お盆あれこれ


お盆の時期になると店先に並ぶ数々のお供えグッズ。写真のような ”お供え用野菜詰め合わせセット” みたいなものから ”おもちゃなんきん” とか ”ハスの葉” とかあとは ”落雁” とか。一応、お盆の時期は、地獄の蓋が開き、どんな階層の霊でもこの世を訪れることが出来る、って事になっているので様々な御供え物をして歓待、慰労をするのは人情というものだろう。

お盆

上の写真のくるくる巻いてある筒みたいのは、ハスの葉(模造品)との事で、紙製だった。


まぁこういったお供えセットなりを買って、この世とあの世を行き来する時の乗り物としての精霊馬をちゃんと作るのは、自分が訪ねてくる霊だとすると心がこもっていて有難く感じるだろう。しかしネット人口が増える事により凝りに凝った精霊馬の姿も見えるようになり、日本人の芸術性の高さに感心してしまう。ほんの一例だが、作品写真をお借りした。

えっー、非常によくできた作品である共に、愛情深い御方のようで 御先祖様が安全に帰還できるようにとの願いを込め、耐久寄りの龍 をご作成なされたとの事。

精霊馬2020


こちらの御方はハイテク飛行機を御作りになられた。最新型のハイテク飛行機で快適なこの世との行き来を御先祖様が楽しめる事間違いなし!の芸術作品。

精霊馬2020


こっ、こちらは猫さんですが、他のお出迎えの精霊馬さんと明らかに異色なので、『ワシの子孫が寄越した迎えじゃぁ』 っと他の精霊馬さんと間違えることなく乗猫することが出来、確実に家庭訪問してもらえる事が確信できる芸術作品ですね。

精霊馬2020


なかなか筋肉質のような感じがうかがえ脚力がありそうなので、途中でへたることなく駿足で駆け抜けて早く到着できる気がする作品ですね。赤い鞍に情熱を感じる事もできる芸術品。

精霊馬2020

と、このような素晴らしい芸術作品を見てしまうとご先祖様に立派な乗り物を!! っとまではいかずとも、せめて割り箸でもぶっさして乗り物作っておくか、って気になりますね。ご先祖様を大切に( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )


しかし、時々見かけるのが、こういった売られている野菜セットなどをそのままボンッ!!と仏壇なりにお供えしている光景。限られた時期にしかこれずこの世への旅行を楽しみにしていた階層の霊が来たじょー!って思ったら。。。。茄子やピーマンや薩摩芋、おそうめん とかは調理しないと食べられねー。見せつけるだけ見せつけられてなんなんだよぉ~!って私が霊だったら思うかも。

お盆


桃やリンゴやキュウリやお菓子はなんとか食べれるからいい。でもさぁ、メロンはむいておいてくれるかナイフをおいてもらいたい。羊羹とかゼリーとかケーキやおはぎは、お箸とかスプーンとかフォークとか必要だ。ないならせめてウェットティッシュくらい置いといてくれよぉ~。

ハスの葉は上に乗って楽しめるからいいとして、お花とお線香は心安らぐから有難いし、ホオズキは、霊が家に帰ってくるときの目印になるとか言われているが、玩具としてはしけるけど未だ遊べるからいいが、紙製のハスの葉(模造品)を飾る時はせめてペンとか色鉛筆とかを一緒に供えてせめて落書きができるように配慮してもらいたい、と希望する。せめてプラスチック製のハスの葉(模造品)だったら楽しいかは別として ぶんまわしたり、その辺ぶっ叩いて遊ぶことが出来るが。


そー思わない?? って子どもに語ったら、んんーーー。。。。そうか??? と苦笑いしつつも非常に理解してくれたようでw どうやら私の時は盛大なるお菓子やすぐ食べられる物がお供えしてもらえるもよう(*`艸´)シメシメ ...

こちら↓は、お供え用ドライフルーツセット。写真がボケボケで残念なのだが、複数種類のドライフルーツでお花が形作られている。これは人気商品のようだ。あとは、ドライフルーツの味だな。下手なドライフルーツを買うと薬品臭いのもあったりで食べれなかったりするんですよね。

お盆



えっー、しかし虚構新聞の記事によりますと、
==引用ここから==
【精霊馬の乗馬率、過去最低の0% 帰省控える動き 】

(略)例年はどの便も乗馬率200%を超える混雑ぶりだが、新型コロナウイルスによる外出自粛の流れを受けて、今年は全便ほぼ空席の状況。Uターンで利用される上り方面の特別便「精霊牛」の乗牛率もほぼ同様で、538年の記録開始以来、最低記録更新はほぼ確実だ。

下界での感染再拡大を知って、精霊馬の予約をキャンセルしたという盛岡藩出身の男性(271)は「子孫からも『絶対に帰るな。浄土1号はニュースだけではすまない』とくぎを刺されました。ウイルスを持ち帰って穢土にするわけにはいかないので、今年は我慢して来年2回行きます」と話す。
==引用ここまで==

だそうで、コロさんの影響はお盆のご先祖様のご訪問にも影響を与えているもよう( ̄□||||!!

そしてやはりこの世でも、2メートル以上離れて遊ばんといけんし。

三密

コロたん凄いね。っと、思ったが確かにコロたんも凄い! でもねぇ人間もなかなか凄い! 何が凄いか? 最近感心したのが、

Zwiftのバーチャル・サイクリングを使ったバーチャル版ツール・ド・フランス。サイクルトレーナーに設置した実際の自転車を自宅などで漕ぎ、心拍数、ペダル回転数、スピード、ワット数などをリアルタイムで計測され、サイバー空間内に構築された3Dバーチャルコース上を自分のアバターが走る。

サイクリストが生み出すワット数を元に、傾斜や風圧等を考慮し、実際走っているスピードを計算し画面上に再現。更に、負荷装置を使いZwiftのコース内の傾斜によって、足にかかる負荷が重くなったり軽くなったりしたり、Zwift内でのスピードに合わせて風の強さが変わる扇風機や、前輪を浮かせて傾斜を再現する機材も登場している。これなら一か所に集まらなくても競技ができる。世の中、頭の良い人がおられて本当助かります!! 今後が楽しみだ。ソースはここ

↓もしよかったら押してね↓ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments