悪魔派


家の近所でも昨日、桜が開花。折角咲いたのに雨ーーー!! 青空の下で桜を愛でたいな♪

で、歩いていたら不思議な光景が!! 枯草がまきついて意味不明物体と化した木の枝にビニール傘がかけられている。手前の緑の雑草の先は急激な崖。崖から落下したら確実に死ぬなっていうかなりの下にある地上からここまで大きくなった木。

ちなみに崖上の手前の緑の草の端からあの木の枝までは 崖なので数メートルの空間があいており、手が届くどころか傘だけ枝にひっかけようとしても無理な距離で、しかも安全に到達するのはまず無理って立地。一体だれが何の目的で、そしてどうやってあんな人間がぶら下げる事ができないあんな地点に傘を置けたのか。。。これはミステリー現象としか思えん。。。(゚△゚;ノ)ノ

不思議


元フランス外交官の方のこんなツイートが↓ 

コロナ自粛 独り言

あまりの数に対応しきれず精神科医が正常の基準を変えたという事か?? ずっと一人きりだったりすると独り言を発するようになり、そうなるともうヤバイ! とも聞くが、今はネットさえ通じれば世界中のいろんな人と直接話すことも出来るし、発声はせずともTwitter等でいくらでも会話できるのだから楽しめばいいのになぁと思ったが、あまりのご高齢で使う事にハードルが高すぎたり、新しことを始めるのにものすごいストレスを感じ一歩踏み出せない人もいるのだろう(-_-)ウーム

しかし、 ”壁や植物に向かって喋る行為は正常” だと冗談ではなく真面目に思う人も世界には一定数いる。そう思うあなたは出来るプログラマなのかもしれない。あっ、それ ラバーダッキングだよね~♪ よくやってる~♪ みたいな。ラバーダッキングによって思考を整理しクリアしプログラムを組んでいくのだ。身近にいる世界でも有数なプログラマ曰く、「話していると ぬいぐるみ が話しかけてくることもあるよ~」 との事(^^;

まぁラバーダッキング自体は、カウンセリングの傾聴や繰り返しの技法とセルフサービスなだけで同じような感じだね。


しかし、外出すると殺人罪と同じ扱いを受ける国も出てきた事から、世界は引きこもりに向かっている。もともと神はひとりぼっちだったとも言われている。それで寂しくて自分に似せて人間を作ったと。引きこもりにむかっていく、という事はもしかしたら人類は神に近づいていっているのかもしれない。私、個人的には引きこもるのは全然大丈夫だ、没頭して時間が足りないくらいだし。しかし私は神ではなく悪魔派なんだよなぁ。。。

黒地に黄色や赤の文字で ”神と和解せよ” とか書かれたなかなかショッキングな看板を見かけた記憶があるが、私は神とは和解できそうにない。契約をきっちり履行する悪魔との関係の方がすっきりはっきりしているし安心する。嫌ならもともと契約を結ばなければいいのだから単純明快である。そう思うと今は悪魔の時代なのかもしれん。

一方神はどうだろうか? 何も契約すら結んでないはずなのに、こいつ気にくわねー嫌いだわー、てなだけで、有名どころでは気に入ったノアさんやらだけ残し、一気に洪水で人間や動物を殺してリセットしてみたり、 ”逃げる途中は振り返るな!” とか ”善悪の知識の実だけは食べてはならない” とか言ってわざわざ人を試すような、罠にはめるような事をしてみたりして、振り返った人を塩柱にしたり、苦痛を味合わせてやるぅヽ(`⌒´)ノムッキー!! っと楽園から追い出してみたり生殺与奪権を握る者の趣味の悪い遊びみたいだ(--; そうか、神の時代は戦国時代なのかもしれん。

聖書では悪魔が殺したのはせいぜい10人程度、神が殺した人数は2千万人ではまだまだ少なく3千万人を超す。そして気分や感情も含め己の胸先三寸で一方的に生物を殺す神よりも、きっちり契約さえ守っていれば怖い事してこない悪魔の方が好みだ。故に私は、悪魔派だ。

↓もしよかったら押してね↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments