そこはスルーですかい?と思った件


味噌らーめん専門店 の 麺場 田所商店 にまたまた行ってきましたよ。中毒性が感じられ時々食べたくなるというやっかいなラーメンだ。今回はオプションでバターをつけてみた。まぁ食べてみたらありっちゃぁありだけどもバターのせた部分だけ 完成されたちょい辛味が変貌を遂げちゃったな。今回のラーメンは初回に食べたのと同様に文句なく感動的に美味しかった。いくらマニュアル化していてもほんのちょっとの事で味は変わってしまうから作る人の当たり外れがどーしても出ちゃうんだろうなぁ。

味噌ラーメン2019年

で、分かりましたよ~。食べに行くという時間やお金を節約したい時は、日清ラ王の味噌ラーメンを食べると中毒症状が抑えられるという事を知った10月。麺場 田所商店の味噌ラーメンを食べたくなった時のサバイバル術として得意気に披露した事から災害対策の話にうつっていった。ここで味噌らーめんを食べながら何を語ったのか、食事中の会話を少しチラ見せすることにしよう。

プレッパーズと呼ばれる人たちがいるのを知ったのは数年前。自然災害、金融崩壊、石油危機、経済恐慌、戦争等々が勃発しても生き延びれるよう対策をうち、数十年分にもわたる食料備蓄、野草や昆虫などの飲食や薬としての活用の知識技術の習得、軍人並みに身体を鍛えたり日頃の訓練などなど。壊滅的な災害が起こったらペットを殺してから逃げるという瞬殺方法までシミュレーションしている一人暮らしの女性もいて真剣なんだなと伝わってきた。が、普段は仕事をし通常の生活を営み休日にそのような活動や対策をしていた人たちは未だ可愛い気がした。と言うのも、

生活全てが世界終焉に備える災害対策?サバイバル生活?みたいな感じになっている人もいたから。要塞化した自分の敷地内で発電や食料生産や水の確保などを行い、既に公的なものに頼らず自分たちの力で自給自足生活を行っている。地下核シェルターなどはもとより、その拠点が壊滅状態になった時でも生き延びれるように、そことはまるで違う場所に食料備蓄等も完備済み、様々な移動手段やルートも用意し訓練を怠ることがなく、備えの無い人々が襲ってきた時の対策にも余念がない。ここまで来ると はぁーーーよくやるなぁと思ったが、ふと疑問に思った。


プレッパーズたちは、災害とかそういったサバイバルに対しては徹底的に生き抜こうとして抵抗している。中には普段の生活も捨て既にサバイバル状態で生活し、異常とも思えるほどの訓練や備えを積み上げていっている人もいる。

しかし、少なくとも老衰、寿命による死に関しては受け入れているようだった。事故や天災や戦争や社会的経済的大恐慌により命を落とすのは耐えがたく抵抗しているように思えるのだが、寿命による死からは逃れられないと、いずれ誰もに訪れると言われる死に対しては諦観し受け入れているのが不思議過ぎて謎過ぎて頭が???????となり意味わかんなかった。していることに対して理想に対して重大なる抜けがあると思えてならなかった。


映画【インターステラー】などをヒントに、ブラックホールを旅して時空を超え不死を目指す。秘かに宇宙船を作り宇宙空間状態での訓練も積んでいるとか、少なくとも死から永遠に逃れられるような何らかの研究をしているのなら分かるんだけども、何故、寿命による死に対しては受け入れているのか、やっていることに重大な抜けがあると思いませんか? っと日頃思っている疑問を サバイバルの話題で盛り上がったので周囲に訊ねてみた。

「ずいぶん壮大だね」と言われドン引きされただけだった(^^;  やっぱ自分は変だと思った秋の日www

もし時空を超え不死を目指す等の研究など既に着手しているのなら やはりな、っと思うが、プレッパーズたちが死を諦観するのをやめたと分かる情報は今のところ私の元には届いていない。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments