戻ってきた感じ


やっぱ熊ちゃん出てるって(笑) 以前までは確か、そう確かに駐車料金無料だったのだが、300円となっていた。鳥居型の投入口が良いですね。

平泉寺白山神社


1年~2年に一度は詣でる平泉寺白山神社。参道からの一面のふかふか苔生した深緑色の地が魅力だったのだが、参詣者がここのところ増えたからだろうか。苔が非常にしょっぼくなっている。が、

この石柱↓が味わい深い。なにしろここ平泉寺白山神社は、泰澄大師により717年に開かれた霊場だ。泰澄大師を白山に導いた女神が現れた林泉(現、御手洗池)も境内に静かに存している。また、この地は頼朝に追われた源義経らが奥州に逃げる途中で立ち寄った事などでも知られている。しかし胎内に18か月とか3年とかいて生まれた時に2~3歳児の大きさって普通分娩でいけるのか?? 弁慶のお母様って一体。。。。やはり母親からして??? あぁしかし、多くの人々がここの地をいろいろな思いで背景で訪れていたのですよね~。

平泉寺白山神社


一面、深緑色のふっかふっかの絨毯みたいな苔が魅力で神秘的だったのだがこの有様。薄い、薄すぎて地面が見えていたりしてるし、それに伴って色も。まさか人に踏まれ続けてこんな事に??

平泉寺白山神社


ようやくあった少し苔が素敵なところ。でも以前はもっとふっかふっかだった。

平泉寺白山神社


平泉寺白山神社本堂の狛犬さんは、こんな風に子狛犬を連れている。

平泉寺白山神社

1574年に織田信長側だった平泉寺白山神社は、大阪の本願寺の一向一揆勢に攻め込まれその兵火により正面45間という日本国最大の拝殿ともども全山が焼失。一部が10年後に再興されたが境内は元の大きさの10分の1ほどになり、多くの坊院は山林や田畑の下に埋もれてしまった。御本社は江戸時代1795年に造営され白山山頂の三山の神が祀られている。中世から近世には5社が立ち並んでいたそう。


やはり苔は薄く、前回来た時とは雲泥の差だった。今までは、春から晩夏にかけてここにお詣りしていたが、今年は初めて秋に来たから苔の状態が違うのだろうか?

平泉寺白山神社


ふかふかのところ発見。こんな風↓に全部が苔でふっかふっかだったのだ。

平泉寺白山神社

境内には、楠木正成公も祀られている。なんでも楠木正成の甥恵秀律師は平泉寺衆徒の一人だったが、彼の夢に騎馬姿の楠木正成が現れ、後に湊川の戦いで自刃して戦死した時と一致したことから菩提を弔うために建てられたのだとか。。。。こういう不思議な事ってありますよね。


本堂から登った先の境内一番上側に位置する小さなお宮の裏側は、こんな風に柵が設置されていて熊ちゃん除け? 木登りも上手な熊ちゃんの事だ。こんなの平気で乗り越えられるだろうから森にこれ以上の進入をさせないための人間除けの柵かな(笑)

平泉寺白山神社


この石段↓などは、1668年越前藩主松平光道公が奉納したものらしいでんな~。

平泉寺白山神社


熊ちゃんには出会わなかった。境内に入り鳥居をくぐった左隣に神札などが売られている昔の古い家というか社務所があるのだが、素敵なおばあ様がいつも対面してくれていたのだが、無人になっていた。神札などをとったらそこの隣にお金をおくシステムになったようで、田舎の無人野菜売り場が想起される。完璧人を信用している感しかない。屋内から音がしたのでおられるもよう。もしかしたら熊ちゃん対策で隠れているのかも?それとも早朝過ぎたのかな?


平泉寺白山神社は、室町時代の最盛期には全山石垣で囲い、砦や堀も備え、48社36堂6000坊の院坊、そして8000人の僧兵がいた。これがその名残↓で、”六千坊旧跡 平泉寺塔頭天台宗顕海寺” と立札がある。今は人の影すら見えないが、平泉寺白山神社といえば当時の日本での最大規模の宗教勢力だったんですよね、この石垣や建物を見ているとその様子が目に浮かぶようだ。国の名勝、天然記念物となっている断崖絶壁の東尋坊も、ここにおられたお坊さんの名前ですしね。

平泉寺白山神社


詣でる人が増えたからか? それとも秋の名物なのか?屋台が2店も出て営業開始の準備していた。そしてサポーターっと書かれた上着を着た何人もの人が大きな音を出す熊除け鈴をつけ掃除に集まって来ていた。しかし熊除け鈴ってあんなに音大きいんですね、びっくりしたわ~。ドヤ顔でバッグにつけてみた100均のファッション鈴では・・・(笑) 葉が綺麗に染まっていて、朝の光と色とりどりの紅葉が美しく感動。

平泉寺白山神社

衝撃を受けたのが、【滑走路を横切ったクマ、旅客機に衝突して死ぬ 米アラスカ州】 CNN.co.jp 2020.11.17 Tue posted at 09:35 JST配信 によると、滑走路に着陸した旅客機がヒグマ2頭に衝突し死なせてしまったと。あー、可哀想すぎる事故死だ。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments