日本人にはM不要だよなぁ


ザ・パーフェクトアンカー という 洗顔&クレンジング&ボディ洗浄 ってのもらったのだが、1年近く放置保管していたのに気づいた。ボディーソープくれるなんて面白いな~って思っていたのですが。。。。

ボディーソープ


いい加減に使ってみるか、と思って使用してみたところ、これがめっちゃ良い! 香りも良いし不思議な幸せ気分満喫。

なんじゃこりゃ! めっちゃ良いやん♪ っと思い、興味を持って初めてよく読んでみたら、米国製で、天然・無添加なんですと。動物実験も行っていないとも記載されている。良品質で動物さんにも優しいものなんですね~。しかもこれ一本で顔から体まで全部洗え、メイク落としだけならず毛穴の奥の黒ズミまでとってくれるという優れもの。しかも全身よ~(^^♪ 便利だし~。で、


”中世ヨーロッパのカステリヤ王国で作られていた、植物オイルを主体とした石鹸。王侯貴族が愛用していたことで知られています。” と書かれてあった。

ボディーソープ

だからかーーーー!!こ~んな素敵なのは! 王侯貴族が使っていたんですね~っと納得。中世ヨーロッパの時代にこんな素敵な石鹸があったとは! もともとはヨーロッパの石鹸だった物を今はアメリカで作っているというのがなんとも面白いですが、思いめぐらしてみると嘗てアメリカ大陸はカステリヤ王国の領土だったんですよねぇ、作り方を継承していた者がいたのかなぁ。

こんな気に入ったボディーソープは初めて☆彡全身毛穴の奥からつるつるぴかぴかすべすべよ~、気に入ったからいろいろ買ったろ♪ と思いザ・パーフェクトアンカーのHPを見てみると、全部で8本種類があり、それぞれ香りが違うみたい。全種類制覇しようっと。贈り物にもいいな~。っと、こうやってJAPは日本人向けにアレンジ済みのアメリカ様ご作製の商品の魅力に抗えず金を払い軍門にくだるのであった・・・・・でもこれマジ良いのでそんなん知らん、買いま~す!




しかし、やっぱり宗教ってクズだよなぁって思っちゃいますよねぇ。人を支配するのに使われ、侵略戦闘だらけで、ろくなことしてませんよねぇ。表向きは綺麗事を言っていても、歴史や世の中を眺めまわしてみると、いかにして自分よりも頭の悪い人や力の弱い人や心が美しくピュアな人を利用し、己が優位にたつかばかりを考え悪巧みを実行する人が君臨支配していくものだと思うんですよねぇ。宗教は便利な手段ですが、宗教が悪いわけではなくやはり人間が集まると変てこな事になっていくんですな。

心の美しい疑う事を知らない純粋な人たちを騙くらかして禍苦沈を打たせ、自分たちは打ってないって酷いですよねぇ。信じてた人たちに、、、普通の人間がこういう事をするって、しかも同じ国の人たちが、、、、、

ワクチン
動画はこちら

まぁ夫に見せたら、「よし、これは間違いなくデバイスが生えてくるフラグ!」 って言ってましたねぇw 死亡したり体調不良になったりするのは嫌ですが、デバイスが生えてくるのなら面白いからまぁいいかもですが。

しかし、デバイスが生えてきたところでネット接続料金は誰が払うんじゃ!? 無料なんだろうか? で、先日のKDDI通信障害のように繋がらなくなったら ”ただいまエラーです” とかずっと表示され続けるのだろうか?? 謎は募る。





あー、そーいえばマイクロソフトさんのバイオコンピューティングのボス アンドリュー・フィリップ博士が仰せでしたなぁ。 ”DNA回路のプログラミング設定” だとか ”生きた細胞内で作動する、生体コンピューター”だとか、、、、DNAはコンピュータと同じでプログラム可能。DNA分子を用いて、様々な事をプログラミングすることができる。それはもはや思考すら操ることができる。

恐ろしいのがヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ モデルナはメッセンジャーRNAを情報の分子と表現していて、”メッセンジャーRNA OS” の名称で商標登録した。OSって、オペレーティング・システムの略ですよねぇ、、、、プログラミングすることができるバイオコンピュータを人体に展開する、、、ってなるとコロたん禍苦沈を検証した研究者が”MACアドレスを発信するナノルーター発見”というのもさもありなんって気がしてくる。。。ウーム


米国の作家・研究者アンソニー・パッチ氏によりますと、『彼らは、DNAおよびRNAの変異を通して、人間をコントロールできるくらいに十分な知識を持っています。それは、彼らが模索していることを達成するためです。つまり、DNAおよびRNAの変異を通して、人間を奴隷化する事です。人間を奴隷にさせ、また、人間が接続させられる。ブロックチェーン・システムを通して、量子コンピュータが送信する指示に従わせるべく、人間を還元しているのです。』

との事。ウーム 怖ぇーーーーーー!!


でもまぁ、冷静に考えてみると、御注射するまえから特に日本人って右向け右! みたいに団体行動、同調圧力、皆と一緒でないと村八分てな感じでぇ、みんな一斉に同じ言動する人の方が断然に多いですよねぇ、、、統一教会とズブズブな〇民党やらを未だに盲目的に支持し国〇をーーー!とか騒いでいる人たちも思考操作されているように見える。皆と一緒♪ っと特にその傾向が非常に顕著な日本人には御注射する必要なかったんちゃうかいなー。あー、一説によるとPが〇口削減用でMがバイオコンピュータ注入による奴隷用だという話も。。。。。だったら日本人には特にPだけ使っておけば済む話のような。。。。。ウーム






あー、ついグダグタ語ってしまい話がそれてしまいましたな、、、ザ・パーフェクトアンカーという商品名通りにまさにパーフェクトなこんな素敵な石鹸を使っていたというカステリヤ王国も、もともとはイスラム教徒に侵略され逃げたキリスト教徒たちがつくった国。

しかし、そのレオン王国から独立したカステリヤ王国内で暗殺が起ったり、今度はレオン王をぶち倒してカスティーリャ=レオン王国にしてみたり、ゴタゴタ時代が続いたと思ったら、結局はキリスト教国で一致団結しイスラム軍をぶち倒すが、はたまた王位継承権争でまたゴタゴタになり、なんちゃら派となんちゃら派に分かれ死闘を繰り広げたり、カステリヤ王国の王女とアラゴン王国の王子が結婚し、合併によりスペイン(イスパニア)王国となった。

が、その後もずっ~と戦いの連続ですよねぇ。どこの国でもどこの地域でもとにかく人が集まるとなんかろくなことにならないよなぁ。スペインの国歌って歌詞がないんですよね。いろいろ考案されたものの結局、誰もが納得できる歌詞は無理だって事で歌詞がない。それだけでも何か複雑な込み入った事情を察してしまうが、


スペイン内戦で共和制を倒し、40年近く独裁体制を敷いたフランシスコ・フランコ氏。彼が亡くなってからのスペインは、独自の伝統歴史文化を持つ複数の自治州の集まりが国だ。フランシスコ・フランコ氏が亡くなってから40年ほど経った時に彼の遺骸は歴史記憶法によって、埋葬された国立慰霊施設”戦没者の谷”から追い出され改葬された。スペイン内戦とその後も政治弾圧で殺された共産党や労働組合活動家など4万人近い人が埋葬されている戦没者の谷に、殺した側のフランコ氏が埋葬されているのは許せない、という理由からだ。

フランコ氏の棺はスペイン国旗で覆われていたが、改葬の際は、スペイン国旗を剥がされ、フランコ氏時代の国旗や鷲の印の入ったものですら使用を認めず、約30Km離れた家族の墓地に2019年10月に埋葬され直された。



フランコ氏の改葬に反対する勢力や、フランコ氏の政治で救われ彼の業績を称賛する勢力などもあるのだが、勢力逆転して今まで追いやられていた側が勢力をつけたって感じですね、、、収められていた遺骸を掘り起こして国立慰霊施設から追い出すという、、、遺骸に対してそこまでするのか、、、、とカルチャーショック。フランコ氏政権はものすごい弾圧を行ったとも言われているので、、、、された側からすると怒りや憎しみのエネルギーが噴出してどうしようもないのかもしれない。


その後も、フランコ氏の政治勢力だった方々の御墓を追放し遺骸を撤去しようとする動きがあちらこちらで起こり、まぁ皆が納得できる政治なんてできるわけないですよねぇ。。。。そう思うと、現スペイン国歌に歌詞がないというのは平和的なのかもしれない。



しかもどこの国も同じですよねぇ。。。。カタルニア自治州はスペインから独立しようとかなりいろいろ仕掛けている。それを、つなぎとめるために様々な飴と鞭を使い分けカタルニア自治州はまるで日本のアイヌの人たちのように優遇されているもよう。カナダのケベック州もそんな感じでしょうかねぇ。

まぁ、段々、国という概念が薄れてきているような、日本国というものの存在がというかもう既に政治やメディアも乗っ取られ日本人のための国じゃないような感じになっている気がする。日本人として日本に生まれて良かったんだけど。。。。日本国よ、千代に八千代に、栄光あれ☆と切に願う。

↓クリックしてね❀ ❁*✲゚* ✿.。.:*♡↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルを変更してみました。(≖ᴗ≖๑)

SponsorLink
Latest comments
最新記事
Category
Search form
SponsorLink
Monthly archive