2つの話

タイトル 相次ぐ被害者

RKBニュース  2021年10月14日 12:00 配信で、
【3歳息子 ”暴行死” 初公判 母親「手を加えていない」 福岡地裁小倉支部】

な~んていう記事が流れていた。無職の父親は起訴内容を認めたものの、無職の母親は 「手を加えておらず、共謀した覚えはない」 との御主張。両親ともに二人で無職ってのにもビビるが。

同じくこの裁判のTNCテレビ西日本の10/14(木) 19:39配信記事には、殺された3歳の御子息の写真が掲載されていた。が、弱視の治療用眼鏡でしょうか、かけているんですね。ってことはちゃんと、検診なり診断なりして眼鏡となったと思うので放置子ではないのでしょうね。むしろロックオンして夫婦で子どもを虐めの対象にしているんですよねぇ。達の悪い中学生のイジメみたいな事を我が子にするってのが何とも。


で、夫婦のLINEのやり取りが公表されていたが、


==引用開始
◆歩被告
「ももちゃん(ペットのフェレット)の砂食わせてみた」
「おいしくないってさ」

◆歩被告
「うごききらんのか いたいみたい」

◆涼雅被告
「でしょーね」
「思いしれてね」

◆歩被告
「アバラのとこ蹴ったら吹っ飛んだ笑」
==引用終了


上記を見ると、母親の歩被告は、確かに供述通りに、”手は出していない” のだった。口で命令したり脅してペットの餌を食べさせたり、蹴り飛ばしたりはしているのだが、手は出していない。出したのは、口と足なのだった。そして、大変失礼ながらお写真を拝見する限りでは残念ながら教養のある御顔にはとても見えなかったので、多分彼女は、”共謀” という言葉の意味もよくわからなかった可能性もかなり高いようにお見受けできる。


殺された男児は、245か所の傷痕があり、その内、174か所がタバコの火かスタンガンによるものらしい、との事だが、やはりこれも母親の歩被告がしたのだとしても、手ではなく、タバコもしくはスタンガンを使い間接的に手は使ったかもしれないが、直接ではない、実際にやったのはタバコとかスタンガンだ、ということなのかもしれない。


っという事で、裁判官や検事というのは頭が良いのだから、バカにしたと思われない様に配慮しながら、言葉を選んで質問した方がいいのかもしれない。「足はつかいましたか?」 とか(^^;



精神的なドメスティックバイオレンスを受けて支配される状態にあった、とか言って被害者面しているが、DV受けていようが自分が殺されようが子どもの事だけは何とかして助けろよ、逃がせよ。率先して楽しそうにイジメてて被害者面は草。子どもが悲惨過ぎる。



思い通りにいかないからと我が子を虐めたり殺したりするような人でも誰でも彼でもが子どもをポンポン生める、っていう現状はどうなんっすかね~???





タイトル   見知らぬ爺さんに膝枕

なかなか衝撃的に感じる題名だが、これから書くことは、現実に起こったことだ。


とある家を内覧に行った。そこには小型犬が1匹いたのだが、動物にだけは好かれる私だ、やはりやけに懐かれてしまい、スリスリ寄ってきてずっと後をついてこられていた。で、床に座ったら上に乗ってきて、挙句の果てには、私の膝に頭を載せ眠ってしまった。

その様子を見た飼い主さんが、「もらってくれない?」 と真剣に何度も頼んできたので、まぁ別にいいっか、と思い二つ返事で承諾した。「今日連れて帰る?」 とか直ぐにでも手放したい、なんとかして既成事実を作り引き渡したい、みたいな感じだった。さすがにそれは断ったが。で、聞いた話を脳内で反芻し帰宅してから思った。


実はその犬、12歳というなかなかの老犬なのだが、甘やかして育てたようで躾も何もできていない犬で、犬版礼儀作法の基本中の基本ともいうべき ”お座り” も ”お手” も ”待て” すらも出来ず、唯一できることと言ったら、洗面所一体に敷いたペットシーツの上で糞尿を垂れ流すことだけ。トイレ躾すらできていない犬なのだった。

おまけにエアコンが苦手♪テヘペロ って事で、春から秋にかけての期間は、玄関をいつも開けっ放しにして土間に寝転んでいるとか。玄関に網戸をつけずに犬の為に開け放しているからだろう、出入り自由のため虫さんが自由に家の中で過ごしていてドン引きだ。で、夜中だろうが散歩に行きたくなるとずっと吠え続けるらしい。なので夜中に散歩に連れて行ったりもしているそうだ。


で、庭の広~い家なのだが、玄関から遠~く離れた先にある門を開けると、その犬は猛ダッシュで逃走し行方不明になってしまうのだそう。大騒ぎして探してやっと見つかったという大脱走劇が繰り広げられたりしているそうだ。なので、宅急便が来たときでも何があった時でも決して門を開けてはいけない、門の上から物取って、との事。この犬、バカなのか?w




見た目はモクモク可愛い犬さんで、何故か私にだけ懐いてくるし可愛いのだが、外見に惑わされているだけで、その犬の実態は上記の通りだ。



冷静に考えてみよう。犬年齢12歳というと、人間でいうと64歳とかですよね? 

そう考えてみると、隣の家のおじいさんが、お腹見せて膝の上に甘えてのってきて、寛いだり眠ったりしているって事ですよねぇ。外見に惑わされてはいけない。いや、その犬がオス犬だからではなく、例えメス犬だったとしても、隣のおばあさんが。。。って考えるとドン引きだ。


しかも躾もなにもできていず我儘放題の甘えん坊の頑固者。小さい頃から自分の家で育ちそれで年月が経って年老いた犬ならそれはいいですが、ちろっと会っただけのポッと出の爺さんだし。って事で、



外見って大切なんだなぁってシミジミ思った。もしこれが見た目がぬいぐるみみたいな可愛い犬ではなく、ゴキブリだったら? ゴキブリだったら若くても殺されますし、燻蒸剤は卵には効かないので一ヶ月後に再度燻蒸すること、とかで、卵からかえったばかりだろうが容赦はしない! ですよね?


まぁ、介護施設で働いている、と思えばいいんだなって思いましたわ。ただ、介護施設の御爺様とか隣家の御爺様とかは、人の膝に身体のせて媚売ってアングル整えて腹黒く図ってきたりはしませんが。



相続で手に入れた一人暮らしの60代女性の家を購入しようと思って見に行ったんですがね。一人では広すぎるし手入れも大変だからと駅前マンションに引っ越しを考えていて、でも、ペット可となると物件がかなりしぼられるそうなんですよねぇ。それで困っていたようで、もらってもらえる♪ と大はしゃぎしていました。まぁ犬さんももしかしたら保健所に連れていかれるかもしれない!と肌で感じていて生き残りのために必死で媚うっていたのかもしれませんね。


ただ、契約書を見ると売主の責任逃れが凄すぎるので、どのような結果が出ようとも結果は外部に漏らさないという約束でインスペクションを入れさせてもらったら、やはり築30年の中古住宅。いくら外見綺麗にしていても構造躯体にヤバイ箇所がみつかりましてねぇ。売主はお金をかけたくないので直さないが高値で早く売りたい。なんちゅうかねぇw 気持ちはわかりますけれどねぇw まっ、もちろん断りました。って、ことで老犬引き取りの件も自動的に流れ、どこかホッとしたのでした。あと数百万値段下げたら土地と場所は良いから売れるだろうけれど、あの値段ではまず売れないなw

↓もしよろしかったらクリック宜しくお願い致します。↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサーリンク
Search form
最新記事
search
Latest comments
Category
Monthly archive
スポンサーリンク