イオンシネマ騒動を通して見る、生命の尊厳と謙虚な生き方


「イオンシネマの車椅子事件」や「予告なしの航空機搭乗拒否」など、障害者関連の話題にまたまた激しい燃料投下がなされ、再び社会的な注目を集めました。


このテーマについて話すのはタブー視されがちですが、実のところ、本当のことを言ってしまうと、障害者の存在は健常者によって支えられ、生かされているのが現状です。しかしながら、この平穏な共存関係を誤解し、一部の障害者たちが自らを優位に置き、あたかも彼らが地球上での独善的な支配者であるかのように振る舞い始めたことが問題です。彼らの一部からは、我々の想像を絶するほどの非現実的で過剰な要求がなされています。これは、最も手厳しいクレームをする顧客でさえも驚かせるような事態であり、健常者と障害者との間の誤解と誤った自己認識の深刻な結果を示しています。




私たちが日常で見過ごしてしまいがちな事実があります。それは、私たち健常者自身も、ある種の不思議な力や存在によって生かされているということです。多くの人がこの深い真実を見落とし、自己の命を軽んじるような選択をしてしまうことがあります。私たちは、生きることの意味や目的を自ら定めることはできますが、実際にはその生命自体が与えられたものであり、私たちの手に余る神秘的な力によって維持されているのです。

この視点から見れば、一部の障害者が自分たちの位置づけを誤解し、不当な要求をしているのと同じように、私たち健常者もまた、自分たちの存在と位置づけを誤解していることが明らかになります。この宇宙や、私たちが「神」と呼ぶかもしれない不思議な恩寵や力の前では、私たちは皆、等しく謙虚さを持たねばならない存在です。

私たちが自身の重要性や独立性を過大評価する様子は、外から見ればかなり滑稽なものです。だからこそ、私たちは自らを「生かされている」という事実に感謝し、この大いなる宇宙の一部として謙虚に、そして感謝の気持ちを持って生きることの重要性を再認識する必要があります。



そんなことを、イオンシネマの車椅子事件の騒動を眺めながら思いました。
私たちは皆、「生かされている」だけです。

この事実を受け入れることは、単に生命の尊重に留まらず、より広い視野での謙虚さと感謝の心を養うことに繋がります。私たちは、自己中心的な欲望や短期的な利益を超えて、互いの存在を尊重し、支え合うことの大切さを思い出す必要があります。

↓♥️⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡(*ฅ́˘ฅ̀*)♡↓⭐♥️
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive