非常に疑わしい


魏志倭人伝にしか出てこない ”邪馬台国” と ”卑弥呼” 。日本では未だに未解決事件かのように論争が繰り広げられている。結論も出ず進展も具体的な確たる証拠も示すことが出来ず謎のまま。

捏造と隠蔽で有名な国のいう事を信じ、しかも伝聞だけで書いた、そして読み方ひとつで解釈が変わる、そしてわずか原稿用紙5枚分の”魏志倭人伝”をもとに戦後になると邪馬台国論争は更に活発に。

しかしおかしいと思っていたんですよね、”邪” とか ”卑” とかの字。ちょっと悪っぽい感じに下賤な感じにわざとしたのかな、よろしく→世露死苦 みたいにw 厨二病入ってんだよな~と解釈しスルーしたあたりに私の純粋無垢さ可愛らしさがうかがい知れるアハッ

【邪馬台国は存在しなかった/田中英道著】

邪馬台国は存在しなかった

卑弥呼の伝承、伝説、神社仏閣、祠、遺跡、遺物などが日本では一切見つからず、唯一あるのは鹿児島県霧島市に昭和57年に建てられた”卑弥呼神社”のみ。鬼、悪魔? 外国人、そして恨みつらみ憎悪の鎮魂の意味でも神社や祠は作られるのが日本なのに何故、昭和57年という戦後随分経ってから作られた神社しかないのだろう。。

卑弥呼の墓の候補とされている古墳、人物、女神、伝説、三角縁神獣鏡などを一つ一つ丁寧に取り上げ、こりゃないよね違うよねそうは言えないよねと納得いくように細かく説明されている。日本の根幹に関わる大事な話だ。

”魏志倭人伝”を信じ多くの学者と研究家が、万世一系の天皇家を否定する結果となっている。その時代の日本は遅れたシャーマニズムの世界だったとしている。そして学者たちが天皇陵から天皇の名をすべて取り去り学術的な古墳名のみとしたのは戦後だと知った。

通常だったら、捏造と隠蔽で有名な国の記述をそのまま信じるなんてありえないよなぁ。【発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く】とこの本【邪馬台国は存在しなかった】を読んで日本の古代の歴史観が変わった。とんでもない陰謀は古代史にもあったんだなぁ、盲点だった、と思った。国の根幹に関わる古代史は重要だ。

↓もしよかったら押してね↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

やっぱユダヤの血が!!


【発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く/田中英道著】この本、かなり面白かった。自分の中でもやもやしていたのが繋がった感じ。日本について無知だったなと土台がぐらっと揺り動かされたような気がした。

発見! ユダヤ人埴輪の謎を解く/田中英道著

”現在、日本に多く在住しているのは、○日といわれる朝○人たちと中○人たちです。” がまず衝撃だった。事実なんだけども・・・・あらためて言われると(--; 江戸時代以来、同化し永住した彼らは日清戦争や朝鮮併合を機に日本人そのものに敵意をもつようになり、自分たちが日本の文化を支配してきたという先入観を植え付けるように働き、戦後になって日本文化は朝鮮・中国文化から作られた、との固定観念を植え付けるのに成功。

古墳の数や分布や出土品、人口密度や史料などから、日高見国、高天原の位置。天孫降臨の真の意味。大倭日高見国について。大和国の勢力が日高見国の存在を意図的に残さなかったのか。東大寺・正倉院に何故、中国、朝鮮の物よりも西域の物の方が断然多いのか、雄略天皇を取り巻く背景、新撰姓氏録の皇別、神別、のくだりも興味深かった。

ちなみに日高見国と検索するとWikipediaに ”日高見国は、日本の古代において、大和または蝦夷の地を美化して用いた語。” と書かれている。美化!?美化!?ざけんなー!!これこそがまさに変な固定観念を植え付けるのに成功したってことなんかい! みたいな感じでイラっときちまった。

ユダヤ人の特徴を持つ顔の私は、秘かにそれを誇りに思っていた。いや、秘かにではない、得意気に自慢した事もあったw かっけーだろ、どーみてもユダヤの血流れてんだよ♪とかw この本にも書かれているが遺伝子のくだりでもやっぱりなっ、と更なる確信が生じた。

世界の中枢を握っているのは全てユダヤ人!みたいな~、賢い民族って感じで、格好良い印象しかない。ウェーイ♪ が、この本を読んで一つだけプチショックを受けた。暴力的に力で物を成し遂げる大陸的な考え方がユダヤ人にあるというのだ。。。。ちょっとショックをうけたが、なるほど、と納得した。一見、温厚そうに見せてはいるが、奥底に潜む荒ぶる燃える激しい魂はそれだったのか!みたいな。うーむ。ちょっと厨二病チックだったかw

なぁ~んかすっごいロマンチックなんだけどもぉ群馬県が何故、群馬県と呼ばれるのか、群馬県人も知らない謎解きがこの本に載ってるのよ~。群馬県人は特に必読の書みたいな~。あと問題になっているアイヌについても載っていたなぁ。

↓もしよかったら押してね↓
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

ペラッペラでしたわ


新型コロナウイルスの蔓延阻止のため春日大社が悪疫退散の特別祈願を終息宣言が出るまで毎日続けるとの事。こういうのなんか好きだな~.。ふふふっと思わず笑みがこぼれてしまう(*^m^*) ムフフフッ 悪疫退散の特別祈願って事で、

妖術系で、心に衝撃を受けたのは 【荒山徹著/柳生雨月抄】 この本で私は、己の浅はかさを思いしらされた。歴史的史実を元にした上での創作物語ではあるんだけども、淀の方の事なんですわ。

あの淀の方の事を極々一般的解釈の人物像ー正直わざわざ個人的に親しくなりたいとかは思わない悪印象のご性格ー彼女の生い立ちを考えればそーなるのもしゃーないなと思い、軽々と簡単に納得しそのまんま素直に受け入れ認識していた。この著者のようにいろいろな角度から可能性から本当に自分の頭で考え、彼女の身になり想像、考察したことなど一度もなかったよな、と思い知らされた。

自分はなんて浅はかでペラッペラの底の浅い人間だったのだろうと気付かされてしまった。

家康を脅し我が子を利用し徹底抗戦を挑み豊臣家を滅亡に導き復讐を成就させたところはよくやったな、と執念に感心していたくらいだった。

ただただ我が子が幸せに生きている事を望む事、ただそれだけなんだ、というのは凄くよくわかる、共感する。我が子の幸せを願う彼女の中の母親という部分を全くみようとすらしなかった。そう考えるとこの物語の陰謀渦巻く設定は全然不自然ではなく、そういった事を一度も想像したこともなく、彼女の人となりを簡単に結論ずけ納得していた己の浅はかさのみが痛烈に残った。物語の設定として智慧巡らし考えたとしてもこの著者の想像力に脱帽。

っという事で一事が万事。同様の事をそこかしこでやらかしている可能性があるという事でかなりの精進が我必要也。

本

張り巡らされた朝鮮妖術師が仕掛けた陰謀を陰陽師友景が戦い国家防衛を果たす日朝妖術バトルが面白いのだが、こういった陰陽師系とかの話を読むと、知覚し目に見えるものなんてほんのほんの少し一部分だけだと改めて思う。目に見えないけれども確実に存在する様々なものたち。謙虚になれますなぁ。それらの者達と調和しながら一つ海の中を漂い共に生きていく。全ては一つなんだなと、全部なにもかもが自分であり全て一つの中で漂うもの。

己自身を磨く事、律する事、己の中にある悪負の部分を認め愛し昇華すること。ひたすら自分が愛を発する人であること、なにもかも包み込んで愛で氷の鎧を溶かせば、中で小さくうずくまって慄えて泣いていた傷ついた魂も本来の光を発するようになるだろう。そのようにして孤独な剣士を連れ帰り養子とし跡を継がせるあたりに友景のその度量と慈愛の深さが感じられ何とも温かい気持ちになり彼は救われたんだと笑みがこぼれ読了感はなはだよろし。

↓もしよかったら押してね↓
 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

もう一つの道


【経済学者たちの日米開戦】
昭和16年末の大東亜戦争開戦まで陸軍は何度も国力判断を冷静に行っていた事実。

秋丸機関も冷静に他国の経済情勢や日本の輸入依存割合など数字を出し資料としてまとめ、”これ以上戦争を広げたらもう日本の戦力はなくなるのみならず、生活力さえなくなるようになるだろう”と結論を出し、”物的国力は開戦後第一年に80〜75%に低下し、第二年はそれよりさらに70〜65%低下する” と、ド素人でも開戦は絶望的だとわかるよう客観的事実から冷静に分析し説明していた。

これらの事実は、数字も含め全て雑誌や新聞にも公表されていて国民の誰もが知っている常識的な事だった。

秋丸機関の設立を命じた岩畔豪雄氏は、アメリカの経済調査報告書の数字を元に、
・第一案/対米開戦論
 (一時的勝利できても長期的には勝利は困難)
・第二案/日米国交回復論
 (交渉妥結の為に仏印と中国から全面撤退する必要有。日本国家存立の為には第一案より優良)
・第三案/情勢観望論
 (盛り上がっている主戦熱に対抗出来ずクーデターや内乱により主戦派が台頭し対米戦争となる公算大)
と発表したが、陸海軍でこの話を真剣に受け止めたのは二人だけだったという。。。この後、岩畔氏は事実上左遷される。

総力戦研究所の総括的結論でも、”対米開戦は日本の敗北となる” であった。

本 開戦

こういった研究は無数にあって、英米と日本の巨大な経済格差、国力の隔絶は数字で公表され一般人も含めた誰もが知る常識だった。故に、秋丸次朗氏が日米の国力比を20対1と説明しても、岩畔豪雄氏が日米の隔絶された国力差を資料を使って説明しても一般常識を改めて説明している、としか受け止められなかったという。


国際資源論の図表にも日米生産力の比較において鉄鋼は10倍、造船造機は4倍以上と公表されていた。が、だからこそ不可能を可能にするのだ!という精神万能主義が大勢をしめ、少しでも数字を言えば、敗北主義だ!と批判を受け、冷静な極々一部を除いて何かにとりつかれたように熱狂的に開戦を謳い突き進んでいった様子がつぶさに描かれている。

このような数字や見通しは国民も含め常識であったのに、何故、開戦という大博打を熱狂的に選択してしまったのか。。。その背景をこの本では、行動経済学のプロスペクト理論と社会心理学を使って理路整然と説明していて非常に面白く仕上がっている。

戦争回避の為のルーズベルト大統領との直接会談を模索した近衛文麿首相は国民世論に圧される形で辞職となり、世論の対米強硬論に合致した東条内閣成立。それでも昭和天皇は対米交渉に力を尽くすよう東条首相に指示を出され、それにより帝国国策遂行要領をいったん白紙にし今後の国策を再検討した。

日米交渉不成功の際、日本の国力が3年後には底を尽くことは確実。3年後の確実な敗北よりも、もしかしたらドイツがイギリスに勝ってアメリカは戦争断念し日本が有利になるかも♪ と不確定要素満載の希望を道標に 国をあげた大博打を行う事に決定。

昭和天皇は「私が主戦論を抑えたらば、陸海に多年錬磨の精鋭なる軍を持ちながら、ムザムザ米国に屈伏するというので、国内の与論は必ず沸騰し、クーデタが起こったであろう」と述べられている。ほとんどの国民が熱狂的に開戦を望んでいた。

河西晃祐氏の言葉が紹介されていた。「もし現在の我々が太平洋戦争開戦に至る歴史から何かを学びえるとすれば、それは~~略~~正しい情報と判断力があれば戦争が回避できるわけではない怖さを、この時のアクターらの行動は示しているといえよう。」 と。

この本の更に面白い所は、同盟国ドイツと日本の戦い方や、せめてのこうするのが必要だったよな、と言う事にも言及してありその後の戦争の流れから問題点など冷静に分析もされており、日米英開戦はどうすれば避けられ、経済学者は何をすべきだったのか等事細かに牧野邦昭教授独自の見解が述べられている。ほー!その手があったか!!と感心した。頭の良い学者様は違うなぁ〜♪ 国を愛するそして特定の思想に偏らない冷静鋭敏な学者様だと思った次第だ。

↓もしよかったら押してね↓
 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

”隙あれば自国(or分)語り” 実例編


こんな本↓を読んだよぉ。一番面白くサクサク読めたのは 【女盗賊プーラン上下巻】、そして 【盗賊のインド史】 は無知な私にはいろいろと勉強になった。驚いたのが彼女は2001年7月25日に殺害されたのだが、確実に私生きていて意識あったはずなのに何で彼女の事知らんのだろう??? 記憶喪失?????? しかも世界的に有名な人なんだなぁ。。。何でだぁ???? 私、ヤバくね!? まぁそれはそれは実に謎い出来事だが、放置することにしようw

プーラン・デヴィ 本

議員への警備の強化に関する予算案 の承認の返事が政府から伝えられた翌日に襲撃され殺されているというのが何とも。。。。彼女の遺産2億5600万円を巡り、嘗て少女婚で残虐非道な虐待をした一番最初の結婚相手までもが相続人として名乗り出ているところとか人間の浅ましさを感じる。突然の大金が手の届く目の前につりさげられたらどうしますかねぇ。。いやぁ浅ましい。それこそ全部来世に響くんじゃないんですかねぇw

一つすっごく謎いのが、前世で悪い事をした結果が今生のその身分に生まれた原因、だからお前が悪い!という解釈だそうだが疑問が生じる。今生で悪い事をしたら来世でそれ相応の身分として生まれる事になるよ♪と言うのと同義の教えだと思うのだが、上層階級の人達は往々にして横暴で下層階級の女性はレイプをされるために生まれてきたとか男性は奴隷同様にうまれてきたとか、気分で暴力凌辱をするばかりでなく殺したり何をしても許される存在なのが下層カーストなんだと。

聖天ヴェータによると ”上に奉仕するために神によって創造された” とか上位の者に危害を与えたら切り捨ててOKみたいな教えなんっすよ。。。下層の者に何をしようと違法性はなく罪の意識すらない宗教って。。。自分が絶対的優位な時どういう言動をするか、まさに天に試されてると思うのだがのう。。。

自分の来世の事考えたらとても出来ない言動ばかりしているのが謎くて謎過ぎる。弱い立場の人に残虐非道横暴な言動をするって本当にその解釈を信じていたら出来なくないか。勇敢だな。。。まぁそれも謎くて理解不能なので取り合えず放置することにしようw

インドの人達の名誉の為に言っておくと、彼女を愛情で包み保護したヴィクラム・マッラ―氏、上層カーストの人だが誠実で聡明なパラス・ラム氏、彼女と交渉し投降実現させたチャトゥルヴェディ氏、立派で公正で尊敬を集めるキラン・ベディ監察長官女史などもいて彼女の人生を大きく変えた人間的に素晴らしい人も存在する事を付け加えておく。


気が狂ってもしょうがないと思えるような境遇の中、彼女は己を信じて最後まで生き抜いた強い女性。自分ではどうしようも出来ない巨大な力、権力者に虐げられいいように扱われ翻弄され耐え忍ぶしか生きる術がなかった階層の人々の味方になり、二度とそのような事が出来ないように、する気が起きないように徹底的に叩き潰してくれる彼女は、まさに自由と慈悲と戦士の女神と映るだろう。

どんな身分の人にも心や尊厳はあるという思いが一本芯のようにあり理不尽な運命に戦い続け、貧しい物、虐げられている者、弱い者の味方だった。自分の運命境遇をすべて受け入れてそれでもあきらめず命を狙われながら脅迫電話を頻繁に受けながら国会議員として低カーストや女性の地位向上のために尽力した彼女の魂に乾杯!! そして合掌。 

一つ救いなのが、”下層カーストの人は殺されても何されても文句も言えないカースト制度” に固執するヒンドゥ教から仏教に改宗する人が増えているとの事。

はっきり言ってぇ・・・・宗教とか言い伝えとか迷信とかって結構、一部の権力者、有力者、金持ちが自分達に都合良く愚民どもを思うように動かし支配し己を利するのに作られたものみたいなぁ。思考をすりこませ考える力を奪い恐れさせ諦めさせれば簡単に操れるもんなぁ(`L_` )ククク


均衡を秩序を保って暮らしていた地に、発達した科学文明をもった国が乗り込んできて植民地化し意のままにその国をつくりかえていく。文明を与えるとか社会秩序を整えるとか突然やってきて本当余計なお世話!!なんだけどもその中で、いち早くその文明国の支配の枠組みを利用し今迄の仲間をどん底に沈めてでも己を利するように立ち振る舞える者、力を持つ新しい支配者にいち早く順応し長い者に巻かれ取り入り成功した者が得をする。うまく新支配者に取り入って嘗ての仲間に生きていけないほどの不利益をかぶせたとしたら、その相手にへりくだって従う人ばかりではなかろう。生きるために戦う人も出てくるよなぁ。

それにいくら偉そうに侵略者が ”カーストによる身分上の差別を禁止” を謳ったところで当人らの意識が変わらなきゃぁ無理ぽっw

自分達は静かに平和に均衡を保って暮らしていても簡単に侵略できると思えば奪いに来る勢力は存在する。食い物にされたくなければ周囲のあらゆる情勢動向に常にアンテナを張り巡らせ、己の立ち位置を客観的冷静に分析し生き残り策を考えるしかないだろう。

そういう意味では、GHQに恐れられ教科書から名を抹消させられた日本国の江川英龍氏などは時流を読みいち早く見抜き、外国の食い物にされない様、徹底的な知識技術の習得と近代化に素早く取り組み実現し人材育成も行い日本国の防衛力の底上げを図った偉大な人物だと思う。イギリスのマリナー号を言論で追い返したくだりは実に天晴だ!! 先人に乾杯!

インドの不屈の精神を持つ強く優しく真っ直ぐな偉大な女性の話だったのだが、さり気なく自分語り(=日本国の偉人の話)に持って行ってその印象で終わらせるという誠にいやらしい手法だw 一言で言うと、こういうのを ”隙あれば自分語り”と言うww あっ、自国語りか!w

↓もしよかったら押してね↓
 

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments