共同親権が変える家族の未来 結婚と離婚の新ルール


現在、共同親権に関する議論が活発化しており、一部では、共同親権が実質的に離婚を難しくするとの批判も見られます。この批判に対し、私は共同親権が子どもの福祉に資する重要な制度であると考えます。

離婚は増加傾向にあり、その過程で子どもたちが最も大きな影響を受けることが少なくありません。これまでの安定した生活から一変して不安定な状態に置かれる子どもたちは、心理的、時には身体的なダメージを受けることも珍しくありません。共同親権があれば、子どもにとって不利な状況が生じた際に、安全な親のもとへ移ることが可能となります。これにより、親自身も自らの行動を見直し、子どもにとって健全な育成環境を提供する動機付けになるのです。

また、離婚後に親が新たなパートナーを迎える場合のリスクも考慮する必要があります。新しいパートナーによる虐待が子どもに及ぼす影響は甚大で、共同親権はそのような状況から子どもを守るための逃げ道を提供することができます。

確かに、共同親権には実装が複雑で、様々な困難が伴う側面もあります。特に、どちらの親も子どものことを真剣に考えていない場合、その問題はさらに深刻です。しかし、これらの課題を理由に共同親権を否定することは、子どもたちの潜在的な安全や福祉を軽視することにつながりかねません。

離婚後の子どもの権利と安全を保護し、彼らが成長するための環境を整えるためには、共同親権という制度が持つ潜在力を最大限に活用し、適切に運用することが求められます。したがって、共同親権は、その挑戦にもかかわらず、子どもたちの幸福を第一に考えるならば、有効な選択肢と言えるでしょう。





家庭内暴力(DV)や虐待の状況を鑑みた場合、共同親権制度に対する懐疑的な視点を持つことが不可避です。DV加害者がしばしば見せる執着心や追跡行動は、被害者の安全を深刻に脅かす要因となります。特に現代はSNSの普及により、周囲が意識せずにオンライン上に情報を共有することが多く、被害者が新しい生活を安全に築くことは一層難しくなっています。

かつては被害者が身を隠すことが比較的容易だった時代もありましたが、今日では技術の進化がそれを困難にしています。

こうした背景を踏まえると、そもそもにおいて、重要なのは結婚相手を選ぶ際の慎重な審査です。恋愛や結婚は重要な人生の決断であり、相手の性格や本質を深く理解し、健全な関係が築けるかどうかを慎重に見極めることが極めて重要です。それによって、未来にわたる家庭内の安全と調和が保たれるのです。今の時代、結婚という重大な選択を軽々しく行うことは許されないのです。





一方で、女性が子どもを望む際、日本の現行法では父親が不明であっても出生届を提出することが可能です。これにより、結婚を選ばないという選択肢も完全に尊重されています。確かに、この状況は子どもにとって不利ではないかと懸念してしまいますが、人間なんてそもそもジコチューなものですからね、まぁそういう方法もあるということです。





共同親権に関する議論の中でしばしば耳にする懸念として、「離婚後も元夫婦の収入が合算され、支援金の受給資格が失われる可能性がある」という点が挙げられます。この問題は、私の知人である保育士からも長年にわたり耳にしています。彼女らが目の当たりにしているのは、戸籍上は離婚しているにも関わらず、実際には夫婦が共に生活し、経済的メリットを享受するケースです。これらの家庭では、見かけ上は別居し母子家庭として生活保護をもらい保育料も無料etcの利益をえているが、実際には共同で休日を楽しんだり、子どもの保育園行事に一緒に参加しているという状況が見受けられます。

さらに、私の公認会計士の知人との雑談で明らかになったのは、「税金の面で見ると、未婚の方がお得である」という現実です。つまり、離婚して別世帯として登録することで、税負担を減らし経済的に利益を得ることができるというわけです。これは、制度が持つ潜在的な利用の仕方を示しており、それがまた新たな問題を引き起こす原因にもなっています。

こうした背景を踏まえると、共同親権という制度そのものよりも先に、真に信頼し合える相手とのみ結婚すべきだという考えに至ります。結局のところ、社会的な制度を巧みに利用しようとする人々がいる限り、制度は悪用される恐れがあります。




共同親権制度に関する議論の中で、一部ではこの制度が結婚離れや出産離れをさらに加速するとの見方が存在しています。確かに、このような声が聞かれることは少なくありません。

また、女性の中絶に関する権利の問題も、議論の的となっています。個人的には、中絶の禁止に賛成する立場です。厚生労働省の報告によると、2022年度には約12万2725件の中絶が行われ、これは日に換算すると約336件になります。これは、政府が本気で出生率を向上させようと思うならば、レイプ以外の事由による中絶を禁止することで、簡単に解決できる問題かもしれません。ただ、中絶を禁止するだけでなく、社会的に見捨てられがちな子どもたちを国が保護し、適切に育成する体制を整えることも重要です。



この問題に対処するため、日本は高い技術力を活用することができます。特に、生殖技術や人工子宮の研究への政府支援は、少子化問題を技術的に解決する有力な手段となり得ます。さらに、ロボット技術の進展は労働力不足を補うだけでなく、国全体の生活の質を向上させる潜在力を持っています。

このような技術革新と政策の融合によって、日本は人口問題に対して質的な改善を図ることができるでしょう。しかし、これを実現するためには、政策立案者が国民の意見を真剣に聴くとともに、実現可能な解決策を模索し続ける必要があります。これは、外国からの労働力に依存するよりも、国内での問題解決を目指す方が適切な策と言えます。

↓♥️⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡(*ฅ́˘ฅ̀*)♡↓⭐♥️
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive