【3】移民政策と社会の未来ー『西洋の自死』を読み解くー


移民政策と社会の未来ー『西洋の自死』を読み解くー
【2】移民政策と社会の未来ー『西洋の自死』を読み解くー
の続きである。


西洋の自死2014年、ドイツではドイツ人女性や少年を対象とした性的暴行が増加しました。2015年以降、街中や公共の施設、プールなどでのレイプが毎日のように報告されるようになりました。オーストリアやスウェーデンでも状況は同じでした。しかし、どの国もこの問題を無かったことにしてしまいました。特に2015年の大晦日、ケルンの中央駅周辺では約2000人の男性が、約1200人の女性に対して性的暴行や強盗を行いました。これと同様の事件はドイツの複数の都市で起こっていたと後に明らかになりました。2016年には、ドイツの16州すべてでレイプと性的暴行が頻繁に発生するようになりました。


川口市に住むある女子高生が、クルド人による危機的な状況から偶然通りがかった日本人男性によって救出されたという衝撃的な出来事を経験しました。この事件をきっかけに、彼女は"埼玉で、外国人による隠れた性犯罪がたくさんあるのではないか、それを女性たちが申告できていないのではないかと心配しています。” という懸念を表明しています。

この女子高生が抱える不安は、ヘイトスピーチとして片付けられるべきものではなく、むしろ私たちが共感し、対話を深めるべき重要な議題です。日本社会が直面している安全への課題に真摯に向き合い、すべての市民が安心して生活できる環境を確保するためには、このような声に耳を傾け、行動を起こすことが求められています。



西洋の自死』によると、政府とメディアは、移民たちが高度な専門知識を持つ医者や学者ばかりであるかのように報じていました。しかし、現実は全く異なり、言葉の壁に苦しみ、専門技能を持たない大勢の非熟練労働者が、非熟練労働をほとんど必要としない国々へと流入していました。政府は渋々ながらも入国手続きを厳格化し始めたものの、多くの政治家や地域社会のリーダーたちは、国境は無用であり、移民は無制限に受け入れられるべきだと主張し続けました。さらに、移民政策の成功を宣伝するため、政府は統計データの操作にまで手を染めました。

西洋諸国は、移民受け入れに関して長年の経験を持ちますが、『西洋の自死』 という著作が指摘するように、その移民政策は失敗に終わったとされています。この書籍のタイトルは、読む者に強い印象を与えるものであり、「欧州リベラリズムの死に方」という表現もまた、深い衝撃を与えます。本の内容は、そのタイトルが示唆する通り、さらに衝撃的なものとなっています。



埼玉県川口市での外国人排斥を訴えるデモと、それに対する過激な反応については、多くの議論があります。「日本人死ね」とか「精神病院に行け」と言った言わないでひと悶着ありましたが、動画などの証拠からは、過激な発言が確認できます。しかし、この問題の本質は、デモを行う市民の怒りが向けられるべき対象にあります。抗議の矛先は、移民を受け入れる政策を推進する日本政府に向けられるべきです。移民が日本に住む機会を得たのは、政府が設けた制度を通じてです。この点を踏まえると、市民の不満や抗議は、政策を決定する政府に対して表明されるべきだと考えます。


最新の政府統計によれば、2023年6月末の在留外国人数は約322万3858人、2023年10月末の外国人労働者数は約248万675人に上り、過去最多更新中です。


最近の報道によると、法務省が不法滞在者の在留資格に関して新たな基準を発表しました。この新基準では、地域社会に溶け込んでいる親を持ち、長期にわたって日本で教育を受けている子どもや、もともと正規の在留資格で入国し、日本で長期にわたって活動していた人々が、在留資格が失効した後も特別に在留を許可されるケースがあるというものです。

これに対し、「日本が移民であふれるのではないか」と心配する声もあります。この背景を踏まえると、日本の政治指導層と一般国民との間に存在する意識の乖離について、深い懸念が浮かび上がります。政策決定過程における透明性の欠如や、国民の声に対する十分な配慮がなされていないことが、このような感覚を生んでいると思います。政府が採るべき道は、国民との対話を重視し、その意見を政策に反映させることによって、より包括的で受け入れられる社会を築くことです。人々が政策に関して不安を感じないよう、よりオープンな情報提供と国民参加の促進が求められています。

⭐↓❀ ❁*✲゚♡クリックしてね* ✿.。.:*♥️(*ฅ́˘ฅ̀*)♥️↓⭐
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive