下水道大混乱!飯山市長、下着とマスクの怒り心頭!


長野県飯山市では、下水道システムへの下着やマスクなどの不適切な投棄によって、下水道のパイプが詰まるなどの問題が生じています。市民の中には、まるで下水道が魔法のゴミ箱だとでも思っている人がいるかのようです。この行動は、共同生活の基盤である公共インフラストラクチャーに対する配慮の欠如を示すものであり、市の運営にも悪影響を及ぼしています。


この問題に対し、飯山市の市長さんは自身のフラストレーションをX(旧ツイッター)上で表明し大激怒。「全くどういう神経してんだよ 人間が腐ってきてるな」と、愚痴をこぼしたわけですが、その言葉選びが大きな反響を呼び、結果的にその投稿を削除する事態に至りました。


この件について議会で質問された際、副市長と教育長は、市長の発言がやや過激であったこと、そしてそれが人権侵害に当たる可能性があるとの見解を示しました。




この件に関して、市長は自らの発言が人権侵害には当たらないとの認識を示しつつも、表現の選択には反省すべき点があったと謝罪しました。政治の世界も大変です。人気取りも大事だけど、時にはストレートに物を言いたくなる、そんな市長さんのジレンマが垣間見えます。




人の発言をあげつらって、「人権侵害だーーー!」、「人間性を疑う!」、「酷い!」、「言われた人の気持ちを考えろーー!!」etcと非難する人たち。彼らは一体、どんな気持ちでいるのでしょう? もしかして、そんな批判をすることで、自分が世界の正義のヒーローになった気分に浸っているのかな? 自分が思いやりの或る優しい人になったように錯覚しさぞかし気持ちいんだろうな~と、ちょっと皮肉っぽく思ってしまいます。



でもね、真面目な話、下水道にマスクや下着を流すことが本当の問題。そんな行為こそが、もしかすると「人権侵害」なのでは? 市長は悪くないのだから、「下水道にそんなの流すほうがどうかしてんだろうがよ! ばーーーーーーか! それをかばう奴もばーーーーか!」と言い返してやればよかったんですがね。まぁ、公職にある人物として、その言葉遣いや振る舞いが一般市民に与える影響を深く考慮し、後悔の念を表明されたのだとお察しいたしますが。でも、言っとくけど市長じゃなくて、下水道にそんなの流す方が人間腐ってきてると思うw



この問題では、「人権侵害」だとかなんだとかヘンテコなイチャモンをつけ、謝罪させ発言を撤回させ勝利の美酒に酔いしれ良い気分に浸ることではなく、公共のインフラを守り、市民一人ひとりが社会共同体の一員として責任ある行動を取ることの重要性に焦点を当てるべきです。市長の発言がもたらした波紋は、この問題に対する社会的な関心を高め、より広い視野での議論を促すきっかけとなり得ます。

↓⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡↓⭐
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive