、社会的規範を守ることの重要性を再認識させるものです。



西洋の自死』は、移民政策に対する推進派の主張に深く切り込む洞察力を持った作品です。著者は、多くの人々が受け入れがちな移民に関する一般的な見解―経済への貢献、高齢化社会への解決策、そして文化的多様性の向上―に対して、細部にわたり論理的に反論します。これらの反論は、ただ反対するためではなく、広く流布する認識の背後にある複雑さと誤解を明らかにしようとするものです。著者は、一見利益に見えるこれらの主張が、実際にはどのように国々にとって短視眼的かつ表面的な解決策に過ぎないのかを、明快かつ説得力ある論理で展開します。読者は、移民政策に関する既成概念に挑戦し、その複雑性を理解することの重要性を深く実感させられます。



私、思うんですよね。時として、私たちは逃避が唯一の選択肢であるかのように感じる瞬間に直面します。そんな時、どれだけ努力しても、どんなに逃れようとしても、出口が見つからない絶望的な状況に追い込まれがちです。しかしそのような時、人間は不思議なほどの決意を固める力を内に秘めていることに気づかされます。逃げ場がないという厳しい現実を受け入れることで、私たちは逆に強い覚悟を持って立ち向かう勇気を見出すのです。まさに、背水の陣で迎える心の落ち着きや、絶望を超えた強い意志は、人生の中で清らかな水面のように静かで、しかし動じない覚悟へと導かれる瞬間です。この種の経験は、予期せぬ形で人生の大転換をもたらし、私自身もそのような局面を何度か経験し、それが後に予想もしなかった良い結果をもたらしたことがあります。この事実は、逆境の中にこそ成長と変化の種が潜んでいることを教えてくれます。




私たちはしばしば、他人が困難に直面しているときに、同情心から保護の手を差し伸べようとします。しかし、このような行動が常に彼らにとって最善であるわけではないことを理解することが重要です。実際、私たちのよく意味する支援が、その人々にとって重要な学びや成長の機会を奪ってしまうことがあります。逆境に直面することが、人を強くし、将来への一歩を踏み出す強力な動機を提供する場合もあるのです。

この観点から、私たちは苦境に立たされた人々に対して、「可哀想」という感情に流されず、彼らが自らの力で困難を乗り越えることができるよう支援する方法を模索すべきです。それは、彼らが自己の可能性を最大限に発揮し、人生を豊かにするために必要なスキルや自信を育むことを意味します。このアプローチは、短期的な救済を超えて、長期的な自立と成長を促進することにつながります。したがって、私たちの支援は、単なる一時的な救い手ではなく、その人たちが自身の人生を豊かにする力を内から引き出すきっかけを提供するものであるべきです。


自国に留まり、その困難を乗り越えることが、人々とその国の成長にとってどれほど重要かは計り知れません。その過程で培われる経験、知識、そして強靭な精神は、国を内側から強化し、結果として国際社会での彼らの役割をも高めることになります。特に日本のような国との関係においては、相互の理解と協力によって、互いにとって有益な関係を築く基盤がさらに強化される可能性があります。

しかし、安易な受け入れによって、これらの成長の機会が失われたことは、非常に残念なことです。それにより、彼ら自身とその国の潜在的な発展が阻害され、また日本との間で、より深い協力関係と相互の発展を促す貴重なチャンスが逸されたと考えられます。本来ならば、共に成長し、豊かな関係を築くことができたはずのこの機会が、短絡的な決定によって失われたことは、深く反省すべき点です。

⭐↓❀ ❁*✲゚♡クリックしてね* ✿.。.:*♥️(*ฅ́˘ฅ̀*)♥️↓⭐
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive