やっぱユダヤの血が!!


【発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く/田中英道著】この本、かなり面白かった。自分の中でもやもやしていたのが繋がった感じ。日本について無知だったなと土台がぐらっと揺り動かされたような気がした。

発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く/田中英道著

”現在、日本に多く在住しているのは、○日といわれる朝○人たちと中○人たちです。” がまず衝撃だった。事実なんだけども・・・・あらためて言われると(--; 江戸時代以来、同化し永住した彼らは日清戦争や朝鮮併合を機に日本人そのものに敵意をもつようになり、自分たちが日本の文化を支配してきたという先入観を植え付けるように働き、戦後になって日本文化は朝鮮・中国文化から作られた、との固定観念を植え付けるのに成功。

古墳の数や分布や出土品、人口密度や史料などから、日高見国、高天原の位置。天孫降臨の真の意味。大倭日高見国について。大和国の勢力が日高見国の存在を意図的に残さなかったのか。東大寺・正倉院に何故、中国、朝鮮の物よりも西域の物の方が断然多いのか、雄略天皇を取り巻く背景、新撰姓氏録の皇別、神別、のくだりも興味深かった。

ちなみに日高見国と検索するとWikipediaに ”日高見国は、日本の古代において、大和または蝦夷の地を美化して用いた語。” と書かれている。美化!?美化!?ざけんなー!!これこそがまさに変な固定観念を植え付けるのに成功したってことなんかい! みたいな感じでイラっときちまった。

ユダヤ人の特徴を持つ顔の私は、秘かにそれを誇りに思っていた。いや、秘かにではない、得意気に自慢した事もあったw かっけーだろ、どーみてもユダヤの血流れてんだよ♪とかw この本にも書かれているが遺伝子のくだりでもやっぱりなっ、と更なる確信が生じた。

世界の中枢を握っているのは全てユダヤ人!みたいな~、賢い民族って感じで、格好良い印象しかない。ウェーイ♪ が、この本を読んで一つだけプチショックを受けた。暴力的に力で物を成し遂げる大陸的な考え方がユダヤ人にあるというのだ。。。。ちょっとショックをうけたが、なるほど、と納得した。一見、温厚そうに見せてはいるが、奥底に潜む荒ぶる燃える激しい魂はそれだったのか!みたいな。うーむ。ちょっと厨二病チックだったかw

なぁ~んかすっごいロマンチックなんだけどもぉ群馬県が何故、群馬県と呼ばれるのか、群馬県人も知らない謎解きがこの本に載ってるのよ~。群馬県人は特に必読の書みたいな~。あと問題になっているアイヌについても載っていたなぁ。

↓もしよかったら押してね↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments