個人的には”詰み”だと思ってる



安倍首相「少子高齢化に真っ正面から立ち向かう」

これは少なくとも少子化対策は正直言って無理があると思う。安倍総理大臣もホント大変ですね。


11月号のナショナルジオグラフィックに記載されていたが、クリスティーヌ・ラガルド女史の言
【教育を受けた女子は自分が男子と平等だと気づくでしょう。私たちの研究では、教育を受けた女性は婚期が遅く、出産回数が少なく、総合的により良い選択ができる傾向があるとわかっています。】 と話されている。

彼女は、フォーブス誌2018年”世界で最も影響力のある女性ランキング”3位!! という世界的に影響力のある女性だ。その彼女の言を聞いた巷の女性たちの中には、バカと思われたくない、無教養と思われたくない、お前は教育が不十分だったからより良い選択が出来ていないんだよ と思われたくないが為に意地でも結婚や出産をしない人も増えてくるのでは?(笑) んな事ねーか?w

自分で稼げ一人で自由に生きていく事が出来、男性の庇護の元にいなくても何ら困らない社会が実現している昨今において、出生率増加を叶えるのは正直かなり夢物語なのではないのだろうか。離婚も多いしシングルマザーも増加しているが、リアルに想像するとわざわざ子ども巻き込んでサバイバル生活を送るシングルマザーや未婚の母になるんだったら元々キャリアを一時期でも制限したり捨てたりせずバリバリ働き続け一人で生きている方が断然いいよなぁって思うだろうしなぁ。


それに昨今は世の中が世知辛いですな。

子どもを狙った誘拐や殺人など事件にはことかかないし、虐待増加により、乳幼児が泣いただけで虐待を疑われてしまう社会では(これは子どもの命に係わる事なのでそうなるのも仕方がない事だとは思うが)子育て中というだけで周囲から怪しまれ疑われる社会ってw、そんな中でわざわざ子育てしたい♪ なんて積極的に思う人そんなにいるだろうか???

それに、ニートの大きな子どもを抱えて苦しんでいる老親が巷にいるのなんかを見聞きしたりすると子育て怖っ!!って思う人が出現しても致し方なく思える。

しかも国民総動員法ごときの国民皆働け! 乳幼児預けてでも働け!! 保育園増やしまっせ!!っと専業子育て主婦が否定される風潮のあるこの世の中で、もしくは金銭的に働かないと生活がままならない人なども含め、保育園に入れ他人の手に育てさせ、子どもが初めて発する一語や初めて一歩踏み出す瞬間などを自分が一番最初に見れるでもなく赤の他人にただ金だけ出して保育園に預けて働く、そんなことしてまで子どもを持つことに一体何の意味があるのかと思ってしまう人もいるだろう。

”子供は三歳までに親孝行を終わっている” なんて言葉があるようにあの可愛い盛りの時期をただ金だけ出して自分で育てることなく人の手に委ね働かなきゃならないなんて。。。。ただただお国の為に産みたい!!なんて今時思うかぁ????? 私だったら育児休暇は最低3年は欲しい。

子どもは欲しい、でも育休なんてとってたら昇進に不利になる、と仕事を主体にして保育園に預けながらバリバリ働く生き方が好みの人には保育園増設とかは朗報なんだろうけれどもね~、そういう人ばっかりなんかいな~???

運動会の朝の打ち上げ花火が煩いとの苦情から花火打ち上げ自粛となったり、除夜の鐘が煩いと裁判になってお寺側が敗訴したり、保育園や公園での子どもの遊び声が煩いと慰謝料請求訴訟起こされたり、公園には 「声を出さないように遊びましょう」看板や「公園で遊んではいけません」看板などがたっていたりする世の中で少子化対策♪少子化対策♪と言っても(-_-)ウーム

私個人的には、もうつんでいると思っている。と言うよりも女性の社会進出が進んだ国では出生率が下がり滅亡に向かうのが必然の流れなんじゃないんかのう。。。発展途上国、最貧国の人達の遺伝子が蔓延し世界はその人たちにより駆逐されるのではないのだろうか。 ”戦わずして勝つ” とはこういう事だったんか~~い、っと感慨深い。それもまた流れ。必死になって少子化対策少子化対策!!って言ってもなぁ~。でも安倍首相のことは応援してまっせ☆彡最後の最後まで諦めない! 例え1ミリでも自分の理想に近づけるように努力し続ける! っていうのは素晴らしい姿勢だと思う。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments