”条件付きの愛はダメ、無条件に存在自体を祝福し愛する事” 

こんなような感じの言葉を耳目にすることが多々ある。特に子育てにおいて、条件付きの愛はダメ、とは定番ともいえるほどだ。



だが、どうだろうか?? まるで無条件に愛され何しても許されてしまう存在は猫くらいのものだろうと感じる。猫は頭も良くそれにもともと綺麗好きな事もありトイレなどは教えれば即覚える。「ここでしてね~」 とか猫撫で声で教えれば一発でマスターする。

そして、猫は文字通り何もしなくてよくゴロゴロしたり、遊んだり、お腹いっぱい食べて、好きな時に甘えてウザくなると飼い主をないがしろにし好き勝手に自由気ままに生きているのにも関わらず、可愛い可愛いと愛でられるのは猫ちゃんの特権であり、それだからこそ 猫かわいがり なんていう言葉が生まれたりしているくらいだ。



一方、同じ愛玩動物として知られる犬さんは、犬かわいがり なんていう言葉が無いのを見てもわかる通り、しつけを叩き込まれる。犬は主従関係の序列で生きていることもあり、飼い主をリーダーと認識させないと犬さんが頑張ることになりストレスがかかる。そして賢い事もあり、お座り、お手、待て、伏せ、取ってこい、ハウス 等などの基本的なしつけを普通は叩き込む。愛されていると言っても、ちゃんと言う事や序列を守らないといけないのが犬さんだ。


人間の子どもも幼少期から始まる基本的な躾や社会のルールを教えられる事から始まり、勉強や運動やらなどなど学校に通ったりして叩き込まれる。中には理不尽な事もあるだろう。

そう考えると、やはり、無条件に愛されているのは、猫くらいのものなのだ。皆、猫には何も求めないし期待しない。存在している、ただそれだけで良いと感じる。だけでなく、可愛いと萌え萌えになり人間は知らずに猫様の奴隷になっているというオチ。これこそが無条件に愛されているという事である。



もし、人間が無条件に愛される存在なのだとしたら、なにもせずゴロゴロしてても可愛い可愛いと愛でられるはずなのだ。


しかしどうだろうか? 先日8日のNHK WEBの記事によると、ひきこもり初の大規模調査を実施したところ、区民の76人に1人がひきこもりだったという。15歳以上で調査した結果、40代が17,1%と最多で、50代、30代、20代、10代と順に続いていく。そして女性の方が男性よりも引きこもりが多かった。


このように 引きこもり調査 などをされたり、引きこもり を問題視されること自体が、猫では考えられない事なのである。人間は猫と違ってデカいし、食べる量も半端ないし、外見も年を取るにつれ劣化するし、お風呂に入らなければ臭いも発するし、時には憎たらしい事を言ったりもする。要するに可愛くないのだ。そしてやはり、最低限、自立して自力で生きれるようになってほしい等と思ってしまうものだろう。猫だったらそんな事すら思われないのに(笑)



そして、そのNHKの記事によると、ひきこもり当事者が求めているもの として調査をしているのだが、32%もの人が、”何も必要ない、今のままで良い” と回答している。まぁなんとなく気持ちはわかる。安心で守られた子宮の中にいて嫌な事が何もなく静かに平和にヌクヌクして暮らしているというのは確かに良いものだろうと思う。まるでアダムとイヴが追い出された楽園にいるような感じだろうか。このままでいい、ずっ~とこのまま何事もなく平和に暮らしていたい、と思うのももっともな事だと思う。


しかし、76人に1人が引きこもりって、凄い数字だ。親や社会に食べさせてもらっているという事ですよねぇ。それが親のなけなしの年金だったとしても何もしないでも生きていけるのだから日本って良い国だなぁと思う。外国人が来て「外国人差別やめろ~! 難民差別やめろ~!」 だとか変てこな主張をして日本の引きこもりさん方のように生きたい♪と思うのも当然だろうと思ってしまったりもする。


あと、驚いたのが、短時間(15分から)でも働ける職場とか就労に向けた準備、アルバイトや働き場所の紹介、などを求めている引きこもりさんもおられた。15分から働けるっていうのはなかなか難しいような気もするが、しかし、やはり外に出れば一部底意地の悪い人とか周囲を引っ掻き回して滅茶苦茶にするのを趣味としているような人も必ずいたりするので、そういう人に出会っちゃってまた傷ついて引きこもってしまう、というのが心配だったりもする。



今は、発達障害だとかコミュ障だとかがやけに増えたような気もするが、昔は畑仕事だとか、牛の面倒を見る仕事だとか、干し草を運ぶ仕事だとかいろいろな仕事があった。人とは最低限の接触で済みモクモクと働ける人づきあいが苦手な人向きの仕事が沢山あった。今は、本来はそういうところで輝ける人たちが、営業だとかなんだとかの仕事をさせられたりしてそれはまさに生き地獄と思えてもしゃーないだろうよなぁ。

食糧危機が叫ばれ、食糧難が到来する! と言われている中、日本は食料自給率も低く、おまけに農家の後継ぎがいないだとかで絶望的状況。今は未だスーパーにいろいろな食材が並び表立ってはいないが、実は日本は、生存の危機にたたされているのである。


そこで、思うのだが、引きこもりの人たちは、農業いいと思うんですよね~。よく聞くのが、うつ病だとか心が疲れている人なども土に触れると良い! というのがありますよね~。問題を抱えた子どもに泥遊びをさせると良いとかもありますし、土との接触を侮ってはいけない。知人の父親が仕事を定年退職してから家でボッーとし認知症症状が出ていたそうなんですが、慌てて近くで農場かりて家庭菜園始めるから毎日来て~! と老父母を毎日土にさわらせるようにしたら途端に生き生きして活動的になった、という話なども聞いていますしねぇ。


農業でしたら、人との接触も最低限に済ますことも出来ますよねぇ。でも、本格的にやると農協との付き合いだとかウッゼェ事が出てきそうですし、本当の食糧難になったらなんとかして食糧を得ようとする人々によって農家は襲われる可能性もある。現に打ちこわしだとかなんだとか歴史をながめてあったようですしねぇ。って、事で、こっそりとバレない様に庭で家庭菜園をして家族の食料を育てるのだったら全然いいと思うんですよね~。プランターで育てられる野菜や雑穀もたくさんあるのでマンションだったりしても出来ますし、まずはプランター栽培で野菜や雑穀を育ててみるといいかな~って思いますね~。ご家族も喜ぶと思いますね~。


ただねぇ、引きこもりさんって、学歴が高くプライドが高い、という方も結構多いようですし、親御さんが「農業なんてとんでもない!」 と第一次産業を数段低く見てバカにしている人もいたりするので始末が悪い。食べ物なきゃ生きていけないのにねぇ(笑)



幾ら綺麗ごとの美辞麗句を並べたとて、人間は所詮、猫のようにただ存在するだけで愛されるのは不可能だ。どうあがいても無理だ。って、事でまずは、プランターで野菜と雑穀を育ててみるのを引きこもりさんにおススメする。食糧難となったら家族の救世主にもなれるだろう。

↓クリックしてね(^^♪↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ主様書込みお許し下さい。
日本が侵攻されぬ為どうか皆様に知って頂きたい、中韓へ忠誠を表明した野党が阻止する改憲の必要性とその日本献上策を、危機感を持ち知って頂きたく誠に恐縮ですが書込ませて頂きました。

報道するテレビが無い中、尖閣奪取を狙う、中国の日本領海侵犯が激しさを増す現状は、かつて9条の様に非武装中立で平和的であったチベット等を現在も中国が武力で侵略虐殺を行う惨状を連想させ、

韓国が日本の竹島を不法占拠した際、多くの船員が機関銃で襲撃され死傷し、北朝鮮には国民を拉致され、
尖閣には中国が侵犯する現状でも、9条により日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

中朝ロの数千発の核ミサイル標準は常時日本に向けられており、尖閣、台湾周辺の動きも激化する中、9条を改正し自立した戦力を持たなければ、
有事に敵地攻撃力を持たぬ現状防衛力では日本人の命と領土は守れません。

中韓による侵略は、野党が法制化を目指す外国人参政権や(民主党政権の超円高誘導は日本経済を破綻危機に追い込みました)

又「朝鮮の役に立ちたい」と表明した維新による、国の権限を弱め、地方独立から国家分断を図る道州制等、多様性と言う名の文化破壊活動からも始まっており、

外国人参政権は米国始め世界的に認める国は少なく、これを与えた事でハワイは米国に、ウクライナクリミア半島もロシアに乗っ取られた過去があります。

又背乗りやスパイ等の犯罪発見の役割も果たしている戸籍廃止に繋がる夫婦別姓や、日本人のみを処罰対象とした、特定国への反論を封じるヘイトスピーチ条例等、

先進国で唯一スパイ防止法が無い日本で、
中韓に軸足を置き、友好を刷り込む野党やメディアが、制度の危険性を隠し国民を誘導する現状からも、既に浸透工作は最終段階である事、
日本でウクライナの悲劇を生まない為に投票の大切さと、一人でも多くの方に目覚めて頂きたいと切に思っております。
長文、大変申し訳ありません。

Re: タイトルなし

ご丁寧にどうもありがとうございます。とても参考になります。
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive