『人類を裏切った男』が示す、真実追求の重みと価値


洗脳された社会ー陰謀論を超えた医学薬学界の実態ー

エイズと人類ー深掘りする『人類を裏切った男 中巻』ー
の続きです。


日本の医療システムのプロセスは厳格な医系技官による指導に従うという体制が敷かれています。このシステムの閉鎖性は、異議を唱える者がシステム内部に入る余地がほとんどないことに起因しています。この状況は、異なる視点や批判的な意見が抑圧され、一方的な政策推進が行われる土壌を作っています。


人類を裏切った男』に記されている通り、世界を変える勇気を持った極々少数の科学者や医学者らも、深刻な反発に直面しました。例えばエイズの時も直近のコロたん騒動の時も世界中で極々少数の科学者や医者らがデータの捏造や詐欺を暴露したり薬剤の危険性を話したりしました。彼らはただ真実を明らかにしようとしただけでした。しかし、その行動が脅威と見なされたため、絶え間ない嫌がらせ、職を追われること、さらには身の安全を脅かされる状況に追い込まれたり言論封殺をされたりしました。彼らの経験は、不正に立ち向かうことの危険性を如実に示しています。

しかし、彼らの行動は、社会が不正にどう対処すべきか、そして個々の行動が大きな変化をもたらす可能性があることを示しています。彼らの勇気ある立ち向かいは、他の多くの人々にインスピレーションを与え、真実を追求する価値を再認識させました。また専門的な知識を持たない人にも理解できるよう丁寧に説明してくれる医学者などもいました。

私たちがこの物語から学ぶべきは、正義のための闘いが常に容易ではないということです。しかし、そのような闘いは必要であり、時には大きな社会的変化を引き起こすきっかけとなります。私たち一人一人が、不正に対して声を上げ、行動する勇気を持つことが、より公正な世界への道を切り開くことにつながります。





この問題を解決するための一つの提案は、偽データや隠ぺい、薬害の証明や発見者に対して金銭的報酬と名誉を与える仕組みの導入です。現在のように医系技官、医師、病院、製薬会社が一枚岩で動く体制では、個々の利益のために不正が行われるリスクが高まります。特に、データの改竄や情報の隠蔽は、倫理観や正義感を持たない者にとっては容易な選択肢となり得ます。このような行為は、真に患者の利益を考えた医療実践が行われることを妨げ、業界内での正直な行為が逆にリスクを伴う環境を生み出しています。

人類を裏切った男』上中下巻を読み終わり、このようなシステムの中で正義が勝利するのはほぼ不可能であるという結論に至りました。異常なほどの力を持つ者たちが世界の運営を掌握しており、多くの人々が簡単にその影響下に置かれてしまいます。この状況を打破するためには、一人ひとりが情報に対する洗脳から自らを解放し、批判的思考を持つことが何よりも重要です。この認識の広がりが、社会全体の覚醒と、より公正な医療システムへの転換を促すことを願います。
ー続くー

↓⭐❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡↓⭐
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
いつも仕事を頑張っています。筋トレや楽器をひいたり、史跡巡りと自然を楽しんでいます。あと、読書も好きです。仲良くしてください。よろしく!

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
PR


Monthly archive