遺伝子が教えてくれること YかXか、それが問題だ!


GeneLifeの祖先遺伝子検査キットHaplo3.0は、まるでタイムマシン。あなたの民族構成、祖先の移動経路、古代人との繋がり、さらには、あなたと同じDNAを持つ遠い親戚を探し出す、まるで宝探しのようなDNA親族検索サービスも!そして、あなたの名字のルーツについても知ることができるのです。

しかし、女性はY染色体を持たないため、父系の祖先についての情報は得られない、という制限があります。この瞬間、生まれて初めて、「男性に生まれたかった」という思いが頭をよぎりました。ちっきしょーちっきしょーちっきしょーちっきしょーちっきしょーーーーーーーー!!!


でもまぁ、しゃーないですね。


しかし、祖先の移動経路とか知れたらなんだか楽しそうですね! そしてさらに面白いなって思ったのが、DNA親族検索サービス。もちろんこの参加には同意が必要なので、検査したからといって勝手に登録されることはないのですが、DNAを登録すると遺伝子型が一致する遠い親族を検索し、スマホアプリ上でメッセージを送ることができるそうなんです。なんだか楽しそうですね!

GeneLifeの祖先遺伝子検査キットHaplo3.0


さてさて、男性はY遺伝子を持ち、女性はY遺伝子を持たない。まあ、それは学校で習った通りです。

最近、ある女子大に性自認が女性の方が入学されたのです。性転換手術を受けていないため、理論上、女性を妊娠させる能力を持っているわけですが、彼?彼女?は女子寮にもしっかり入寮。そして、ここでクイックな情報が一つ。彼?彼女?はレズビアンだとか。

いやはや、一体どう反応していいのやら。笑うべきか、驚くべきか。





我々の社会は、個人のアイデンティティに関して極めて多様化しています。それぞれが自分自身をどのように理解し、他者に認識されたいかは、個人の深い感情や信念に根ざしています。確かに、自己認識や心の内面についての思考は、個人の自由であり、これを重んじるべきです。しかし、同時に、生物学的な基礎が存在することもまた、否定できない事実です。


ここで注目すべきは、Y遺伝子の有無に関する単純だが明確な区別です。この遺伝子の有無は、個人の性別を生物学的に定義する基礎となります。男性と女性という従来のカテゴリーは、多くの場合、この生物学的な事実に基づいていますが、現代社会のアイデンティティに対する理解は、これらのカテゴリーを超えて拡がっています。


それでは、私たちはどう対応すればよいのでしょうか?一つの提案として、「Y遺伝子を持つ人」と「X遺伝子のみの人」という新たな呼称を使うことが挙げられます。この呼称は、生物学的な差異を単純明快に表現し、性別に関する従来のカテゴリーに対する依存を減らします。この方法は、個人の自己認識や心の状態に関わらず、客観的な生物学的基準に基づく明瞭な分類を提供します。


心のなかでどう思おうが、体の機能を切り刻んでなかったことにしようが、ホルモン剤投与しようが、遺伝子をみればY遺伝子を持っているのか、X遺伝子のみなのか、はっきりと違いが出るわけです。

生物学的な事実と個人のアイデンティティの認識という二つの側面を調和させることで、社会はもっとシンプルかつ包括的な理解へと進むことができます。このアプローチは、個人の多様性を尊重しつつ、生物学的な現実に基づいた明確な基準を確立しようとするものです。近年の性に関する議論が複雑化している中、このような新しい呼称の採用は、混乱を避け、すべての人に公平な認識の枠組みを提供する一歩となるかもしれません。



遺伝子の世界では、すごくシンプル。Y遺伝子持ってるか、持ってないか。それだけの話。心の中で自分をどう定義しようが、どんな高尚な自己認識を持っていようと、生物学の視点からすると、問いは単純に「Y遺伝子はありますか?」というものに帰結します。この問いかけには、科学的な純粋さとシンプルさがありますね。

社会の多くの領域で、例えば温泉、更衣室、体育競技、寮、さらには刑務所に至るまで、Y遺伝子をもっているか持っていないか、ただそれだけで区分される。内心で何を思い、どのように自己を認識しているかにかかわらず、心の中では選択の自由が保障されているという事実に変わりはありません。

こんなにも複雑怪奇な時代に、「Y遺伝子を持つ人々」と「X遺伝子のみを持つ人々」っていう、びっくりするほどシンプルな分類で物事を見るのって、なんだかスッキリしませんか? 近頃ややこしすぎて( ˊᵕˋ ; )💦

↓♥️⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡(*ฅ́˘ฅ̀*)♡↓⭐♥️
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive