夢のETさん♪


先日10月17日の美しい言葉記事で、リマ・ライボウ医師との対談動画


***
私たちは世界人口の90%を抹殺すると言う野蛮な事について話していますが、今私に言われたことは、ビルダーバーグは頂点ではなく、誰か更に上にいるという事ですか?

この女性に聞いたところによれば7人で構成された評議会があって彼らが長期的な決め事をしている。何を起こしてみたいか、どこの国を上昇させ、どこの国を下降させるのか、どこの経済を繁栄させるのかを。そしてとても重要な事が、これらの人々はどの宗教にも、どこの国家にも、どの政党にも所属していないことです。彼らは彼ら自身のルールに従って行動しているのです。
***


とインタビュー内容をご紹介しました。各国の政府はもはやお飾りでしかなく、アメリカ政府すら玩具にする闇の政府とは一体何なのか。世にも話題になっている陰謀渦巻く悪の権家のようなビルダーバーグという組織がこの世の頂点に君臨する人たちではない、となると果たして更に上位におわす方々とは一体何者なのか。誰なのか。知りたくなりませんかぁ~??



じゃーーーーん!!



非認可の世界 世界最大の秘密の暴露

フリーエネルギー


陰謀論的な本かなぁって思っていたのですが、この本は陰謀論ではないみたいですねぇ。宇宙飛行士や国際偵察局作戦隊員とか空軍特別捜査局特別捜査官とか連邦議員さんとかあらゆる職業の名だたる地位の方々の証言や、FBIのメモだとか各国政府の公式文書だとか、空軍からのUFOの墜落報告書・写真などなどで構成されている本です。命がけで証拠取りして命を捨てる覚悟で証言しているのでしょうがねぇ・・・。


宇宙人さんってのは、テレパシーで意思疎通を図るんですねぇ。あと、地球には異星人たちが、そうですねぇコロンブスがアメリカを発見するよりもずっと前に建設した地下基地があったりですねぇ、火星の人面岩や月面着陸の時の真実の話なども載っていて読み応え有♪


んな、アホな! 等と思われる方にもこの本は御勧め。UFO好き、宇宙人好き な方にはたまらんでしょうなぁ♪




で、ですねぇ、陰謀論の王者と認識されていたメイソン、ビルダーバーグ、三極委員会、外交問題評議会は実はザコ。ププププ って言ってもそこの組織にも入れてもらえない私なぞはもっとザコですが(^^; お金だけが唯一の象徴であり権力者である世界を支配する影の政府は、”独自の空軍、独自の海軍、独自の資金調達機構、独自の国益を追求する能力を持ち、あらゆる抑制と均衡の束縛を受けず、法そのものからも自由” なんだそうですわ。


”世界のいかなる政府や特定の指導者よりも権力を持っています。” そして、犯罪結社で第一級の陰謀団であるこの組織は、暗殺、殺人、誘拐、テクノロジーの窃盗などを含む犯罪を犯してきたんですね~。報道を操ったり、邪魔者や暴露しそうな危険人物の命を奪ったりも息をするようにしてますねぇ。




GESARA(ゲサラ=地球経済安全保障改革法) って言葉、聞いたことありますよね~? 世界全体の金融リセット、現在の詐欺的金融システムを終了させて、新しいシステムに移行させる ということなんですが、それに伴い上記の影の政府がひた隠しにしているあらゆる技術の開示を行い、地球に公害を起こさない無料のエネルギーを誰もが使えるユートピアが到来するという夢のような話です。


その中でも、”ゼロポイント・エネルギーは、飢餓、貧困、公害、気候変動を無くし、交通、医療、旅行、娯楽、そして世界経済を飛躍的に増大させる学問に大きな進化をもたらします。” と説明されています。また反重力のパワーを活用し、”周囲の電磁気および、いわゆるゼロポイント・エネルギーにアクセスし、汚染物質を出さずに膨大なエネルギーを生成します。私たちの周りにある時空から膨大な量のエネルギーを生成することができます。” それは、どこの場所でも必要なエネルギーを生成することが出来、騒音公害はなくなるし、公共事業も発電所も必要なくなる。”この新しいシステムは、地球の既存のエネルギー生成および推進システムにとって代わることができます。これらがあれば、地球にあるすべての地政学的および経済秩序が変るのです。” 




地球に害を及ぼさない無料のエネルギー源を否定し開示を拒んでいるのは一体誰~だ? ニコラ・テスラをはじめ、真のオーバーユニティ装置の製造方法を考え出したすべての科学者をぶっ潰し研究停止させたり、買収したり、殺したりしてきた影の政府の連中なんですとー。


ただこの秘密グループに属している人のうち約3分の2は、今現在彼らが極秘にしているそのテクノロジーを世に公表したいと望んでいるのですが、主導権を握っている強硬派である少数派によって、情報開示は却下されてしまいました。


まっ、だから人口削減のほうが採用されたって事なんですかいねーーーーー。まぁ着々とその計画は順調に進行中ですよねぇ。




で、ですねぇ、なんでも ”この高度なETテクノロジーが今日発表されたとしても、それを活かして経済、戦略、地政学、および環境の面において大惨事になることを回避するようになるには、あと10~20年はかかるだろう” って事なんですよねぇ。


情報開示されてもあと10年~20年は地球環境は厳しいままって事なんで、一刻の猶予もない感じ。だから、人口減らすのに本気出すぞ~(^^♪ みたいなぁ。順調に減ってきてますものね~。あとの残りは、トランスヒューマンにしちゃってSDGs実現するための奴隷にしちゃおうっと、みたいなぁ。クククク





また、彼らはETに対して、地球外生命体の宇宙船を追跡したり、照準を当て破壊したりしているそうなんですね~。”私たちは完全に制御できない、地球全体を危険にさらす、世界的な外交および社会的な危機に直面しています。”  との事で、著者はこれらの行為にこのようにこの本で、警鐘をならしていますねぇ。




さらに、”無許可で違憲のプロジェクトに長年難兆ドルもの大金が費やされてきた。ETの飛行物体から派生技術を開発し、それを元に特許を取得し収益性の高いテクノロジーに使っている、それは納税者自身の税金を投入した研究のお陰なのです。納税者が支払ったものなので、本来それらのテクノロジーは公有財産でなくてはならない。” 

との事。影の政府が税金をうまいこと使って己だけの利益にしている上、宇宙人を虐めたりしている、みたいな感じなんですねぇ。


まっ、そのテクノロジーも墜落したUFOからヒントを得て作ったりしているものなので、断然宇宙人の方が更に技術発展していると思うんですよねぇ、なので、戦ったら地球がちょろく負けるような気がしますが、宇宙人はコロンブスがアメリカを発見する前から地球に来ていて観察したりしていたそうなんで好戦的でない宇宙人さんもおられるということですね~。


本にはこれが付いていた。何か知らんがラッキー! ETとコンタクトとれるかも(^^♪アハッ!
フリーエネルギー

フリーエネルギー


で、著者さんが仰るに、”大衆の意志だけがベルリンの壁を崩壊させることができたように、大衆の意志だけが私たちを前進させることができます。” との事で、大衆の力を結集させ情報開示につなげよう! との事。


でもまぁ確かに、不思議だなぁって思うんですよねぇ。体育館くらいの広さの所に敷き詰めた18,000本の真空管と900Kmの配線材を使った世界初のENIAC(Electronic Numerical Integrator and Computer) は、弾道弾などの軌道計算などを行うために戦時中に考案され作られた世界初のパソコンですが、メモリーもないし、記録も点字みたいな紙を読み込ませて動くようなもので、今の一般人が持っているパソコンのように何でもできるような物ではなかったんですよねぇ。


それが、戦後に半導体ができ、今ではスマホとかにまで発展しその技術進歩には異様に感じるほどの超スピードを感じざるを得ない。今のicチップには、確か、トランジスタが2個~1,000個未満入っていますよねぇ。ENIACが作られた1940年代の真空管1万本がトランジスタ1個分に相当する能力なのですから、全くその技術進歩は驚異的過ぎる。2010年時点のパソコンで既に11億7千万個のトランジスタが入ってる。これは普通に人間だけの力で出来たのか??? それともほんの少~しだけ情報開示された結果なのか??? まぁニコラ・テスラなどの天才をぶっ潰したりしてきた組織なので、その方々がOKって思ったから今のパソコンがあるんでしょうけれどねー。




”機密が解除され平均的に活用されると、欠乏、貧困、および環境へ影響を及ぼすことなく、新しい人間文明に力を与えます。”



そしてそれらの技術開示の為に、”企業および政界にいる多くの人は、自分自身にとって個人的にとてつもなく危険な可能性があること、それに結び付けられることでキャリアを台無しにすることはやりません。そういう訳で、私は市民がそれをやらなくてはいけないと結論づけたのです。私たち、市民が、それをやらなくてはいけません。”


と結論ずけ、大衆の結集を呼び掛けています。で、CE-5グループに参加し近くのチームに連絡をとることや、情報やイベントが発表される無料ニュースレターへの登録などなどを呼び掛けています。そして寄付の呼びかけがあり、 ”1人10ドルの寄付をすれば研究所へ資金を提供し地球を救うフリーエネルギーを世界をもたらすのに十分な金額が賄えます。” とされています。


資金が少なければ少ないほどリスクが高くなり、失敗の可能性が高まる、と説明されています。




まぁお金が必要なのはわかりますよねぇ。ただちょっと疑問に思うんですよねぇ。目覚めさせたいのか儲けたいのかどっちなの? って。この 非認可の世界 世界最大の秘密の暴露 という本も税抜き2200円というちょいとお高めの値段設定なんですよねぇ。


100円とかなら2200円税抜きという金額を捻出できない人でも手にすることが出来、それにより広まって情報開示の大きなうねりを作れるような気がするんですよねぇ。日本だけでなく、他の国でも同じような値段設定にすれば幅広く多くの隅々の人にまで情報が拡散されるでしょう。


まぁ宗教とかでも無料でパンフレット配ったり、投函したり、一軒一軒訪問して語ってみたりしてますよねぇ。しかも、この本で証言している御仲間も名だたる人がいて、どうみてもお金持ちなのではないかと思うんですよねぇ。



フリーエネルギーがあれば、誰もが自由になれ地球上の万物に大きな善き成果をあげれるとの事ですが、お金がないからこういった情報を入手することが出来ない人、目覚められないで家畜同然の働きをしている人もいると思うんですよねぇ。そういった人たちの力も合わせたら大きなうねりになると思いますけれども、誰もが気軽に手を出せる値段設定になっていないところがなんか不思議なんだよなぁ。


FBI内部文書とかも掲載されていたり、名だたる人が証言していてどうみてもお金持っている人だよなぁって思うので、情報拡散の為にお金使えると思うのですが。


あとは、アーリーアダプターとかインフルエンサーとか情報を広める人に知らせまくり、結集した皆で圧力をかければ情報開示につながるのではないのかいなぁ???




フリーエネルギーとか宇宙人とかUFOとかいうと陰謀論とか未だに認識されることが多いですが、陰謀論と言われるような行動をするな! 隠して図るような行動するな! 表に出せ! って思うんですよねぇ。内輪で終わるような絶妙な値段設定にしているような気がしてしまうのですが。。。。



こういう事を言うと、無料公開するとまともに読まない人もいるから、核心部分は本気の人にだけ見せて、本気の人だけ集めるんだ、と趣旨の事を言う人も多いのですが、GESARAを本当に成し遂げたいのなら、圧力をかけたいのなら、選ばれた人だけで圧力かけて、他はのほほ~んと生きていて、それで成し遂げられるのならいいが、どうなんでしょうな? 広められるだけのマーケティングしろよ! って思ってしまったりもする。



マーケティングは、既存の企業での広げ方手法で行うと、目覚められる人を増やせなくなると思いますねぇ。家畜を増やす手法でGESARAを狙っても目覚める人は増えないのでは? まずは一人でも多くの人に知ってもらうことが大切に思うのだが。




あと、不思議だなぁって思ったのが、その影の政府の人たちは掟を破る人や秘密を洩らそうとする危険分子や、自分たちの金儲けを邪魔するような人は片っ端から簡単にぶっ殺してきた集団ですよねぇ。なのにこんな大々的に暴露して、しかも皆で戦おう! みたいに旗振りしてよく殺されないでリークできたなぁって思うんですよねぇ。


企業や政府の人たちはとてもできないんだけれども、民間になったら殺されないってのも疑問だし、本出しても殺されないってのも謎に包まれている。




まぁいいでしょう、とりあえずグリア博士のサイトにアクセスしてみました。眺めていると、無料のニュースレターへの登録画面が出てくるのですが、その直下に

Would you like to support our work? Please use the button below to donate as much as you would like (donations non tax deductible).

って記載されているんですよねぇ。好きなだけ寄付してください(寄付金は税額控除対象外です) と、寄付するコーナーが一緒に表示されているんですよねぇ。(笑)


仲間になるメーリングアドレス登録画面には寄付画面が表示されるし。多くの人の圧力が欲しいのならそれなりの行動をしてほしい、とか思ってしまったりもする。



でもまっ、今までは外部に暴露しようとした人は殺されていたのに、同志がお金を出しあい防衛してきたからこそ、ここまでの数々の暴露証言を記載したこのような本が出せて、さらなる安全を確保し活動を継続させるために寄付のお願いなどができるまでになったって事なのでしょうね。ムフフ  っと、とにかく! フリーエネルギーの恩恵を全世界の人が享受できるとしたらそれはすっごい夢のような世界ですよね~♪ っと、その前に、企業や政界にいる大多数は危険で黙するから、我々市民が寄付をして活動を応援すれば危険はなく安全なんですよね??(≖ᴗ≖ )フーン

↓もしよろしかったらクリック宜しくお願い致します。↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサーリンク
Search form
最新記事
search
Latest comments
Category
Monthly archive
スポンサーリンク