普通の人じゃな?


NHKスペシャル取材班 半グレ 反社会勢力の実像】  まぁ読後感としてはこういう人っているよね。やっぱ一定数出てきちゃうんだろうなぁって感じ。

普通の女の子を恋愛をちらつかせて騙して風俗に働きに行かせる手口など書いてあったが、この取材に応じた騙されたという女性によると、ナンパのような形で声を掛けられしつこく話しかけてきたので

==引用開始==
”その場をやり過ごそうと、B子さんは連絡先を教えて立ち去った。そこから連日、Cから連絡が来た。”
==引用終了==

との事で、まぁこれがきっかけで偽の恋愛に騙され借金地獄そして風俗へと引きずり込まれていくわけですが、

本

そもそもなんで、しつこくされたからと応じるんかいなー? と謎だった。どうしてもなら無視して交番や警察に向かって歩いていけばいいのに。そして、例え電話番号教えるにしても、本当の番号教えているところにドン引きで。。。傍から見ていると、女性にも下心有り過ぎって感じてしまった。だからまぁそういう人を狙ってつけこんでいき金をむしり取るマニュアルも完備されているのだが。250人に声かけて5人くらいが引っかかるそうだ。


被害に遭ったその女性は犯人の事を凄く憎んでいて、自分は被害者だ! と被害者意識だけで、己を反省はしないのかな? っと不思議に感じた。まぁいろんなブログを読んでいると心の中は不平不満と文句と自己反省や自己卑下もし続けているが、状況改善のための努力は何もせず、ずっ~と同じ悲惨な状態のままで不満と鬱屈を抱えて生きている人もいるんで何分に運がかかっているのだと思う。少なくともそのブログ主は専業主婦であり風俗で働いてはいないから。多分、何気に運が良いのだろう。


==引用開始==
”引っかからないと思っている人ほど、騙される。誰でも引っかかる。” 
==引用終了==

だそうで、これは真実だと思う。引っかからないと言い張る人ほどひっかかり易いのは真実だと私も思う。が、誰でも引っかかるは謎だが。。。。



有名大学の中でもやる気のある男子学生さんがこういった騙す集団にサークル感覚で入るんですね。身なりも爽やかでイケメンで。


==引用開始==
”大学生活をただ適当に過ごして、ぬるま湯につかっていた人間と、学生のうちから仕事を頑張って社会に出る準備をしていた人では、4年も時間があればどれほど差がつくか容易に想像できますよね。”
==引用終了==

と誘うそうだ。納得ですねー。まぁ学生なら仕事頑張るよりも勉強じゃね? とは思うが。。。


この組織に入ると、就職や将来の仕事や生活にも役立つような様々なマナーやノウハウ等々を教えてくれるんですね。敬語の使い方とかも。

驚くのが、いい歳した中高年の受付の人が、『社長さんはお出かけなされていて何時にお戻りになられるかわからないです。』 とか 『部長さんは今、会議に出ていらっしゃいます。』 等々、5年位前から言葉の使い方もわかっていない、本当に社会人??? って謎の存在が日本国にチラチラ登場するようになったのを感じていた。

外国人とかまだ若いとかチャラチャラした感じの人だったら分かるんですが、一見普通のいい年をした中年。国家総動員法が適用され誰もかれもが働け働け!で引きずり出され働くようになったからかなぁと思っていましたが、不思議なことに昨年のコロナ騒動が起こってからリストラにでもあったのかそういう最低限の言葉の使い方を知らない人には遭遇しなくなった。


まぁそんななんやかんや等を思うと、最低限の言葉の使い方のルールすら知らない大人よりも、こういった組織に所属し己を高めようと切磋琢磨する詐欺大学生のほうが、仕事もできるだろうし、稼ぐ気満々で意欲的だし、多分一緒にいて心地良いと思う(笑)


==引用開始==
”アメとムチがあるこの『頑張れる環境』に、多くの『意識が高い』学生たちが集まり、グループ内では切磋琢磨する競争関係が生まれていた。”
==引用終了==


少なくともガッツのあるやる気のある人たちだ。で、捕まっても、一人の子を風俗に紹介してもらう手数料よりも安い罰金刑ですむから痛くもかゆくもないみたい(笑) 学生時代ここで働いていた男子学生は、誰もが知る名だたる一流企業に就職し社会人として頑張っているとのこと。

まぁ色恋につけこんで金銭を騙し取られるってのは、こういった女学生さんだけではなく、大人になっても結婚詐欺とかも普通にありますよねぇ。女性が男性を騙す、くらいならまだ可愛いですが、保険金かけて次々に殺していく後妻業とかもありますしね。



あと驚いたのが、今は更生したようですが、こういった組織の頭になった人の言が、正当防衛で人を殺したら警察に捕まった、といって警察に恨みと憎しみを抱いているんですよねぇ。あとは先輩がヤクザに殺されたと言ってヤクザを恨み通していたりとか。もともとは中国残留孤児の子どもで日本に来たら言葉がわからなくて学校で日本人にいじめられたせいでグレ始めたそうなんですが、まぁイジメは良くないですが、しかし、なんか全部人のせい、周囲のせい、で感覚がちょいと変だと感じるんですよねぇ。


==引用開始==
”なぜ自分がこんな目に遭わなければならないんだっていう、その理不尽さが大きいですよね。あとはとにかく怒り。人としての怒りだよな。だけどシンプルな理由はその後ろにある貧困かな。”
==引用終了==


だそうだ。ひたすらに被害者ずらなんだよなぁ。。。

中国残留孤児の子どもの知人がいましたが、すっごい頑張って勉強したのでしょう。数年遅れでしたが特待生で一流高校に進学し、上位成績をキープし有名国立大に推薦入学し、良い所に就職して頑張っている人もいるんですよねぇ。何かのせい になど一切しないし当時から尊敬できる人で考え方も大人でしたねぇ。


あとは、これは文句を言っている本人から直接聞いた話なんですが、家事をしている時に、何で自分がこんなことしなきゃならないんだって怒りながら喚きながらしている、と言っている女性がいて衝撃だった。そんなに家事したくないんだぁ、っと。家事をしたくないなら人を雇ってやってもらえばいいと思うのだが、こういう人って被害者ずらするのが好きなのか、ずっと文句言っているだけで改善しようとしないんですよね。


っと、話がそれてしまいましたが、あとは、営業マンの人がそのノウハウをいかして闇金やオレオレ詐欺とかしてたりするんですねぇ。取材を受けたある男性は10年間で50億円稼いだんですと。グループ全体では数百億円を超える稼ぎだそうだ。


==引用開始==
”自分はきっちりやっていたから、捕まえられないですよ。なぜかというなら、証拠が揃わないんで。絶対に捕まえられないですね。”
==引用終了==


と倫理観はぶっとんでいるが頭の良い人と、小間使いとして使われしょっ引かれる人との違いはやはり頭と運。真面目に働いても月十数万円という田舎のそして仕事の続かないような人をスカウトし、下っ端として働かせるそう。上はウハウハですね。


==引用開始==
”貧困家庭で育った多くの若者が、十分な教育も受けられないまま社会に出て、低賃金の職場で働き、心をすり減らしていく。希望を見出せない鬱屈した日々につけ込むのが、詐欺グループだ。”
==引用終了==


との事で、この本はどこか被害者的な 可哀想ー!みたいな感じで書かれているのだが、かといって、共産主義ってのはないしなぁ。それに共産主義ではつまらなくて詐欺するような人は詐欺し続けるだろうし社会体制の問題ではないだろうと思うんですよねぇ。


また、貧困家庭でも這い上がっている人いますが、現実として競争社会であるわけだから、誰かが上に立ち、どうしても末端の低賃金の下働きというのが出てきてしまうだろう。こういう人が一定数社会に作られてしまうのはある意味しょうがないとも言えるような気がした。また組織に属さないでも、所謂ヒモとか、DV加害者とかも半グレと呼ばれる人たちとやっている事は変わらんだろう。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*

アメリカ大統領の就任式の生中継を夜中にちょろっとみたのですが、YouTubeのコメント欄がすっごい勢いで流れていっていてあんなの初めて見た、驚いたー。ニコニコ動画かよーーーー、みたいな衝撃。多くの人が視聴するYouTube生放送ってのはあんな感じなんかーってびっくり。読んでいてふいたのが ”ネトウヨ、ざまぁwww” 的な書き込み(笑)(笑) 世の中にはいろいろな人がいてホント面白い(´m`*)ムフフフフ♪

新政権に移りましたが、こうなると一体今までのゴタゴタは何だったんだ!? って感じだ。ふっと脳裏に浮かんだのが、日本の某皇族女性の結婚もたとえどんなに反対の声があがろうと粛々ととりおこなわれ、私個人的には全く持って不要としか思えない新制度とやらでウハウハで暮らすんだろうな、と思った。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments