所感


ブログを読ませていただいていると、様々な方がおられて いろいろな人生があって いろいろ考えさせられる。

死にたい という言葉を書き綴っているブログを読んだ。自分には何もなく、モテないし趣味もなく収入も少なく何もやる気も起きず人嫌いだし働く食べる寝るの繰り返しだと。。読んでいて胸が痛んだ。

一つ分かったことは、世の中でオタクと呼ばれる人たちは総じて楽しそうである。熱中して楽しんでおられる様子がその情熱が魅力的である。そして面白い方が多い。そりゃぁ人間だから時には毒はくときは誰しもあるだろうが、あまりにも酷い愚痴や不満や人生への絶望などを書き綴っているオタクの方は今のところ私は見たことがない。じゃぁ熱中できる趣味もてばいいんじゃない!?とも思うがそもそも趣味がないし何もやる気が起きないのだから難しいだろう。

そこで気づいたのが、私が絶賛して尊敬しているオタクと呼ばれる人たちはアニメやゲームや漫画やコレクション等々を趣味として嬉々として楽しんでいる方々と定義づけていたのだが、それに限らずとも仕事や子育てや友達付き合いや読書や散歩や運動や家族や絵画や音楽等々でも何かに自分のエネルギーを大きく傾けている人は総じて楽しそうだし同じだということだ。一生懸命さが伝わってくるので魅力的だし、そこまで酷い毒を吐いているのもまたまたお目にかかったことがない。ということは。。。

先に記載した 死にたい と書き綴っていた方は、きちんと働いている人である。自分の糧を自分で稼ぐ社会人である。貴方には仕事があるじゃないか\(^▽^)/ 仕事を徹底的に寝食忘れるくらい一心不乱に打ち込んでみたらどうだろう。仕事に関する勉強などもガンガンしてとにかく仕事に全力を出す。それこそ死にたいなどと考える思いつく暇がないくらいにだ。そうやって自分のやるべきことに情熱を傾け懸命に生きている人は周囲からも魅力的に映るものだと思う。仕事でも評価されるだろうし収入もあがるのではないか。そしてそんな人を周りは放っておかないだろう。人が人に魅かれるのはその人の出している情熱や愛情力とかだと思う。

周囲を眺めて自分の今現在の境遇を人と比べてみても真に幸せを感じられるとは思えないし幸せそうにみえる人たちにもそれぞれ苦悩や悩みがあるだろうしその状態がずーっと続くわけではないだろう。自分が自分の人生を時間をとことん生き切ることが大切なのではないのだろうか。

かくいう私も10代の時、自殺を考えたことがある。いろいろ思案したが、沢山の命を頂いて今迄生きてきてそれで自殺などしたら自分に命をささげてくれた動植物の思いを恩を全てどぶに捨てることだと自分一人の命ではないんだと気付いた。それに人が一人育つまでに税金もかなり投入されていて少なからず国から国民から期待され愛情を注がれているわけだからそれで勝手に死ぬはないだろう、とも思った。せめて死ぬんだったら当時の私は地雷除去作業に行くとか何か人の役に立ってから死のうと思った。結局、どうせ死ぬんだったら死んだつもりになってガムシャラにやってみよう、と思い死んだつもりになって死んだと思って一心不乱に一生懸命生きた。

どうか 死にたいなどと言わないでガムシャラに生き切ってみてほしいと切に願う。少なくとも私は貴方に生きてほしい!と強く思う。

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments