気に入った地


あくまでも私個人的な感想なのですが、あくまでもね。白川郷は何か商売っ気が感じられ金のにおいがする観光地(笑) 菅沼合掌造り集落は、どこか寂し気な痛々しい感じがする地。私は、ここ相倉合掌造り集落が一番気に入った。

っと思ったら秋篠宮皇嗣殿下も ”五箇山が世界で三カ所好きな地の一つ” だそうで相倉合掌造りに何度も来られているようだ。 ”暮らし映す 合掌造りの町並みを 見つつ歩めり 妹と吾子らと” という歌碑まで建っている。今となってはこの歌も物悲しいような痛いような何でこんな事になったのか。。。って輝かしい想い出の歌となってしまった。でも歌ってその時をその一瞬を歌うものですからね~。しかしほのぼのしてて良い所♪

相倉合掌造り集落

ご両親の忠言を受け入れ、傷心の姫って事で静かに健気に生きる様を演出した方が良いと思うが、一億数千万円なんてまぁうまくやればそれを元手に細々と働かず生きていくこと可能だけど知識や勉強は必須だし刻々変わるし、詐欺師も近づいてくるかなぁ。まぁお相手の借金精算は踏み倒せばいいとして(^^; しかし、お金って使い方によっては一瞬でなくなりますよね。

傷心の姫という事で儚げに健気に静かに暮らしていたらその内、周囲が慌てて裏で結婚に向けて動き出しますわなぁ。素敵で賢く思いやりも生活力も家柄も品性も何もかもパーフェクトで姫だけをこの上なく生涯大切にしてくれる白馬の王子様が現れ幸せな結婚できますよね~。でも人間って、危険な方に、危うい方についつい行きたがるって、そんな習性ありますよね?(笑) んんっ!?ないか?


まぁ私も含めてですが日本人ってすぐ忘れてちょっとバカなところありますよね。確かに敗戦後、自分を蔑みや軽蔑や侮蔑の目で見てくる人に対し、ドイツ人娼婦は、刺のある目でスゴイ形相で睨みつけながら語ったという。「私は生きる為に身体を売っているが心は売っていない。心はドイツ国民だ!」と。一方、日本人娼婦はどうだっただろうか? アメリカ兵と肩を組み満面の笑顔でウェーイ!っとジープにのり生を満喫(笑) うん、確かに日本人はすぐ忘れる(笑) 


安保闘争などでもかなり国がめちゃくちゃになったようだが、今はしっとり馴染んじていてアメリカの核の傘の下でぬくぬくし、アメリカ軍のいない日本は防衛すら自分で出来ず瞬く間に周辺国に乗っ取られるだろう。まぁ今でも周辺国からぬるぬるほぼ侵略済みって気もするが。。。アメリカは当然ながら自国の利益のためには動くだろうが無益ならば日本の為になんてわざわざ動かないだろうに(笑)


まっ、そんな感じだから例えホームレスみたいになろうと国民や親族がほうっておかないだろう、多分大丈夫♪ と思うのも当然だ。しかしあれだけ反対されているのに一歩も引かず踏ん張っているというのも通常の日本人の感性から何かかけ離れている気がするのだが、まぁ外国人と結婚しちゃいけないってわけでもないからその辺はどーでもいいんだろうが。


でもまぁ、日本人はすぐ忘れる。嫌なことをすぐ水に流す。なかったことにする。そして受け入れその中でそれなりに生きていく。つまり、まぁ、だからその内、御家の行事やらで Mちゃんや けーたん や けーたんママが他の皇族と共に並んで高台から国民に手を振ったとて、今だけを見精一杯生きる日本国民は国旗を降って笑顔でキャーキャー言うと思う(笑) まして生まれてきた子が女の子だったら表舞台に連れ歩いてアイドルみたいに逐一報道がされるかもしれませんしねw だから大丈夫っちゃぁ大丈夫なのでしょう。


現に、女性宮家撃沈となった今では皇女制度話が出ていますしね~。そもそも何かと行事に来られたりとかの皇室活動ってのを私は全く持って不要だ、と思ってるんですが、何かの時に来られてもねぇ。。。あれら必要かぁ? まぁ宮中祭祀は大切だと存じますが皇女制度なんてのはそもそも要らんしな。それで今後、このままいけば皇室は先細りですから女性天皇、女系天皇に繋げていくのかもしれませんねw

でもまぁそれで皇女制度の公務♪ って事でお金貰えウハウハで生きていけるっていう制度も考え出されセーフティーネットは着々と構築されていっているから、このまま突き進んでも全然大丈夫なんだろうね~。まぁそれが本当に日本国民の総意に基づいているかは別としてね。っと話がそれてしもうた。



集落にはお城の石垣を思わせるような石垣があって、疑問だったのだが、なるほどこの辺り加賀藩の流刑地だった事を思えば、石垣づくりの技術を持った人が流されてきて作ったのかもしれないなと妙に納得した。んっ!?っと目が魅かれる石垣の写真撮ってなくてすんません(^^; 

相倉合掌造り集落


お土産屋さんなどもあるが静かな感じ。まぁ時間とかの関係があるからかもしれないけれども白川郷のような人もいなくて静か。23棟の合掌造り家屋が建ち並び静かに日常生活が行われている。

相倉合掌造り集落


なんでも天狗の足跡が残っているらしいですよ~。

相倉合掌造り集落

フラッシュ無し、と

相倉合掌造り集落

フラッシュ有り、どっちが分かり易いかしら?? 本当か嘘か知りませんが、天狗さんがトンガリ岩から飛び立ち、左足でこの石を踏み込んで向かいの山に飛んで行った時に着いた足跡なんですって。

相倉合掌造り集落


この住居↓は、原始合掌造り『三郎』(旧岩本家)って看板が出てた。江戸時代後期の建築らしい。昭和初年まで岩本姓のお婆さんが一人で暮らしていたそう。屋根だけの合掌造りで、合掌造りの原型と言われている。このような家屋は ナンマンダブツ建て と呼ばれ、江戸時代の五箇山農家住居として各所に見られたが、現在では五箇山に残る原始合掌造りはこの『三郎』のみ、なんですって。

相倉合掌造り集落

しかし崩れかかっているようにも見えるし、見ていると何かトロロみたいな動物にも見えてくるし、入室は禁じられているがそもそもどこから入ればいいのかも分らんし、入っても崩れそうだし。。。こういう家に住んでいたんですね。しかも昭和初期に、狭くてワンルームなんかいな。


塩硝や養蚕、紙漉き、民謡なども紹介されているし、昔の民具なども展示されている。もちろん民宿もあって泊まる事もできる。

相倉合掌造り集落

相倉合掌造り集落が一番気に入った♪ 過酷な中を生き抜いていた先祖たちに合掌。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

寒暖がもろに


ここは富山県南砺市世界遺産菅沼合掌造り集落展望広場からの景色。見た瞬間あちゃぁ~って思いましたわ。こんな低地でしかも川の直近、3方向を庄川に囲まれ片面は鬱蒼とする山の急斜面。危険極まりない所、こんなところに住む人って。。。。っと思うと大体理解した。

が、被害者面して謝罪と賠償をー!とか変てこな事しないで、こうして 世界遺産として観光収入できりっと生きていく姿勢に感動した。なにしろここ五箇山に集落が出来た始まりというのが、倶利伽羅峠の戦いで逃げのびた平家の落ち武者たちだったとか。

時間が遅かったので正規の駐車場もしまり上から優雅に眺めるだけにした。まぁここから歩いていけば行けたのですがね(笑) 

12棟ある家屋の内、江戸末期から大正時代に建てられた9棟が合掌造り。鉄砲の火薬原料である塩硝作りを加賀藩の庇護の元行い、養蚕や冬には和紙作りも行われ、そのかたわら稲作と焼き畑農業で暮らしていた。

しかし、今でも大雨で川が増水した時など家ごとどっぷり水に浸かりそうに思えるのだが茅だし渇くから大丈夫なん?? 江戸時代の家がそのまま残っているというのも凄い。

菅沼合掌造り集落


今ではこうして立派な橋が見えますが、この辺やはり江戸時代の加賀藩の流刑地でしてね、橋を架けることが禁じられていた。もっとも加賀藩の五箇山の一大産業であった軍用塩硝作りの地にスパイなどが侵入しないように橋を禁止したとかも言われているが、それだったら白川郷でも塩硝作り行われていたがそんな変てこなことになってないしねぇ。地形からしていかにも流刑地。普通わざわざこのような所に住まないよね。

ここ五箇山は深山幽谷の秘境と呼ばれ断崖絶壁に隔離された陸の孤島で逃げることのできない流刑の最適地として、江戸時代には加賀藩の罪人のうち主に政治犯が送られてきた地だった。で、橋はないけれども13カ所の籠渡し場があった。ぶどうの蔓で作った大網を張り一人では往来できない籠の渡しがあるのみ。

ちなみにこの庄川には、遊郭の営業が認められていなかった金沢で出会茶屋で働いていた遊女らが捕まり輪島に配流される時、郷里が輪島に近いからという理由で遊女お小夜はただ一人、1690年ここ五箇山配流となった。ちなみに流刑には罪状により3種類あり、
1、集落内に限って出歩ける平小屋
2、一歩も外へ出られないお縮小屋
3、小屋の中に更に狭い織を造って閉じ込める禁固

お縮小屋と禁固は牢番が食事を柱の穴から差し入れるだけだった。

罪人として送られてきた遊女お小夜は1で、集落内を自由に出歩き村の若者と恋をしなんと妊娠してしまった。流刑の者と集落の人が子をなすなどはもちろんあってはならない事で、お小夜はこの庄川へ身を投げて息だえた。



さて、お次はちょっと行った先にある国の重要文化財に指定されている村上家住宅。天正年間に建設され約400年前の建築当時の様式を伝える五箇山地方の代表的建造物なんだと。

村上家住宅


加賀藩の軍事機密とした塩硝製造や和紙製造等の民族資料数千点を眺めながら囲炉裏を囲み薬草茶を頂きながら当主様のお話を聞かせてもらえるという。って16時30分までしか空いてないし、休みも結構多いんで行かれる時はちゃんと調べてから行った方がいいっすよ(笑) 予約をすればこきりこ踊りや麦屋節傘踊りの鑑賞も有料で出来ますしね。

村上家住宅


えっ!?私ですか? 17時だったんでw まっ、五箇山地方って合掌造りと民謡の故郷として有名なんですって。

村上家住宅


で、ふと道路向かいを見ると。。。。。何やら流刑小屋があるそうですわ。村上家住宅からほんの数分もかからん所。

ねー、この辺り流刑地だったんですよねぇ。江戸時代加賀藩は政治犯を、ここ越中五箇山の7集落(猪谷・小原・田向・大島・篭度・大崩島・祖山)に流刑人として送っていて、流刑小屋は1集落に3,4軒あった。五箇山へは1667年に最初の流刑が行われ明治維新までの間約200年間に約150人が流されてきた。

流刑小屋

この田向集落には加賀騒動の大槻伝蔵や安見与八郎らが流され1853年まで約24人が流刑された、と記録されている。大槻伝蔵は周囲の妬み嫉みで引きずりおろされ罠にはめられたように思うのだが、真如院の身柄が拘束されたのを知り自害した、とされている。全く、優秀過ぎるのも大変なことだ。


流刑小屋の隣にはこんなミニ滝みたいのが流れていた。流刑小屋から水の流れる音を聞くことが出来たのは風流で良いが。

流刑小屋


ミニ滝の隣にある細い階段を上ると。。。

流刑小屋


これが、江戸時代には加賀藩に8カ所あった流刑小屋の内の一つであり、全国で残されている唯一の流刑小屋。1963年の豪雪で倒壊したので1965年に復元されたものではあるが、富山県の有形民俗文化財に指定されている。

流刑小屋

暖房などもないし板切れ一枚で床もこのように石の上に乗せられていて実に寒そうな造り。小窓も開いたままですしね結局は処刑小屋であり冬に凍死していったそうだ。

中をのぞくと真っ暗なのだが光を当てると、武士がいた。ここで有り余るほどの本を読んだり手工芸をしたりして過ごせればいいのだが、実態は食事のみという。トイレは一応ついていたようだが、政治犯の罪人で幽閉されるというのは反体制派とか頭もよく教養もある人だろう。あとは大槻伝蔵のように奸計に陥ってしまった人とか。。。。?

観光者だろうか? 中に小銭が散らばっているのだが、こうするとご利益があるとでも思っているのだろうか?(笑)

流刑小屋

なんかすごいものを見てしまった気がする。胸が痛い。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

原風景っての?


日本三大秘境だとか世界遺産だとかで有名な白川郷。100棟余りの合掌造り集落で有名ですよね~。驚いたのがさすが世界遺産だけの事はあって立派な高速道路が整備されていて非常に便利。

あの吊橋を渡らないと白川郷に入れないんですねぇ。。。歩くと、キーキー音がして橋がぐらんぐらん揺れる。でも表面がコンクリート舗装されているからマジもんの穴の開いた木板とロープで出来た吊橋みたいな怖さはない。

白川郷


驚いたのが普通の観光地なんですね。合掌造りの昔の家を使いお土産屋さんや飲食店や宿泊施設を営んでいたり、田畑をしたりして普通に暮らしている。庭で遊んでいる子どもの姿も見えたし洗濯物も干されていたし、昔ってこんな感じだったんかぁって感じ。

白川郷


薪も沢山用意されているし。茅を1万束とか利用してあの茅葺屋根を作り、あの合掌造りの内部は釘とか使わず、材料は茅、木材、綱のみなんですってね。宮大工さんみたいですなぁ。雨漏りしないってのも凄い。

白川郷


江戸時代とかの家だが3階建てとか4階建てとかで大きい。というのも奈良時代からの大家族制度が世襲した地域で一家族40人から50人という大家族で養蚕業や農作業や煙硝生産などを行って住んでいた地域だったとの事。

白川郷


もう屋根から普通に苔や草が生えていて屋根がまるで地面のよう。高気密高断熱とかとは程遠いのか?っと一瞬思ったが、江戸時代に建てられ登録有形文化財の住居に住んでいる知人宅の中身は実はオール電化で快適なのでw もしかしたらこれらの住宅も居住区の中身はオール電化にリフォームしているかもしれない。

国指定重要文化財の白川郷の代表的茅葺き合掌造り住宅である和田家。1573年から庄屋、蕃所役人を務めた家。入場料300円だったが、パンフレットにはいかに素晴らしい気合の入った代表的な家か!という事が言葉の限りに書かれていたが、家の内覧をしまくっていた私としてはありふれた単なる内覧と何も変わらんかった。今もお住まいだそうで1階の一部と2階が公開されていて、使われていた道具や囲炉裏や食器やらが展示されていた。2階では養蚕を行っていたようで道具が展示されていた。

白川郷


おっーーー!! って感動したのがこれ↓ 茅だか何だかで編んだ蛇さんの置物。

白川郷


ここに住まなきゃいけないのなら、住宅密集地を避けて少しだけ離れたああいう所に住むな。

白川郷


謎いのはこれ↓ 何故、屋根に梯子が取り付けられている? 屋根の修繕の為?? のぼって星を見るため?? 梯子に辿り着くだけでも大変そう。

白川郷

狭い地区なのだが、舗装された山道を20分程歩いて登ると、南北朝時代に南朝の公家達が隠れ住んだ城だと言われる荻町城跡に着く。雪で銀箔になった白川郷の写真はここから撮っているんだなぁって場所。

室町時代、足利義満の馬廻衆だった内ヶ島上野介為は、足利義政の命令により白川郷に入り築城。後に白川郷に勢力を持っていた正蓮寺(照蓮寺)を攻め滅ぼした。白川郷を含む飛騨地方は鉱山地帯で、内ヶ島氏は2つ3つほどの金山を発見し銀閣寺建築の費用を献上したとも言われている。

室町幕府が衰退した戦国時代には領土を私物化し、鉱山経営で財を成し向牧戸城、萩町城、新淵城などの複数の支城を持ち、越後の龍である上杉謙信や飛騨の覇者である姉小路頼綱らが攻め込んできても撃退し百戦錬磨♪ 隠れた名将ですな。


内ヶ島氏は、重臣家老の山下大和守時慶の子、山下大和守氏勝を荻町城主としてここに入城させ、その後代々、山下氏が居城とした。先に見た和田家の一人娘おそのは、山下大和守氏勝に一目惚れし食事も喉を通らなくなり父親の申し出で氏勝の側室となったらしい。白川郷が一望でき、和田家も見えますな~。

白川郷

内ヶ島氏は小牧・長久手の戦いで、佐々成政の越中攻めに援軍として外征している間に秀吉側の金森長近に城や領民をとられ降伏。上杉謙信とかをぶったおして追い返しているのに呆気なさすぎで笑えるwスッスマン が、金銀や焔硝生産などの鉱山経営の技術を持つ内ヶ島氏は秀吉にそのままの領土経営を許された。そのお祝い祝宴を帰雲城で開く前日。。。


1585年11月29日の天正大地震で、帰雲山は崩壊し、帰雲城と城下町約300軒と領民、人馬、内ヶ島氏や家臣らを土石流がのみこみ全員行方不明となり滅亡。山崩れの土石流は庄川をもせき止め洪水も発生し対岸の白山山麓に叩き付けられ全て埋没。地形があまりにも変形し、白川郷にいた山下氏以外は生き残りもいず帰雲城の位置特定もできずにいるが、その中には鉱山経営で財を成した内ヶ島家の金銀財宝が埋まっているという伝説がある。


その後、主を失った氏勝は、豊臣秀吉の家臣となり小田原攻めでは先鋒を務め、その後は徳川家康に仕え近江・蒲生郡に所領をもらっている。1602年からは徳川義直の傳役となり、1607年には清洲越し(清洲城から城下町を移し名古屋城を築城する)を進言し、名古屋城築城や城下町整備などで功績をあげた。



実はここ山頂の展望台(荻町城跡)は何故か駐車場でもある。下から出会い橋を通って白川郷の民家を通って山を登ってここまでくる正規ルートでくると、実は下で駐車料金1000円とられている。が!国道360号の人家の絶えた自動車道から入ってくるとこの山頂まで車でこれ、しかも駐車料金無料だという事を知った時は、やられたーーー!っと思った。山頂の展望台(荻町城跡)、駐車場広いんですよ、しかもガッラガラで数台しか停まってないし。ちっきしょーーー!

展望台上のお土産屋さんでは、眼下に広がる白川郷をバックに無料で写真を撮ってくれる。小さい写真は無料でくれるんですよ~♪ 大きい写真は有料だが買う買わないは自由。悪いかなっと思って悩んでみたりするものだが、無料の小さい写真だけサッと貰い大きい写真には一瞥すらせず過ぎ去った男性がいて、その強さにビビった(笑) 彼女連れだったからこの一件が別れの原因になるかもしれない(笑)

私は、五平餅ってのを生まれて初めて食べてみた。う~ん、お腹の足しになるが。味噌味っすね~。

白川郷


こんなのを買った人も。飛騨牛のローストビーフ寿司だっけ? っと、イノシシちゃんのお肉の中華まん。なんでも味噌味が過ぎてイノシシちゃんのお肉の味がわからんかったらしい(^^;

白川郷


山登りをしたら山下りをする。お土産屋さんで気になっていた 紫蘇もなか 買った。

白川郷


お家の形で可愛い。味も紫蘇餡で絶品。

白川郷

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

熊たん


加賀国一宮であり、全国白山神社の総本宮でもある白山比咩神社。

白山比咩神社

前91年に舟岡山を神地とし白山の まつり庭 として白山比咩神社の社殿を創建。717年に越前の修験僧泰澄大師が白山に登拝し、山頂に奥宮を建立し白山妙理大権現を奉祀。

平安時代中期から室町時代前期までの約500年程栄えた地で、木曽義仲が神馬を奉納したり、源頼朝が神領を寄進したり、源義経も参拝した神社。


私は、1年~2年に一度これら白山神社めぐりをしている。

白山比咩神社


すっごい注連縄が太い!

白山比咩神社

室町時代1455年から ものとり信心(信心を金品の多寡ではかる) と他宗誹謗を掲げた本願寺教団一向一揆門徒衆が加賀国に入り、本願寺の加賀一向一揆勢の力で神給田からの年貢米を得ることが出来なくなり白山比咩神社は困窮した。

続く1480年の大火で白山本宮全焼。1531年には加賀一向一揆内紛の享禄の錯乱で白山衆徒は滅亡してしまった。日本人は温厚で優しいとかも見聞きするが、こういう話を耳目にするたびに どこがだよ!っと思う。普通に凶暴で我欲にまみれていて恐ろしいのだが。


本殿前の狛犬さんは格好良く可愛い。惚れ惚れ見とれてしまう。

白山比咩神社


白山比咩神社


古い神札を納めて新しい神札を購入。疫病退散日本太鼓が2000円で売っていた。陳列されていたがあれ2000円で買えるのか~♪って感じのもの。ってペーパークラフトなんですね、驚! マジ物かと思った。

白山比咩神社


行きとは違う参道。鳥居前に鎮座する狛犬さん、凄く可愛い。なんか笑っているみたい。

白山比咩神社


1596年に前田利家が白山本宮を再興し、江戸時代は代々加賀藩主が神社経営に関与した。

白山比咩神社



さてこの度の隠遁??の地は。。。1300年の歴史を誇るかつて多くの文人文豪たちに愛された山中温泉。奈良時代の高僧行基が発見したと言われている。すっかり寂れてしまった感があるが、アイスストリートなども出来て約40種類のアイスの食べ比べなども出来る。松尾芭蕉が絶賛した菊の湯源泉を利用した菊の湯アイスなどもある。あの道場六三郎氏ってここ山中出身なんですって!

昔の寂れた街並みで600メートル程のゆげ街道などは温泉客を楽しませようと頑張っている。周囲が幾ら寂れようとここに天然温泉が湧き出る限りは山中温泉として残り続けるだろう。(多分)

温泉好きな田山花袋もこの山中温泉を褒めていた。しかし、温泉好きで各地に出向いた花袋が、よく歩き温泉にもつかっていたのに癌になってしまったのが不思議でずっと疑問に思っている。しかし、いずれ死んでいくというのが不思議なシステムですなぁ。

山中温泉

で、熊ちゃんが出没したよ!って注意書きはあるし大騒ぎになっているが、直近ではないしとりあえず一回だけみたいでんな(笑) 部屋からは、北陸一の渓谷美と言われる鶴仙渓が眼下に広がっている。熊ちゃんは歩いていませんがね~。

私が熊ちゃんで思い出すのは、漫画【銀牙 -流れ星 銀-】だ。この漫画は凄かった。随分昔に読んだのだが、激安で山が売られていて心なびいても買わないのはこの漫画のお蔭だ。熊ちゃんの面倒を見るのが大変そうだからだ。しかし、

山中温泉

熊好きなら熊の保護団体に入ったら? と言われた。なんでも熊と共に生活をし熊保護団体を創設したアメリカのティモシー・トレッドウェルは、最後は恋人と共に熊ちゃんに襲われ食い殺さればらばらになっていたという(゜ロ゜)ゲッ 熊に襲われ食べられていく悲鳴などのその音声が録音されていたという。で、その熊保護団体はその後どうなったのか知らん、だと(^^;

小さい時から可愛がっていた大蛇ちゃんとかライオンさんやトラちゃんに食い殺されてしまった! なんて話は耳目にするが同じ類だ。己でも得体のしれない内奥から湧き上がってくる野生の本能って感じだろうか。あとは、本気で対策するならライフル銃か45口径の拳銃が必要、とのご意見もいただいた。マジか。。。そんなん持ってないしな(^^;


三毛別羆事件のURLを送っていただいた方もいた。重さ340kg、身の丈2.7m の熊さんが異様な執着と目的を持って民家を襲い人を食い殺していく実話。人間肉の味を覚えてしまったらもうしょうがないですな。あー、マジ怖ぇー、痛そうで苦しそうだ。生き残った人の中には、体重500Kgの熊なども仕留めていったそうだ。

漫画だからだろう。【銀牙 -流れ星 銀-】に出てくる巨大熊、赤カブトさんは大きさが10メートルとかだったような。。。三毛別羆事件の熊ちゃんと同じく冬眠もしない。熊ちゃん強し!


昔の人が山越えをする時、山賊に襲われるのが心配、みたいな話は読んだことがあるが、実は熊ちゃんとかに襲われて殺されていた人もいるのでしょうなぁ。全部、山賊さんの仕業って事にされている気も(^^; 山姥さんとかも一人で山奥の小屋に住んだりしてて凄いわ~。私は人がいる所に寄り添って住むことにします(笑) いろいろ有難うございます。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

神域


片側は断崖絶壁崖とかで車一台やっと通れる細山道を通り、途中、野生の御猿さんに会った。2歳くらいだろうか未だ若いお猿さんでお顔が真っ赤だった。きょとんとした目でじっとこちらを見ていて可愛かった♪ めちゃ可愛だわ~。

着いた先は、白山中居神社。岐阜県八景なんですね、見事な紅葉だ。

白山中居神社


なんとも深いそして懐かしく感じる場所。鳥居をくぐって石段をおりると右手に神池がある。

白山中居神社


参道には境内社・猿田彦社(道祖神社)が祀られているが、猿田彦神社って伊勢にもあるし手塚治虫の火の鳥にも出ていたが本当に居た人なのだろうか??? そうか神か! 参道は山をくだっていく。

白山中居神社

この白山中居神社が鎮座する石徹白村は、白山信仰が隆盛の時代には ”白い神の郷” と呼ばれていたそうな。村人は、白山中居神社の社人、社家として無税のうえ名字帯刀を許された地だった。もちろん古~い昔の家屋とか小さな小学校なども細山道中にあった。わざわざここに移り住む人もあまり居ないだろうから子孫さんですかいな。

伊勢神宮を思わせる様な橋が参道にかかっている。

白山中居神社


こちらが宮川。この橋は近代に作られたそうだが、橋のない時は一体どうやって向こう岸に渡っていたのだろうか? あの川の石をぴょんぴょん飛び越えて行ったとしか思えん。川の水が澄んでいてとても綺麗でお魚さんが泳いでいる姿も見えた。

白山中居神社


手水舎では格好良い龍さんの口から流れ出る水で身を浄めて。

白山中居神社


この石段↓をのぼった先に本殿がある。この石段ですからね、足場は悪い(笑) ここは、縄文時代末、紀元前6千年前に稲作を始めた頃より豊作を祈願し祭祀が行われていた神域。縄文時代からというのが何とも凄い。縄文時代の火焔型土器など実に立派で精巧であんな燃え上がるような装飾が施され旋律が聞こえてくるような土器を既に縄文時代には作っていたんですよね。

麻などの食物繊維を編んだ布服や動物の毛皮などを身にまとい靴を履き、漆塗りや、石や貝などでアクセサリー、蔦を編みポシェットなども作っていた。山葡萄で作った葡萄酒とか果樹園や植物栽培なども既に行っていたし、道具の利用で狩りや漁の技術も発達し、物見の塔を作ったり、船を作り交易すら行っていたという縄文時代。その縄文時代からの祭祀が行われていた神域がここ。

しかし医療技術知識が未発達だった為か縄文時代の平均寿命は14,6歳だったそうで、幼少期を生き残れると平均寿命は30代にまであがる。運や心身が強い者が生き残った時代。

また、ここは霊峰白山の真正面にあたり、遙拝の神域でもあった。

白山中居神社

凄く凄く古いのがわかるが、感動してしばらく動けなくなるような彫刻が施された本殿。景行天皇12年(西暦82年)に、国家鎮護の為に本殿が建立され、717年には泰澄大師が白山中居神社の社域を拡げて社殿を修復した。

天武天皇、聖武天皇の両朝時には神剱、神馬の奉納があり、藤原能信、藤原秀衝、今川義元、織田信長、柴田勝家らがそれぞれ神宝を寄附して崇敬の誠を尽くしたとされている。1590年には伊藤秀盛が主豊臣秀吉の為に立願状を捧げたり、徳川家康は代参を遣わし祈願所とした、と非常に感動的な歴史で縄文時代から大切にされてきた神域だ。

白山中居神社

縄文時代から始まり、名だたる武将たちも心を寄せた神域だけの事はあって古い。このように↑本殿の鳥居の右側の柱下は白蟻に食いつくされたようになっていた。そして、本殿鳥居左側の柱下↓は、なんか土台からずれているような。。。そろそろ修繕が必要な頃なのかもしれない。それとも石と支柱を固定しないで地震などでこのようにずれたりしても倒壊しない却って強度が増すってやつですかいな???? よー分らんが。どーなんしょ? とにかく!白山中居神社はとても神秘的で綺麗な地。

白山中居神社


行きとは別の道を通るとちゃんと舗装された2車線道路で悠々安心して行き来できる。

白山中居神社


国道156号線沿いの白鳥文化博物館のある道の駅白鳥にてこれ↓買った。

白山中居神社

高齢者が増えているからだろうか? 近頃どうも御煎餅なども柔らかいのが多い気がする。この ねぎみそせんべい もふっわさっくって感じだった。美味しかったけどね~。私はバリバリ硬いのが好みなんだけどね。炊飯も硬めが好き♪

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments