所詮理想論だった


ホームランバーひと箱で6ポイント当たったよ~。微妙な当たり具合でポイントを無駄にしないようにと思うと、ホームランバー購入輪廻から抜け出せなくなる。夏の間にもう1箱くらいは買いそうな予感。バニラデザインで応募したよ~。当たるといいな♪

抽選 ホームランバー

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚ ・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*

レオナルド・ディカプリオ主演の2010年の映画 ”シャッターアイランド”  ロボトミー手術が行われていた時の、島に作られた事実上の閉鎖精神病院での精神病患者目線から描かれた映画。伴侶がヤバイとマジ人生変わっちゃいますね(--;

精神病患者さんの見ている 住んでいる世界は、その人にとってはその世界が真実。周囲から見ると、荒唐無稽で現実とはまるで違う妄想の中に住んでいるとしか見えなくても、その人にとっては自分の世界で懸命に精一杯生きているだけで何ら悪くもないのだが、

社会全体の利益、大多数の人の幸福を考えると、突如、精神錯乱したりして危害を加える危険があったり、妄想はげしく周囲を振り回し実生活に影響が出たりすると、 変だと気付いた家族などが病院に連れて行こうとしたり、強制的に入院させられたりとなるが、それは御本人にとっては凄い恐怖なんだろうなぁ。誰もわかってくれない孤独の中、親しい身近な人まで敵になり社会から襲撃されている感じに思うケースも多いだろう。

嘗て大人しく扱いやすくする為に行われていたロボトミー手術なんかは、掻き出した脳を元に戻すことは出来ないし、生きた屍のようになり自分が自分じゃなくなるようなものだから死刑執行されるみたいなものだっただろう。


性犯罪者が再犯を繰り返すことが多い、というのも自己抑制が効かない、という事から精神疾患みたいなものだろう。社会的にみて性犯罪は悪いもの、とされているだけでその人にとっては逮捕されるのも理不尽だ、と感じている可能性も高い。まぁいろいろなトラウマから女性に復讐をしているケースもあるようだが、社会の利益、大多数の人の幸福を考えると逮捕されるのも、GPSつけられるのも、はたまた去勢手術の話も出ているが、それも致し方ない事なのだと思う。

本来なら精神疾患として治療したほうがいいんでね? って思うあらゆる依存症、DVしかり、性犯罪しかり、アル中しかり、ギャンブル等々で周囲を巻き込んでいる人は、自分の見ている世界だけを尊重し大切にしていて、相手にもその人の世界があるのだ、という視点を持ち合わせていない事が多い、と聞く。相手からの視点がまるでかけているんですね。そこから脱却するには、相手にも相手の大切な世界、人生がある事を認識し、そして相当の覚悟を持って自分自身と向き合い受け入れ認め癒し大変な道のりのようだ。


皆が自由に生きれるといいな、って思っていたが、それは叶うことのない幻想なのだ、と気づいてしまった感じ。いろいろな人と一緒に生きるって予想以上に大変な事なんですね。誰かが犠牲にならないと平和と秩序は保たれないのか。。。そもそも平和、っていう漢字に全てが表れているよなぁ。平らじゃないといけないんだよね。。

平和って誰かの犠牲の元に成り立っているものだったんだなぁ。心が痛い。

って、思ったが、そもそも人間が生きるには、他者の命を捕食して生き延びるしか道がない時点で、皆が自由に生きる,なんてのは単なる綺麗事でしかないわなー。キリスト教ではそーいったことも含め ”人間は、生まれながらに原罪を背負った存在 だ” な~んて言っていますが、もとはといえばそーゆーシステムにしたのは天地創造の神、お前だろーーーーーーー!!(怒)(怒) 人に責任なすりつけてんじゃねーよっ!ww あー、私、カトリックで洗礼受けてるんだった(¬w¬*)ウププ  反抗期かな?ww


フランスにも飛び火したデモの原因は、警察がアフリカ・マリ系の移民2世の青年に身分証明書提示を求めたら逃走したので地面に押し付けて拘束したら死亡、という4年前の事がフラッシュバックってことだが。。。何故、逃げる???? 普通に受け答えすればよくね??? 何をそんなに恐れている??? っと疑問だったが、まぁ渋谷でもアメリカでも職質から逃げようと抵抗したあの方々は、前科者だそうなのでまた閉じ込められる! っと警察アレルギーみたいな感じで逃げるのもわからなくもない気もする。痴漢冤罪で捕まりそうな時に、捕まったら終わり、と線路飛び越え逃げる人みたいな感じかな?? そー思うとなんか理解できる気もする。


どうしても相容れない場合は、棲み分けがいいのかも。っと思ったら、既に棲み分けしようと占拠したりし始めたようだが、何もしていない年老いた白人女性を平然と暴行し続けるようなあんな凶暴で気が荒い好戦的な人達が寄り添ってそこで仲間どおし仲良く暮らせるのかなぁ??? でもまぁ昔の国盗り合戦もそんな感じで襲撃とかだったか。

根拠を出し真実を語る黒人の学者さん達がおられる一方で、「最終試験では、黒人生徒全員に合格を与えるべきです!」などとほざき思うような返事を寄越さなかった教授を大学から追い出したりしている関わり合いたくないような嫌な黒人さん達もいる。肌の色とかじゃないですよね~! やっぱその人がどういう人か、それだけだよね~。

日本は、チャイナとの全面対決を公文書で宣言したトランプ大統領 率いるアメリカとがっちり手を組もう!!

↓よかったら押してね↓ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments