我思う


◆ケース1◆

同年代女性と会話をすると姑や親の愚痴悪口を語る人がいますな~。ネット徘徊をしても介護しているわけでもないのに姑や親の愚痴悪口を書き綴っている女性が少なからず目に入ってくる。

こういうケースの場合は親世代の側が積極的に関係を持とうと連絡をしてきて、内心不満たらたらながらも表面的には普通に もしくは喜んだふりをして受け入れている娘側の立場の人が、蔭で人やブログに愚痴悪口をはき散らしているようだ。

※ここからは面倒なので ・義親、実親=(義)親 / ・義娘、実娘=(義)娘 と表記する。

目の前で普通に接していたら喜んでいると、少なくとも嫌がられてはいない、と(義)親が思ってもしゃーないねー、と思ってしまう。(義)娘と良好な関係を築いている自分♪ と信じている(義)親側が気の毒に思うことすらあるくらいだ。自分を取り繕っていたら何を不快に思い何で喜ぶのかなんて相手が知る由もないのに(笑)

酷いのになると、勝手に一人で妄想を繰り広げ、(義)親へ頓珍漢な忖度をしたり、何でそんなに?としか思えない義務感から自分から特攻していって結果的に蔭で人やネットに愚痴悪口を語るケースも多いようだ。もはやどっちが被害者なのかわかったものではない。



◆ケース2◆

一方、60代~80代くらいの女性が集まる場の隣に偶然いた時、義娘の愚痴悪口と言うか嘆きを耳にした。義娘なんていても全然関係ない、気にかけてくれない、ほっとかれている、自分勝手だ、寂しい、義娘なんていても意味がない等。義娘への不満が大きかった。

あまりの嘆きのオンパレードに娘世代の私が乱入し聞いてみた。「私もそう思われているのかしら? 寂しい想いさせているのかしら? どうやったら喜んでいただけるのでしょうか?」 と。

そうしたら「あらー、偉いわ!! あなたみたいな義娘がいたら幸せだわ~。あなたみたいな義娘が欲しいのよ~。そんな風に考えてくれる義娘さんがいるなんて♪」云々と大絶賛の嵐。たった一言で、困り果てるくらいの人気者となった。それだけ寂しくて誰かに気にかけてもらいたい思いが強い人達なのだろう。

そしてこんな風にして欲しいわ♪ノウハウをいただき この世代のこの型に属する女性の操縦方法を身に付けた私なのであった(笑) 至極簡単なちょろい内容だったw そんなんで満足するんならいくらでもしてやるぜっ!っと思う内容だった。そもそもそんな多くを望んでいる人ではない控えめでつつましやかな種族だからだろう。ケース1の人種ではそうはいかないだろう。。

こちらの(義)親たちは、(義)娘から、ひたすら声をかけてもらうのを、誘われるのを、会いに来てもらえるのを、ただただひたすら心の中で待ち続ける受け身側、待つ一方の人。あまりにも思い過ぎて生霊が相手に飛び 憑りついてキモイ、ウザイと相手に思われているのでは?と思ってしまうケースだった(^^;



◆ケース3◆

仕事で、あるご高齢女性とお話をさせていただいた時、数十分かけお話いただいた。有難いことに時々このようにいろいろな参考になるお話をこちらから持ちかける事なくしていただけることもあり、生きる上で随分活用させていただいている。

「皆周りの人は、やれ子どもが声をかけてくれない、ほっとかれている、旅行に連れてってくれない、とか自分が相手にされていないと文句ばかり言っている。でもね、私は凄く楽しいの、今が青春なの。今、編み物やったり文章書いたりお花育てたり演奏したりで凄く楽しい。毎日楽しくて忙しい。だからね、若い今のうちにいろんな事に興味をもって自分の引き出しを沢山作っておくのよ。歳とったらその引き出しをあけて遊ぶの。いい? 沢山引き出しを作っておきなさい。寂しいなんて思う暇もないわ。自分の楽しみで精一杯で周りの事なんて気にならないわ♪」と。


ケース3の人は、好感が持てる。人に何とかしてもらおう、人に楽しませてもらおう、とかそういう依存心がなく自分の生活を名一杯楽しく過ごしている。

これらの3ケースから分かったことがある。ケース1と2の人は、どちらか一方が恋焦がれる片思い。つまり相手に何かを期待して何かを求めているというわけだ。人に期待するより自分に期待しよう♪っと我思う。ケース3の人のような生き方がいいな~。お互いに会いたければ会う、話たければ話す、という自然な関係がいいですよね~。



◆ケース4◆ 子どもが親にたかりお金を巻き上げていくケース。

こちらも実話だが、実老父が亡くなり多額の遺産相続をした老母の元に足しげく通う実娘。自分が相続した分はとっくに使い果たしている様子。老母を銀行に連れてきて椅子に座って命令していた。「ほら、持ってたってどうせ使わないんだから意味ないでしょ、ほらお金私に渡しな、使ってやるから、持ってたってしょうがないでしょ!」と怒鳴ってバックを奪い取っていた。「もうこの間もそうやって私のお金持って行ったばかりじゃない、これ私のお金なのよ」と蚊の鳴くような小さな声で泣きながら言っている老母の姿は見るに堪えなかった。

また、二男がその嫁にそそのかされ、長男夫婦と住む実老父にお金を何度も何度もたかりに来て既にマンションは買わされるわ、来るたびに数百万単位で渡さなきゃならんわに困り果て、長男に言われもう家には入れないこと、そして遺産相続についての公正証書を作った老父もいた。どこか寂しそうでそれでいて穏やかで優しそうな悲しい雰囲気の御方だった。

父親名義の一戸建てを母子が相続した場合、(義)娘に追い出されるケースがある。配偶者居住権が施行される運びとなり法的に住み続ける権利は保護されるようになるが、年老いた母親を家から追い出すような(義)娘がいるというのは驚きだ。ケース1の立場逆ケース、子どもに親が食い物にされる例。恐ろしや!!


もちろんケース5として、お互いを尊重し良い距離感を掴み良い関係を構築している思いやりに溢れた親子関係も存在する。私は争いとか悪意とかそういうの嫌なのでもちろんケース5の世界の住人でのほほ~んと楽しく過ごしている。

今日も昨日も国内ニュースだけでも殺人やら何やら物騒な事件のオンパレードだった。もう嫌なので私は願わくば解脱してこの世界とはオサラバしたい。もう嫌だ~~~世の中には変な事件や悪意やらが多過ぎる気がする。先日、義経が座った石を見てから尚更そう思うようになったww

なので夫に言ってみた。「私はもう解脱してこの世界には戻ってこないようにするんだ、変な事ばかり多過ぎてニュースを見ても嫌な事ばかりだし」そうしたら「嫌なニュースばかり見てるからだよ。今日は何人子どもが生まれたとか、そういう情報見ればいいんだよ」と特殊な返しをされたw なので 「生まれてきた子が本当に周囲に望まれて本当に祝福されているのか、どんな環境で育つのかもわからないし」 と言ったら、「今日は何人ラブホに入ったとかさぁそういう情報をさー」 とまたまた特殊な返しをされたw なので 「本当に二人ともが心から望んでそこに行っているのか、それは分からないし違うことも多いだろうし」 と言ったら 「カントと喋っているようだ」 と言われその話は立ち消えとなり放置される運びとなった(笑)(笑)

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

そこはスルーですかい?と思った件


味噌らーめん専門店 の 麺場 田所商店 にまたまた行ってきましたよ。中毒性が感じられ時々食べたくなるというやっかいなラーメンだ。今回はオプションでバターをつけてみた。まぁ食べてみたらありっちゃぁありだけどもバターのせた部分だけ 完成されたちょい辛味が変貌を遂げちゃったな。今回のラーメンは初回に食べたのと同様に文句なく感動的に美味しかった。いくらマニュアル化していてもほんのちょっとの事で味は変わってしまうから作る人の当たり外れがどーしても出ちゃうんだろうなぁ。

味噌ラーメン2019年

で、分かりましたよ~。食べに行くという時間やお金を節約したい時は、日清ラ王の味噌ラーメンを食べると中毒症状が抑えられるという事を知った10月。麺場 田所商店の味噌ラーメンを食べたくなった時のサバイバル術として得意気に披露した事から災害対策の話にうつっていった。ここで味噌らーめんを食べながら何を語ったのか、食事中の会話を少しチラ見せすることにしよう。

プレッパーズと呼ばれる人たちがいるのを知ったのは数年前。自然災害、金融崩壊、石油危機、経済恐慌、戦争等々が勃発しても生き延びれるよう対策をうち、数十年分にもわたる食料備蓄、野草や昆虫などの飲食や薬としての活用の知識技術の習得、軍人並みに身体を鍛えたり日頃の訓練などなど。壊滅的な災害が起こったらペットを殺してから逃げるという瞬殺方法までシミュレーションしている一人暮らしの女性もいて真剣なんだなと伝わってきた。が、普段は仕事をし通常の生活を営み休日にそのような活動や対策をしていた人たちは未だ可愛い気がした。と言うのも、

生活全てが世界終焉に備える災害対策?サバイバル生活?みたいな感じになっている人もいたから。要塞化した自分の敷地内で発電や食料生産や水の確保などを行い、既に公的なものに頼らず自分たちの力で自給自足生活を行っている。地下核シェルターなどはもとより、その拠点が壊滅状態になった時でも生き延びれるように、そことはまるで違う場所に食料備蓄等も完備済み、様々な移動手段やルートも用意し訓練を怠ることがなく、備えの無い人々が襲ってきた時の対策にも余念がない。ここまで来ると はぁーーーよくやるなぁと思ったが、ふと疑問に思った。


プレッパーズたちは、災害とかそういったサバイバルに対しては徹底的に生き抜こうとして抵抗している。中には普段の生活も捨て既にサバイバル状態で生活し、異常とも思えるほどの訓練や備えを積み上げていっている人もいる。

しかし、少なくとも老衰、寿命による死に関しては受け入れているようだった。事故や天災や戦争や社会的経済的大恐慌により命を落とすのは耐えがたく抵抗しているように思えるのだが、寿命による死からは逃れられないと、いずれ誰もに訪れると言われる死に対しては諦観し受け入れているのが不思議過ぎて謎過ぎて頭が???????となり意味わかんなかった。していることに対して理想に対して重大なる抜けがあると思えてならなかった。


映画【インターステラー】などをヒントに、ブラックホールを旅して時空を超え不死を目指す。秘かに宇宙船を作り宇宙空間状態での訓練も積んでいるとか、少なくとも死から永遠に逃れられるような何らかの研究をしているのなら分かるんだけども、何故、寿命による死に対しては受け入れているのか、やっていることに重大な抜けがあると思いませんか? っと日頃思っている疑問を サバイバルの話題で盛り上がったので周囲に訊ねてみた。

「ずいぶん壮大だね」と言われドン引きされただけだった(^^;  やっぱ自分は変だと思った秋の日www

もし時空を超え不死を目指す等の研究など既に着手しているのなら やはりな、っと思うが、プレッパーズたちが死を諦観するのをやめたと分かる情報は今のところ私の元には届いていない。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

石が置いてあった(^^;


↓7つの平べったい大きな石。頼朝に追われて逃げる義経一行が、この石に座り休憩を取ったとの事。昔からこう7つの石がうまい具合に置かれていたのか非常に気になったが、7人がこの石に座って今後の事などを思案したとのことだ。民話伝承碑も建てられていた。

参道を挟んだ向こう側には数脚の椅子が置かれていたからこの石も昔の椅子って事で当時から置いて有ったのだろうと向こうの椅子を見て納得できた。昔から7つの石あったの!?っと怪しむ人がいてもこのように ”現代は椅子を置いてますが!? この神社は昔から椅子を置いてるんですが!何か!?” っという無言語りを椅子にさせるのは信憑性が増すな。いいぞっ!

弁慶の七つ石

この神社は合計4体の狛犬さんが鎮座している。お社の前に2体、格子状のお社の中にも注連縄の首飾りをした狛犬さんが2体あったがその狛犬さんは苔蒸していて緑色がかっていて年季が感じられた。武蔵坊弁慶もこの狛犬さんたちを見たのかな。静かで落ち着いていて清々しくまた訪れたいと思った神社だった。

人の入りが地味~に途絶えることなく、地元に愛され大切に守られている神社のようだ。道路から見るとこんな感じ。上というか上隣というかの道路は車が絶え間なく走っている道路だったな。

弁慶の七つ石

昔の有名人が座った石とか衣を掛けた木とかがこうやって保存されるって何か面白い。

あー、空きっ腹にビタミン剤飲んだら気持ち悪い。。。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

何か違う


りんご泥棒の事から思い出した故人(Aさん)がいる。

Aさんの存在を知ったのは、彼女のお孫さんである知人が私にAさん語りをしたのが始まりだった。

「家の婆さん、泥棒したんだよ。子どもの時、一緒に散歩してたら畑になっていた白菜を勝手に盗んで持って帰ろうとしたんだよ。その時に畑の所有者がちょうど来て、『何しとんじゃい!』 と怒鳴られたんだけど、家の婆さん、

『あんたかい! この白菜作ったの! 凄いわー!! こんな立派に作られた白菜そりゃもう感心して思わず触って持ってっちゃうわ。当たり前だろー。こんな白菜作れるなんて凄いなあんた! こんないい白菜は誰も作らんねぇ、こりゃ本当凄い白菜だわー』 って言ったら、畑の所有者が 『だべー、分かるかい!?』 と延々と白菜づくりの自慢や苦労を語り、結局 『もっと持ってけやぁ』 と言われ10個ほど白菜をもいでくれ、持ちきれないからと軽トラで家まで送ってもらったんだよ」

この話を聞いた時、凄い御婆様だ!と私はただただ感心してしまった。

後に家に遊びに行った時に、Aさんとも御対面できたが、さすが人たらし! 盗人に喜んで貢ぎ鄭重に扱う人が続出する人なだけあって、私も不思議な彼女の魅力、雰囲気にすっかり丸め込まれ即大好きになった。

上記のような事をそこかしこで行っていたようで彼女に傅くその食材ルートは半端なく広く特殊で、料理上手な彼女の元には普通のルートではなかなか手に入らない食材が、一声で自宅に貢がれるという凄技を生涯やってのけていた人物だった。

人をのせ操るのが上手い彼女は旦那を手のひらで転がすのなんて朝飯前で、それが証拠に立派な旦那さんに生涯愛された幸せな女性で、子どもや孫にも囲まれ賑やかな中で大事にされ過ごし、理想とされるピンピンコロリで颯爽と風のように突然に他界したと聞く。

ご存命だとすると御年80代後半、戦中戦後の渾沌とした混乱期を生き抜いたからか知らんが処世術が上手い。皆が喜んでリピートして貢ぎ続けてくるというのはなかなか出来ないことと思う。故人に合掌。


そういう観点からみますとね
【独自】北朝鮮漁船「大和堆」で違法に漁 漁具も盗む

このニュース読みますと、これは完璧ザコですな。  ニュース記事はこちら

>「ここは日本の海だぞ、帰れ、はよ」との呼びかけは聞こえているのか、
>確認できるだけでも14人、警告をしても、中には寝転んでいる者も。


これじゃぁ単なる図々しいだけ。泥棒の風上にも置けない!



>竹村漁労長「腹立たしいですよ、泥棒ですし。しゃべってもわからないし、
>反対に怒るし、近づいていくと石投げてきたやつもいる」


あーもう、こんな嫌がられてザコ泥棒ですな。怒ったり石投げるなんて論外。こちらから「あと10億円分くらいもらっていただきたいのですが今後も仲良くしてください♪」 と頭下げてお願いされるくらいじゃないとダメ!!

恥ずかしくないのかっ!! 修行して出直してこいっ!!
あの人たらしの婆さんとは格が違い過ぎるわっ! けっ!!

何か違うような気もするが・・・・何か違う気がする(; ̄ー ̄A

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

キラキラ


USJからスペシャルギフトをプレゼント! と中身をかなり期待させる封筒が届いた。

ユニバーサルスタジオジャパン クリスマス2019

眩しいばかりのキラキラした輝くクリスマスツリーの絵。

”ユニバーサル・エクスプレス・パス1枚” のクーポンだった。1回分だけ待ち時間短縮クーポンあげるから来てね!! っという事のようだ。クリスマスツリーの紙を裏返しにした瞬間、目に飛び込んだ ”ザ・フライング・ダイナソー” 面白そう。

ユニバーサルスタジオジャパン クリスマス2019

恐竜に掴まれるのが面白そう(笑)

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

凛々しすぎる!


いい面構えのご神鶏さま。凛々しい、格好良い。素敵だ、惚れ惚れする。んん~本当神々しい。

神社2019年11月


こちらのご神鶏さまも落ち着いた雰囲気と賢そうなお顔でじっと眼差しを向けてきてくれる。尻尾一際目だっていい感じだね~。

神社2019年11月


こちらの一番手前の真っ白いご神鶏さまの頬っぺたには葉っぱの様な形の水色のキラキラした耳朶が特徴。見惚れてしまう澄んだキラキラ水色は見てて飽きませんな~。後ろにいる黒と茶色主体のもじゃもじゃご神鶏さまもいい感じですね~。

神社2019年11月


「あん!? お前 何?」 みたいな感じで見られてたまらない(*ฅ́˘ฅ̀*)  な~んか真正面から見るとカモノハシみたいな。。ちょっとおとぼけっぽく見えるところが愛らしい。ちょっとした角度なんですね、小首をちょっと横に傾げている時はこんな感じだけども

神社2019年11月

真っ直ぐ本気モードでピシッとするとこんな感じ。愛くるし過ぎてたまんないご神鶏さまのお姿から、凛々しく賢いご神鶏さまにイメージチェンジ。んん~全然、醸し出す雰囲気が変わりますねぇ。。

神社2019年11月

長~い色とりどりの尾が長~い色とりどりの毛が特徴のご神鶏さまたち。いい肉づきしてるなぁ。

神社2019年11月


神社2019年11月

日本最古の神社の一つで清々しく落ち着ける神社。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記


道に添うように建つ道路との境界線も分からない作りの家の壁に添うように沢山の植木鉢が置かれていた。小さな可愛い青りんごが実っている。丁度道歩く通りすがりにスムーズにりんごをもいで持っていけるような位置。折角実った青りんごを道行く人にとられた事があるのかもしれない。

【やばいよ、やばいよ、毒リンゴ】 と手書きで書かれた紙がビニールにくるまれて木につるされていた。

道の風景

さらに進むと、【毒りんご 食べたら?】 っと。

道の風景

【毒リンゴ 食べないで】 と続いていた。ここの家の人がユーモアのある人だという事が分かった。更に詳しく知りたければ

道の風景

この家の隣にある老舗の雰囲気のお寿司屋さんに入れば詳しく聞けることだろう。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

思いのまま♪


女系天皇女性宮家反対、と書いたら 「それはお前が決めることじゃない」 とメッセをもらった。マジ謎い。このブログで一言書いただけで決まると思っているのだろうか? 私に、いや、このブログにそんな力があるというのだろうか?(笑)

このブログにそんな力が無い事を分かってだとしたら、”俺様に都合悪い事を一言も発するな!” という言論封殺が目的なのだろう。。。そんなにこのブログ影響力あっかなーーー??ww 表現の不自由がーーーーーー!!!

でも確かに、書けば思い通りになる不思議ブログ疑惑が浮上するだけの事があって、このブログに書き綴ったら願いが叶った事がある。なんと ”ハローキティ誕生45周年記念アニバーサリーカップ麺” を偶然見つけたのだ。即買いしましたよ~。

ハローキティ誕生45周年記念アニバーサリーカップ麺

とんこつラーメンは苦手で食べられないなーと分かっているので人にあげ、私は、しょうゆラーメンをいただきまーす。

ハローキティ誕生45周年記念アニバーサリーカップ麺

容器からして可愛いですね。こんなにキティを可愛いと思ったのは初めてだ! 人間何に当たるか分かんないもんだなー。


ハローキティ誕生45周年記念アニバーサリーカップ麺

蓋を開けるとこ~んな感じ。お湯を入れて放置して3分!! かっ可愛い!! 可愛い!! しびれる可愛いさ。


ハローキティ誕生45周年記念アニバーサリーカップ麺

美味しい! 美味しいしょうゆラーメンだった。美味しいし可愛いし、これなら12個まとめ買いしても良かったなって思った。値段もそんな変わらずどーせ食べるなら可愛い方が断然いいのでまた買っちゃうかもしれない予感。可愛すぎやしませんか!?

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

挑発の結末


少~し木々の葉が色づいている。子どもの頃は何故か、秋が一番好きな季節だった。今は優劣つけれず全部好きだ(笑)

紅葉2019年11月

トラと友情育んだヤギ死ぬ 仲たがいで体調悪化 ロシア

生き餌として入れられた雄ヤギのチムールとトラのアムールとの ロシアのサファリパークでの不思議な友情実話は、寛大で慈愛に満ちた優しいトラのアムールをナメ切って散々好き放題し1ヶ月にもわたりトラのアムールに嫌がらせと自己中行動を繰り返し、耐えられなくなったトラのアムールにより投げ飛ばされストレスから健康を害した末のヤギのチムールの死という結末に終わった。


紅葉2019年11月

ヤギとオオカミの友情物語”あらしのよるに”シリーズを想起させる実話であったが、”あらしのよるに”の結末は、ヤギのメイを護る為にオオカミのガブがオオカミの群れに戦いに打って出、戦死。

ヤギのメイはオオカミをナメ切ってバカにしたり乱暴をしたりなどせず オオカミのガブを護る為に 自分を食べてくれ的な事をガブに懇願する様なヤギさんで、親友を護る為になら命を投げ出す覚悟の有る自己犠牲の強いヤギさんだった。

紅葉2019年11月

力の有る物は弱い者に対して己を律する力が必要だ。そして力の弱い者は、本当は幾らでも思い通りに出来るのに理性を働かせ懸命に自己を律しているその相手に敬意が必要だろう。勘違いしてナメ切って挑発しまくるなどの究極の我慢大会を一人開催するのは趣味が悪いと言わざるを得ない。いい加減キレて鉄拳を浴びたり命を奪われたりしても自業自得じゃないかな。

紅葉2019年11月

どっかの奴らも挑発しすぎだと思うな。いい加減にしようね!(﹡ˆᴗˆ﹡)  この ”どっかの奴ら” で何を思い浮かべるかであなたのいろいろが分かります(笑)

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

衝撃


頂き物のケーキ。もともと市販ケーキが好きではないのだが今回は何故か食べる気になった。

ケーキ2019年11月

では、禁断の甘~いケーキをいただきまーす。 完熟無花果がこれでもかっ!っと盛られている完熟無花果のタルト。

ケーキ2019年11月

これがめちゃ美味っ!だった。ふわふわスポンジ生地が好きではない私は固めのタルト生地なら許せる。しかも無花果は何か美容健康に良い♪みたいなイメージが脳内インプットされているので体に良さげな事してる♪って良い気分も味わえる。全体的に甘さ控えめで甘さって言っても完熟無花果の甘さがいい感じ~。ケーキがこんなに美味しいものだとは!!っと生まれて初めて思った。

なんと!!調子に乗ってもう一つ食べた!! シェフ特製の 苺のレアチーズケーキだったかな~。詳しい名前はよー知らん。忘れたw

ケーキ2019年11月

これがまためちゃ美味でしてねぇ、まぁレアチーズケーキは家でも時々作るんだけども負けました! 美味しかったわ~。テレビチャンピオン優勝者であるシェフのお手製だからだろうか。ここのクッキーは以前やはり頂き物で食べた事があるのだが普通の何てことない家で適当に作るようなクッキーでガッカリしたのだが、このケーキはマジ旨っ!! TAMバーム KAKERAってのも以前食べた時、衝撃なくらい美味しかったけど、テレビチャンピオンってのは裏取引とかしてない番組なんかね~、本当に美味しいから優勝したんだなぁ~って逆にそこに感心した。

こんなに美味しいケーキは初めてだった。ケーキの世界が変わった。ここの御店のだったら美味しいかもしれないから ふわふわスポンジのケーキをわざわざ出向いて今度買いに行こうかなっとか思ってしまった。市販の甘い物やめるんじゃなかったっけ?と心の声が聞こえた。

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments