加速


【ぺパたま】 っていう ふりかけ 見つけたので買っておいたのをいい加減、食べてみることにした。

ぺパたま

これ美味しいね。のりたまふりかけ とかの優しい感じではなくちょいとブラックペッパーの刺激がある。ちょい悪気分を味わいたいときに(笑)

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*

「近頃、時間が過ぎるのがやけに早い、時間が加速している」 等と言う人が結構いて、不可思議な物体が空を飛んでいるのを目撃!とかも相まってか、静かなる天変地異の危機感を語るどこか怯えて見える人たちとも出会う。 かくいう私も一時期は、時間が加速していると体感していたが、

比較的手がかからなくなった上の子たちと年齢をちょいあけて末子を出産し、再び仕事を大幅に減らし子どもと遊んで暮らすのをメインの生活にした時には、再び時間がとってもゆっくり感じられるようになったのを記憶している。要は感じ方、体感時間というものか。


時間が加速という何やら不可解な不思議現象やらのことは知らんが、一つだけはっきりしていることは、月と地球の関係から生じている潮汐力。地球と月の距離が場所により微妙に距離差があり引力差が生じる事から潮の干満が起こるわけだが、それが海底に摩擦を生じさせたり、また、温暖化などにより氷河が溶けることによる海流の変化なども地球の自転速度を微妙に遅くしていく結果を生じさせている、という事。逆に巨大地震などの地殻変動で自転速度が速くなった例も観測されている。宇宙は繋がっているから他の惑星なども影響するだろなぁ。


現に閏年までいかなくてもプログラマがめんどくせーと思う閏秒などで、1972年から2019年までに27回、計27秒が追加調整されている。つまり時間が長くなった。単純に考えるとこれにより、昔々は地球の一日の時間が今よりも短かったことや、未来は今よりも地球の一日の時間が長くなるなどが想像できる。


実際には一日の時間が微妙にではあっても長くなっているのに何故、時間加速を感じたりするのだろうかなぁ。

初めての道を通って目的地に行く時と二回目三回目と同じ道を行く時では体感時間がまるで違う事や、幼い頃は時間がゆっくりと感じられていたが大人になると時間瞬く間に過ぎるように感じられるのは、知識と体験からなんとなく先が見えている中を生きているので、幼い頃のように何もかもが新しくて新鮮で初めて出会う様々な新しい発見や感動やワクワクするような高揚感や好奇心などが少なくなっている、からそう感じるのかなぁとも思うが、

一方で、幼い頃でもふと気づくとあっという間に夕暮れになっていた! などもあるし、大人になっても楽しい時間はあっという間に過ぎていくように感じる。なんか先に言った事と真逆な事を言っている気がするところが我ながら失笑だが。


しかし休むに休めなくて強烈な薬を飲んでふらふらで仕事に挑み肉体面であちこち苦痛を感じながらでも あっという間に時間が過ぎるし、疲れ切って眠って目覚めたらこんなに時間経ってたの! っと驚く などの体感時間として時間が加速していると感じる事もある。これは楽しいとはちょっと違う状況なのになぁ。。これまた先に言った事と真逆な事を言っていて我ながら失笑だ。

っと、要するに体感時間についてはようわからんww


人間的にも信頼できるとある知識人の方なども 時間加速中!! と言い続けているので、本当に加速してんのかもなーーー??っとも懐疑的ではあるが思ったりもしている。理解しようとすると、多分、昔は旅人のようになって月日をかけて移動していた場所へ今は短時間でひょいっと移動できるし、誰もがインターネットを使う昨今では万人が地球の裏側の情報ですら瞬時に手に入る世の中になっているのでそういう意味では時間の加速、と言えるだろう


地球人が地球よりも重力が弱い月や木星などに行けば時間が早くなるし、特に重力の強いブラックホール付近では時間の進行がほぼ止まる。面白いのが、時間の進みが遅くなるとか早くなるとか言っても、動作が機敏になったり緩慢になったりとか思考や受け答えがキレッキレになったりノロノロになるとかではないところがまた愉快に感じるところなんだよなぁ。インターステラー なんかではその辺の時間軸が分かり易く描かれていて興味深い映画だ。

要するに何が言いたいのかは自分でもよくわからんが、やっぱり時間は相対的なものだという事を再認識した。 

↓もしよかったら押してね↓ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments