恐竜と私


何故か物欲が生まれつき貧弱な私。

これ系の事での悩みの最初の記憶は3歳の時、サンタさんに送るから欲しい物を手紙に書けと促されたが、何一つ欲しい物が思い浮かばず非常に困ってしまったのを記憶している。幾ら頭をふり絞っても欲しい物が出てこない。。。結局欲しい物が何もなく困り拷問になっていたところを「お揃いのお人形頼もうよ」とか言われたのをこれ幸いと、サンタに手紙を書くノルマをこなしたそういう記憶しかない。好きな物を買ってあげるから選べとお店で言われても何も欲しい物がなく結局言った側が選んで与えられたりしていた。

プレゼントを貰ってもその気持ちは嬉しいがどこか微妙に好みと違くて、これかぁ微妙に違うんだよなぁっと内心ガッカリすることしかほぼなかった。好みが煩いのは自覚している、私にとってお金を払って手に入れようとまで思う物はまさに運命の出会いに匹敵する奇跡的な出来事なのだ。

物欲の他にも、自分は異常なのではないかと一時期真剣に悩んだ事は、小学校高学年にもなると 好きな異性が誰しもに出来てその話題で盛り上がる。当然に「好きな人誰?」と聞かれるのだが特に誰も好きではなく嫌いでもない。皆、好きな人がいるのに自分だけ誰の事も特別に好きだとか思わない。。。変なのではないか、異常者なんじゃないか、と真剣に悩んだ。何気に母に呟いてみたら「その内、魂が震えるような素敵な人と出会えるから大丈夫」と言われ安心したのを覚えている。その後も恋人にするくらい好きな人なんてそんなゴロゴロいるわけもなく、まさに”出会い”だよなぁとしみじみと思う。

しかも極秘情報として語ってくれた親しい友人曰く、「消去法で選んでやっと好きな人決めた」 との事だったので、誰誰が好き♪という風潮にのる為に涙ぐましい努力をしている人もいるという事を知ったのだった。なんか変なの~と思いながらも消去法で好きな人を無理やり捻出し周囲に馴染むという気持ちはわからんでもなかった。


物に関しても今でもそうで、便利そうだなとか可愛いなとか良いな欲しいかも、っと思うことはあっても実際購入までいたるのはほぼない。必要最低限の物だけで十分だしその方が手入れも掃除も管理も楽だ。要するに面倒くさがりなのかもしれん(--; 時間と空間が好きだ。時には服や小物など可愛いからと心動く時有るが人間なんていつ死ぬか分からないのにそんな大量に抱え込んで死んだら捨てることになったら勿体ないし残された人が手間だろうと思うと身体は一つしかないしそんなに物要らないやっとなる。

現に家には飾り物など掃除が大変になるだけだから置かないし、食器も必要最低限の物しかない。

そんなんだから誕生日近くになると欲しい物を必ず聞かれるが、元気でいてくれれば とか 自分の人生を楽しんで生きれくれれば とかそんな抽象的な言葉で返せざるを得ない。

夫には 「一年間の変わらぬ愛と平和が欲しい」 と毎年答え更新しているので、真面目で誠実な夫は、メールや電話も含め接触する度に、「愛してるよ」 と言ってチヤホヤチヤホヤ御姫様あつかいし続けてくれている。非常に気を使ってくれるし微妙な変化にも感心するほど気づくし悪い気はしない。 一日に何度も 「おはよー」 という挨拶かよっ!って思うくらい爽やかに「愛してるよ~好きだよ」と言ってくるw わざわざそれだけを言いに戻ってくることもあるくらいだ( ̄△ ̄;) まぁ結婚指輪とかすら「要らね」と買わせなかった私だ、余程愛に飢えていると思っているのかもしれんなww

そんな私だが運命の出会いがあった。その出会いは突然にやってきた。100円均一で有名なSeria(セリア)に付合いで立ち寄った時だった。特に用もないので店内散策をして待っている時だった。こういうのを一目惚れと言うのだろう。2度ほど店内を周遊してみたが忘れられなかった、ここまで心が揺さぶられるこんな出会いは滅多にあるものではない!やはりこれは買いだ! 二度と出会えないかも知れない、と悟り、購入した。それがこれ↓である。

光る恐竜グッズ セリア

【光る恐竜ワールドミニ】 幼い頃、恐竜図鑑に釘付けだった私は大人になった今でも恐竜萌えだというのも心を掴む大きな一因だったと思う。しかもこの子達は光る!! 帰宅し早速並べてみた。

光る恐竜グッズ セリア

可愛い!!可愛い!!可愛すぎる!! 可愛いーーーーーーーー(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

電気を消すと↓肉眼だともろ光って見える。が安価なスマホ写真ではこんな感じ。でもうっすら光っているんすっよ。

光る恐竜グッズ


この写真で光る恐竜ちゃんを見れた人は、怒涛の如くの幸運がふりそそぎ逆に幸運の渦に溺れないよう注意してください。

しかしようやっと出会った買うほど欲しい物が100均セリアにいたとは我ながら驚きましたな。セリアにKP(JK用語を使ってみた笑)

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments