東京新聞2024年1月14日 06時00分配信の記事についての考察


この記事は、33歳のガーナ人男性が日本で生活保護を求める裁判を起こしている事例に焦点を当てています。彼は慢性腎不全に苦しみ、就労が禁止されています。彼の主張「私は人間です。ロボットではありません。働けなくなったら、人間も捨てられるのでしょうか。生活保護を認めてください」という言葉は、人間としての尊厳を守るための基本的な権利の訴えであります。

彼は支援団体から住居や光熱費のサポートを受けており、また以下のサービスも受けています。

・住民票の取得
・国民健康保険の加入
・障害等級1級の認定による医療費の免除
彼の1日あたりの食費が500円であることは、一見、制約があるように思えますが、1か月換算すると15,000円になります。この金額は、一人暮らしの食費としては最低限の生活を維持するのに十分かもしれません。


ガーナにも生活保護制度が存在するものの、彼が必要とする透析治療はそこでは受けられないという事実は、彼の日本での保護を求める主張を強化しています。しかし、この事例を通して、私たちは生活保護制度の持続可能性と公正性について考える必要があります。




経済的な観点から、日本のような先進国における社会保障の財政的持続可能性は、重要な問題です。税金を使った社会保障制度には限界があり、公的資源の配分は国民の間で不満を生じさせることがあります。


たとえば、ドイツでは2015年に約200万人の中東難民が入国し、生活保護を受けています。しかし、この大量の難民受け入れは、ドイツ国民の間で不満を引き起こし、社会保障制度に対する圧力を高めました。

妻4人と子ども22人を連れシリア難民がドイツへ入り、年間4097万円の生活保護をゲット! その難民たちは「ドイツに帰化できれば嬉しい」とまで言い出すようになりました。




この記事を読むと、私たちは以下のような問いを立てざるを得ません。生活保護制度は、国の市民だけでなく、その国に住むすべての人々に対して、どの程度の責任を負うべきなのでしょうか?また、社会保障の範囲と公正性、そして持続可能性のバランスはどのように取るべきなのでしょうか?

これらの問題は、簡単な解答を持たない複雑なものです。私たちの社会が、異なる背景を持つ個人に対してどのように応じるべきか、そして社会保障制度がどのように進化し、適応していくべきかについて、深く考える必要があります。





日本のケースに戻ると、外国人に対する生活保護の提供が、将来的にどのような結果をもたらすかは、慎重に考慮されるべきです。もし生活保護を認めると、今後それが一般的な慣行となるかもしれません。しかし、日本の現状を考えると、国の財政に余裕がないことは明らかです。外国から来る人々によって増大する経済的負担は、日本の税金制度に更なる圧力を加えるでしょう。



昨年12月、フランスでは新たな移民法案が上下両院で賛成多数により可決されました。
・不法移民に滞在許可を与えるための条件を厳しくする
・外国人労働者が家族手当などの社会保障を受ける条件も厳格化
・出生地主義を見直しフランス国籍取得に制限を設ける
・合法的な移民が母国の家族を呼び寄せる際には収入や健康保険の加入の証明が必要
・外国人留学生には仏当局への保証金の支払いを求める

などです。外国ではすでに失敗となっている移民政策を必死になって推し進めようとしているのが今の日本国です。

↓⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡↓⭐
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive