アホ草


えー、では、本日は、”玄関を抜けると、そこは山だった” みたいな所の 第二弾!のお届けで~す。今日は特に爽やかな朝だったわ~。層積雲ってやつかな?

青空


お次は、層雲と層積雲のコラボとでも言っておけばいいのでしょうかね? 違うか!?
もうボロが出無い内にさっさと雲の名前を言うのをやめた方がいいのでしょうか?ww

青空


って言う事でもう黙ろう。なんとも面白く美しい空だったわ~。

青空


これ↓は逆光で見えずらいんだけども、この向かい合わせの様な2本の木は、上部が切り倒されたのにも関わらず、どんどん大きくなってきた生命力あふれる木ちゃん。もうかなりの大きさで2階建ての家もゆうに超すくらい。徹底的に枝も排除され何一つ残っていない中、新枝が出て新緑の眩しい葉がゆらゆら風に揺れている。これから更に大きくなること間違いなし!

青空


==引用開始==
非正規女性、窮地に コロナ禍、弱い立場鮮明 給与補償受けられず/職業への差別も露呈
北海道新聞 5/9(土) 6:31配信

(略)非正規労働者の7割を占める女性は、休業に伴う給与補償を受けられないなど不安定な立場に置かれ、夫の「補完的」な収入と扱われる根深い性別役割分担の意識にも苦しむ。セックスワーカー(性風俗従事者)への差別や偏見も露呈するなど、女性と労働を巡る問題は深刻化している。

(略)多くは小さな子供や高齢の親を抱え、家庭では子育てや介護、家事に追われる。休憩時に「家族に感染させたらどうしよう」と打ち明け合うが、仕事場ではみんな口をつぐむ。辞めさせられたら途端に「生活が行き詰まる」からだ。

(略)デリバリーヘルス(派遣型性風俗店)で働く札幌市の女性(37)は言う。「芸能人も社会も、風俗イコール底辺、転落ってみてるんだ」(略)そんな国も、見下す芸人も、性風俗で働くことを「転落」と断定して芸人を批判する社会も、みんな差別的だと思う。
(ジェンダー取材班)
==引用ここまで==


一言で感想を言うと、アホ草 の一語に尽きる。何か気持ち悪い違和感を感じる。

非正規労働者になっているのは己の選択の結果だろう。この記事を読むと、”家庭で子育てや介護や家事に追われる身” という事だが、そういう状況下では正社員としてフルで働くのは難しいから、非正規労働者としての働き方を選んだのだろう、と思う。会社が正規労働者を大切にするのは当然の事。それを分かっていながら、自分で非正規労働という地位を選んでおいて、比較的自由なそのメリットを享受している時は何も言わないのに、このような時にだけ文句を言うというのは成人した大人の言だとすると正直キモイ。保護されている甘ったれた子どもの言とリンクしてしまう。

またもし仮に、正規労働者になれなくて非正規労働者としてしか働く道がなかったのだとしても、それはまぁ己の人生の戦略ミスの結果だろうなぁ。「家族に感染させたらどうしよう」ってのは、皆誰もが思っている事だよなぁ。だよね~、心配だよね~、私も、って皆答えるような気がする。

子育てや介護や家事に追われている身、という事は、何か突発的な用事が出来た時にこの非正規労働者の女性が休むなりして対応していた、と受け取れる。また家庭内では子育てや介護や家事の主たる役を受け持っていたのだろう。それはつまり、夫の「補完的」な収入の働き手であり、夫が収入の柱であることを意味している、よな。

”根深い性別役割分担” とやらはその夫婦のあり方、役割分担に起因していて、その結果によりその働き方を選んだのだろうから、それが社会のせい、とか 根深い性別役割分担と言うのはなんか違う気がする。夫婦の話し合いがうまくいかない不満の仲裁を社会に訴えている、と映る。そもそも、

”~だから” とか ”~のせいで” とかいう人は基本的に信用しないようにしているし、極力関わらないようにしている事をここに告白する。この場合は、”女性だから” だが、”~だからこうなった” 等という人は、基本的に信用できん。本当に ”女性だから” 今の状況になったのか???


また、風俗イコール底辺、転落 って例え思われたとして、それが何か!?ww って感じなんだけども。皆私の事、尊敬して!偉いって言って!って望んでも皆あなたの親じゃないんだよなぁ。底辺とか転落とか思う人には勝手に思わせておけばいいっしょ。周囲から 素晴らしい!素晴らしい! って思われたい、っていくら思っても、総理大臣になろうと大企業の社長になろうとギャンギャンギャンギャン文句ばっか言われてんなー(笑)

まぁ多分、自信がないから人からどー思われるとかを基準にして生き、それが思うような称賛じゃないからなんだろうけれども、嫌なんだったら、自分が納得できる職業に就けるように努力して這い上がり自信を持てる生き方をするのみだよなぁ。元ミス学習院AV女優 結城るみな さん なんかもいるけど 底辺、転落 とかそんな事思ってないよな~(笑) あぁタレント業とサービス業の違いってことか?


プレジデントの ”ビックデーターで大真面目に解析した!” という山口慎太郎氏の ”結婚したくでもできない理由を探った” 解析記事によると、”辞めさせられたら途端に「生活が行き詰まる」” とか ”家庭では子育てや介護、家事に追われる” ような相手との結婚を望んでいる女性はほぼいない、という事が分かる。つまり上記の女性は、特殊な事例という事なのだろうか?

統計
結婚相手に求める条件
《男性》
1位=家事・育児能力
2位=容姿
3位=経済力

《女性》
1位=家事・育児能力
2位=経済力
3位=容姿

なんか面白い結果ですね。男女ともに容姿を結構重視していますなぁ。まぁ生まれてくる子どもの容姿にも関係してくるわけだからなぁ。ただ、美容整形の病院や科って思った以上に沢山あるんですね。という事は、それだけ美容整形している人がいるという事だよなぁ。っとなると今現在の容姿では生まれてくる子どもの容姿が想像できないって事になるわけだ。子どもが欲しい人は今後、整形の有無を結婚前に興信所などで調査するのが一般的になるかもしれんなー。


ここまでグダグダグダグダ、ネチネチネチネチ言って何が言いたいかというと!! 北海道新聞の上記記事の下にわざわざ (ジェンダー取材班) って得意気につけているけど、こういう記事を配信している事自体が、ジェンダーフリーとか女性差別とか言ってる人って何かなぁ~、なんか違う気がする、なんか関わりたくない。。。。。って思われる元凶だという事にいい加減気づいた方が、いいかと思う、って事(--; あぁそういう事? 男尊女卑までいかなくても家父長制みたいのが好きな人が、男女差別とかフェミニストとかいう人達をわざと貶める為に配信してるって事なんだろーか(-_-)ウーム


生活保護受給、急増の兆し 困窮者への早急な支援急務
KYODO 5/9(土) 17:36配信

利益あがっている企業や人の税金あがるんだろうなぁ。どっちにしろ全体がダメになってきたら今なんとか儲かっている企業もいずれ一緒に落ちてくよなぁ。そんなにしてまで、そんなに新コロちゃん新コロちゃんって大騒ぎすることなんかいなー。

まっ、デービッド・アトキンソン氏の言う通り、”5期以上納税ゼロという会社に補助する必要はあるのでしょうか” ってのは 確かになー、って思うけどさー。中小企業潰して大企業だけにするってのが真の目的なんかいなー。だとしたらまどろっこしいやり方だよな。

↓よかったら押してね↓ 
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments