日本乗っ取り計画 シュタイナー予言と21世紀の真実


ルドルフ・シュタイナー著の『アカシャ年代記より』は、一目見ただけでその洗練されたデザインが印象に残ります。その表紙だけでなく、ページをめくるたびに目に飛び込んでくる魅惑的な挿絵も、この本の魅力の一つです。しかし、本の美しさだけがこの作品の価値ではありません。もっと魅力的なのは、その内容です。

ルドルフ・シュタイナー

一般的に語られるキリスト教の物語は、エデンの園からの追放や、出産の苦痛を女性に課す罪の物語など、罪悪感に満ちていることが多く、人々を抑圧するための手段として利用されがちです。さらに、ノアの大洪水のような話は、神が気に入らない者たちを一掃するという恐怖に満ちた描写で、まるで究極の暴君のように感じられます。

しかし、『アカシャ年代記より』はこれらの恐ろしい話とは一線を画します。この本は愛に溢れ、人類の誕生から進化に至る過程を詳細に、分かりやすく描写しています。天使たちも登場し、彼らが人類の成長とともに自らも進化してきたことが描かれており、人類と地球環境の変遷を追うことは非常に興味深いです。また、罪悪感を煽るような出産の話ではなく、もっとポジティブな視点が提示されています。

ルドルフ・シュタイナー

特に衝撃的なのは、現代教育や常識を根底から覆す内容です。たとえば、人間が猿から進化したという定説を否定する議論は、多くの人々の信じる基盤を揺るがします。また、アトランティス大陸についての一般的な認識に挑戦し、彼らが持っていたとされる卓越した能力や文化について新たな視点を提供します。これらの記述は、我々現代人がアトランティス人に劣っているわけではないという、希望に満ちたメッセージを伝えています。

この本に対する私の個人的な見解としては、その教えが現代社会において聖書として扱われるべきだとさえ感じています。笑いを交えつつも、これほどまでに深く、そして楽しく学べる書籍は稀です。『アカシャ年代記より』は、単なる読み物以上のものを提供してくれます。


読み進めるうちに、我々が地球に住む者として、その美しさを保持しようと努めることは当然の責務であるとの思いに至ります。しかし、一方で「地球環境保護」という大義名分の下で喧騒をあげる現象は、時として滑稽に映ることがあります。私たち人類が、この広大な地球を自分たちの意志でコントロールできると考えるのは、ある種の傲慢さにも感じられます。なぜなら、日常生活の小さなことさえ手に負えないことが多い私たちが、地球という星全体をどうにかできると思い込むこと自体が、どこかユーモラスにすら思えてくるからです。

ルドルフ・シュタイナー

ルドルフ・シュタイナーは、オーストリア出身で哲学者、社会改革家、建築家、教育者、そして神秘思想家としての多面的な才能を持つ人物です。彼の名を聞いて、特に「シュタイナー教育」という先進的な教育方法を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、シュタイナーの影響は教育のみならず、農業、医学、芸術など幅広い分野に及び、彼の業績は現代にも大きな影響を与え続けています。驚くべきことに、彼は生来的に超常的な能力を持ち、その能力を活かして多くの予言を行ったとされています。彼の書籍は数えきれないほどあり、その生涯はナチスに命を狙われるなど波乱に富んでおり、彼の死に至る真相は今もって謎に包まれています。

特に注目すべきは、彼がアドルフ・ヒトラーおよびナチスの台頭について、彼らがヨーロッパに大災害をもたらすと予言していたことです。この予言は、ナチス政権が権力を握る8年前のことであり、その洞察力は驚異的です。さらに、ソビエト社会主義共和国連邦についても、その成立から3年後に「共産主義国は70年続く」と予言し、この予言もソ連が実際に74年で崩壊するという形で実現しました。さらに彼の狂牛病に関する予言も的中しています。

彼の生涯や業績を通じて、私たちはただ教育や科学の進歩だけでなく、人類の精神的、社会的な進化にも深く関わる洞察を学ぶことができます。シュタイナーの教えは、今日の社会においても、私たちが直面する多くの課題に対する理解を深め、新たな視点を提供する力を持っています。



ルドルフ・シュタイナーは、地球の形状に関する一般的な理解とは異なる、独自の見解を持っていました。彼の理論では、地球は元来四つの三角錐、つまりピラミッド型の構造をしていたとされています。この革新的な視点によれば、地球は時間の経過とともに徐々に現在の球体形状へと変化していったのです。特に興味深いのは、シュタイナーが日本を地球のこの原初的なピラミッド構造の頂点に位置付けたことです。彼によると、この地理的位置から、日本は地球上で極めて重要な役割を担っている国とのことです。「日本を支配すれば、世界を掌握することができる」という彼の言葉は、日本の行動や変化が全世界に影響を及ぼすことを示唆しています。


ルドルフ・シュタイナーによると、21世紀の幕開けと共に、日本は国際的な焦点となると予言されていました。具体的には、2000年を境に、さまざまな勢力が日本の影響力を掌握しようと動き出すというのです。この予言は、日本が世界において持つ戦略的な重要性と、国際社会の中でのその役割に光を当てています。外国の企業や政府が日本市場に深い関心を寄せ、その影響力を確保しようとする動きは、シュタイナーの予言が現実のものとなっていることを示唆しています。


さらに注目すべきは、シュタイナーが2025年に日本で大きな変革が起こると予言していたことです。ルドルフ・シュタイナーは、2025年に日本が直面する人口減少の問題を指摘しています。この予言の具体的な意味合いは明らかではないものの、これが現代日本にとって重要な警鐘であることは確かです。ー続くー

↓♥️⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡(*ฅ́˘ฅ̀*)♡↓⭐♥️
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive