触れ合いロード♪


昭和時代の一般的な感じの団地ではなく、何故わざわざその作りに!?その色に!?と思ってしまう作りの町営団地が数棟立ち並ぶ一帯がある。築年数はかなり古い。以前は入居時の所得条件がかなりの低所得者限定だったが、今では年収300万円台後半でもOKと年々所得要件が緩和され続けている。通りに見えるように全面が曇りガラスになっていて、使い方によってはお洒落に見せる事も可能だし、設計者としては多分、室内が光で満ちるようにという意図でこのような作りにしたのだろう。

だが、何らかしらの事情があるようで物でごった返したちゃぐちゃの家の中が曇りガラスに映って外部に丸見えの様は、こんなのずっと見ていたら。。。。という気持ちのすさみの悪循環の誘発連想を想起させる一帯となってしまっている。

我が子の通う習い事の一つはその団地に続く70M位は車一台しか通れない細道沿い一角に建物がある。努力家で一生懸命で楽しく続けられる工夫のある頭の良い指導者でかなりの成果が出ていて幼稚園の頃から楽しんで通っている。が、自宅から徒歩で行くとすると片道1時間近くかかり、学校帰宅時間と更に次の習い事とで時間が間に合わず車で送迎するしかない。

双方の車の大きさと、何とか通り抜け出来る極一部の個所と、双方の運転がうまい、という3条件が揃った時のみギリギリ通れる個所が一部だけあるが、チャレンジして撃沈した車も過去多い(--; 溝にはまった車が道をふさぎ通行不能になった事を過去何度か目撃した。そんな細~い道である。ちなみに近辺ずっとこんな感じで気軽に何処かに停めて歩いて行けるような場所もない。

近辺全部道路が狭いのだが、少なくともこの70Mほどの細道は真っ直ぐの一本道で見通しのきく道路だから右折左折で入ってくる時に 車が走っていれば 突き当りは両方ともT字路なので通り抜けするまで待っていれば特に問題のない道路だ。

同じ習い事の送迎の保護者はそもそも突っ込んで入ってきたりもしないし、万が一そうなっても常識的に考えて譲るべき方が譲るという当たり前の光景が繰り返されているのだが、ことここの団地住人の多くはそうはいかない。この道を通らざるを得ない送迎の保護者は、己が悪いのに決して譲らない種族の団地の車に出くわすと、70Mバックし続けるのが日常風景だ(笑)

高額納税者名簿に載っている人がぼろぼろの公営団地に住む住民だったりする事も稀にあるし、ドックトレーナーの先生が金持ちの態度の悪さを嘆いているし金銭の有無の問題ではない。しかぁ~し!!

この団地に住む多くの人たちは何故かあと数メートルで通り抜けできるよ~って時でも、確認してないのかわざとなのかは謎だが、突っ込んで入ってくるのだ。しかも道のど真ん中を陣取り、決して自分からは1ミリたりとも動こうとはしない。

自分がつっこんできたのだし ちょっとバックしてくれれば済む事なのだが決して1ミリたりとも動かそうとしない。こっちが物凄く強く出れば途端に小さくなる人種だから扱いは言わずとしれたものだがw もしくは喧嘩を楽しめるところなのだが、こちらは分刻みのスケジュールをこなしている最中でここで睨みあっている時間も喧嘩の相手をしている暇もないしバカらしいので70M位バックをして通してあげる。 あなた達も大変だねー、と思いながら。決して自分からは1㎜も譲ることをせず、明らかに譲る方じゃない側が譲ったとしても決して何のお礼すら発信せず当然の如きに通り過ぎる車を見ては失笑がこぼれる日々。

これで彼彼女らの自尊心が少しでも満たされて、家庭で虐待や喧嘩が減ったり、社会での事件発生防止になるのなら。。。と思いながら先日も70M位バックをした。

昨日は、やはりあともうちょっとで通り抜けできる時にまたまた突っ込んできてド真ん中から少しも動こうとしないのでw 相手が軽自動車で小さかったのと、ちょうど道路の溝を金属金網っての?で蓋がしてある奇跡の箇所だったので、神テクを披露し壁1センチくらいギリギリに寄せ ぶつかるかぶつからないかすれすれで通れるように避けてみた。っとこう書くと私の運転技術が凄いように思えるが何てことないw アラウンドビューモニターがあれば誰もが出来るね(笑)

そうしたら何故か怒りのオーラ全快だった。多分こうやって避けられるのは想定外だったのだろう。過去、このようにした人は溝に落ちたり車を傷つけたり等いろいろトラブルは見てきた。タダでは通れない道なのだ。相手を数十メートル バックさせ清々した気分で(マイナスな自尊心をほんの少し補充し)勝ち誇って通れるはずだったのに何こいつ!!!という憎しみが伝わってきた。ぶつかっても知らん!如きの勢いで車を急発進させ怒り喚きながら通り抜けて行った。運転うまいじゃんか!!

しかし、可哀想な人だなぁ、心の中一体どうなってるんだろう?っと憐憫の情がついに湧いた。いつか死を迎えた時、己の人生を客観的に眺めた時、一体どんな気持ちで過去の己の行動を眺めるのだろうか。自分格好良い!とか よくやった!! などとは思えないだろう。惨めな思いで自分を眺めるのではないのだろうか。。。。何かよっぽどずだぼろに傷ついているからあんな行動しかとれないのだろう。可哀想だ。。。そして寂しくて仕方がない時やムシャクシャして暴れたい時はこの道にくれば喧嘩相手には事欠かず人に相手にされている感で満たされる事だろうとしみじみと思った(笑)

しかし因縁因果の法則によると何でも過去だか過去生だか知らんがとにかく己がした事が自分にかえってきているとか言うじゃぁないか。。。って事は私そんな事してたん!?w|;゚ロ゚|w !!  えっーーー!!過去の自分一体何あったんだよ~、大丈夫かよ~!! っと私しゃぁそんな事と~んと覚えておらんのだが(^^; 過去の自分を心の中で抱きしめた(*´︶`*)♡

 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments