疑惑


夫に郵便局から封書が届いた。なんでも、取引内容や状況等に応じて、定期的に確認を行っているんだと。こんなん届いたことないぞ。夫も ????? っとなっていた。で、 期限までに回答しないと口座取引を制限することがある、とちょい怖の文が。夫から任され各種金融口座を実際に動かし管理し、夫の稼いだ金をドヤ顔で使っているのは私だw ついでに私の稼いだお金もドヤ顔で管理しているのは私w

在留カード番号記載しろと


他の銀行や証券会社からはこのような手紙などもらったこともない。今回のこの ゆうちょ銀行口座が初めてだ。しかも 記載例 としてもう一枚の紙に印字されていた国籍はなんと!中国。

在留カード番号記載しろと

なんかこれ、外国人だと思われてません? 国籍、在留期間満了日、在留資格、在留カード番号 について記載を促されている。が、夫は正真正銘の日本人だ。なっ、何故????



そういえば以前、夫が仕事でカナダに行った時、一緒に行った数人の仲間は即OKで空港の入国審査通ったのだが、夫だけ少し遅れて降機しまだそこに向かって歩いている時に突如3人の職員に 「You are korean! You are korean!」 と連呼されながら銃に手をかけいつでも撃てる態勢で囲まれ、<ここからは日本語で記述します> 「日本人です」 と言っても信じてもらえず 「いいや、お前は韓国人だ、韓国人だ!」 と連呼され続けたので、パスポートを見せた。

ら、今度はパスポートを訝し気に眺めながら、 「韓国人なのに何故、日本のパスポートもってる?」 と言われる始末。 「日本人です」 と何度言っても信じてもらえず、「お前は韓国人だ! 嘘言うな!! 日本人のパスポートを何故持ってる!? 偽造だな。」  と、銃を構えた複数人に囲まれ尋問をされ続けた。

カナダに入る直前までの1年数ヶ月の間に、東南アジア数国、ヨーロッパ数国、アメリカ、と仕事で立て続けにはしごして忙しく飛び回っていたので、どんだけいろんな国を短期間の間に回ってるんだよっと怪しまれたのかなぁ???? って思ったそうだ。そしてカナダは生まれて初めての訪問だったので信用もない。ついに、


「入国目的は?」 と聞かれたので正直に答えると、 「はぁ????? 嘘言うな!」 と今度は銃を構え直し両脇から2人に腕を掴まれ一人はいつでも発砲するぜ意志をみせられ、一向に埒が明かず。。。。一緒に行った仕事仲間で頻繁にカナダと日本を行き来しているカナダは第二の故郷です♪みたいな人2人が、後方の通路途中で足止めされているのに気づき、駆け寄ってきてくれ 身元証明説明してくれ、職員さんたちはどうも納得いかない様子で渋々解放してくれたが最後の別れ際まで首をかしげながら 「あいつは韓国人だ」 と言っていたという。。。

そのカナダは第二の故郷です♪みたいな人曰く、 「〇〇さんは、とめられると思ってた。やっぱ止められたかぁ。」 と言っていたそうだ。


生まれも育ちも日本人で日本国籍なのだが、どうやら顔の特徴が、いわゆる チョン顔 ってやつ? 韓国人の顔の特徴がいわれてみると確かにあるといえばある。かなりショックだったようで 「もしかしたら先祖が背乗りしたのかもしれない。。。」 とかなり落ち込んでいた。あまりの落ち込みように 「背乗りしたら日本人でしょ♪」 と言っておいた。。。怖ぇーーーーー!! そもそも 背乗り とかが起こっていること自体が異常事態であり、背乗りなどの物騒な単語が普通の一般家庭で飛び出し、普通の一国民がその意味が分かる日本はかなりヤバイ状態だと思うのだが。。

っと過去にそんなやり取りがあったのだが。。。今回のこの手紙を見、またかぁ。。。みたいな感じでちょっとショックを受けている様子だった。

しかし、在留カードなんて持ってないしなぁ。

在留カード番号記載しろと

そして、裏面は英語なんだけど、こちらは 回答期限が書かれていないようにしか見えないのだが。。。。日本語が読めない人は、のんびりして放置していたら、いつの間にか口座凍結されていた、って事も考えられると思うのだが。。。日本語読めるか試されてるみたいなぁ。

とにかく、詳細に情報明かして期限内に返答しないと、口座ストップするぜ♪ ってことみたい。普通の使い方してただけなんだけどな。

取引

そして、外国政府等において重要な地位を占める者に該当するか答えろ!っというコーナーも設けられていた。

在留カード番号記載しろと

この手紙が届いたという事は、既に氏名と住所は相手に把握されている事がわかる。で、その中身が答えたからって別にどうという内容でもないのでそのまま返答しても差し支えないだろうが、一応、本当に郵便局が送ってきたのか、確認することにした。詐欺師に変に悪用され巻き込まれるのは面倒なので。

送られてきた書面等に記載されている電話番号やネットで検索した電話番号などは既に詐欺グループが対策済みで、詐欺師に電話し詐欺師が答えるという事も考えられるので信頼できる馴染みの郵便局に直接聞きに行くことにした。


で、探偵気分でどこかウキウキしながら顔なじみの一番近くの小さな郵便局に行き、窓口で見せて聞いたら、どうやら分からない様で、ついに!ナンバー2の地位の職員が対応してくれ、丁寧に精査してくれ 「本物!!」 とお墨付きをもらった(笑)


今年の4月から始まったそうで、口座の使い方とかでマネロンとか犯罪に巻き込まれていないか調べているんだと。要するに何か知らんが口座の使い方で怪しまれたって事だろーーーー。何が怪しいのか意味わかんねーーーーwww

あー、良かった、これで安心して返答できるわ~。探偵気分で面白かったわ~。まぁ、実はこの職員も以前から詐欺グループの一員だったとか、仲間に落ちた、という事も考えられなくもないがww まっ、この辺でやめとこうw

↓よかったら押してね↓ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments