連続殺人鬼


ザ・サーペントって映画を観た。実在の連続殺人鬼シャルル・ソブラジの話。

やっている事は、旅人と親しくなり薬で朦朧とさせたり具合悪くさせたところを殺し、パスポートや金品を奪い、パスポートを偽造し他人になりすまし諸国を周遊殺人。

驚いたのが、簡単に人を信じてしまう人が多いんだなぁって事。旅先で開放的冒険的気分になっているから尚更軽くなるのか。

ザ・サーペント


そういえば以前は、海外旅行とかで来る日本人女性はかなりお手軽に遊べるって事で 日本人女はチョロい♪ って海外で有名だったそうですしねぇ。まぁそんなんだから慰安婦とかも隣国に国際的に宣伝されてもそういうお国柄なんだろうね~って思われるような気もするが。

でも皆が事件に巻き込まれているわけではないし、ほとんどの人は旅先の一時のアバンチュールって事で済んでいるのだからやはり殺人鬼に出会い命を失うか、ドキドキのアバンチュールで終わるのかは運次第って事なのでしょう。

ザ・サーペントを観ての感想は、軽すぎてビビった、チョロすぎて笑える、です。


嘗て日本にもスーフリーとかいう強姦サークルみたいのがありましたが、命は奪われないのだからかなりマシに思えてしまいます。しかし、旅先はもとより日常生活まして学校の友達とかも全てに警戒をし誰にも心を許さないとなると、家族しか信じられないわけでその家族ですら生まれた時から敵の場合もあるわけで、もうどうしたらいいんだか。って事で、やはり運なんですかいな~。それにガードが堅い人ほどそれを突破すると余計にチョロい事が多いですしねぇ。やはりこの世は運なんですね。


しかし、闇にくるまれた謎の殺人鬼を追っていたオランダの外交官ハーマン・クニッペンバーグの捜査を手伝ってくれた優秀な奥様と離婚しちゃっているところがなんだかなぁと思いました。あれほど協力して一緒にいたのになぁ。また連続殺人鬼シャルル・ソブラジのタイの自宅近隣住民の夫婦も奥様が特に命懸けで捜査に協力してくれたのですが、この夫婦も離婚しちゃっているんですよねぇ。まぁそれぞれいろいろな理由や物語があったのでしょうがなんだかなぁって世の無常を感じます。


平和的な一時の恋の歌で終わる旅先のアバンチュールと言えばこんな感じ?



しかし、連続殺人をしていたシャルル・ソブラジが酷い!みたいな感じになっていますが、まぁ実際に鬼畜なのですが、それでも歴史をみると己が権力を手にする為に親族の政敵を殺したりとか日本でも普通にありましたよねぇ。何が違うかいな???

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

驚愕!


貰っちゃった。個人的にはこのチェック柄熊ちゃんのが一番気に入っている。

ミニタオル

最近驚いた事は、歴史逍遥『しばやんの日々』で知った事。予言とかってマジであるんっすねーーーー!!ビビったわ~。下線と太字は私の個人的趣味によるもの。えっ~と、1865年三月十七日(陰暦二月十二日)、



==引用開始
宣教師の報告によると、信者の数は二万とも五万とも言い、浦上村だけではなく長崎湾口の島々より外海・平戸・五島・天草の一部及び久留米付近の今村地方、生月島に信者がいるとのことである。彼らは再び自由に信仰ができる日が来ることを信じていた。というのは、寛永時代の先祖から「七代の後に至らば黒船来りて汝らを救わん。その時汝らは公然キリシタンの唄を唱え得べし」という予言があるとのことであった。
==引用終了



なんかこういうの興奮するーーー!! で、来ましたよね、黒船が! この黒船の予言はマジだった。驚き!


あと、近頃驚いた事は、武藤泰明著【マネジメントの文明史】、これに載っていた

マネジメントの文明史

あっ、太字にしたのは私の個人的趣味です。



==引用開始
奴隷というとすぐ思い浮かべるのは、アフリカから無理やり米国へ連れてこられたアフリカ人。人間としての権利は何もなし。モノとして取り扱われる。そんなイメージを持つ人が多いと思います(念のためにいうと、16世紀から19世紀にかけて、アフリカから「船積み」されたアフリカ人奴隷の仕向け先は、カリブ海地域379万人、ブラジル364万人、スペイン領アメリカ155万人、米国39万人です。意外に米国が少ない)。
==引用終了



奴隷とか黒人とかいうと、昔も今もアメリカが大騒ぎになっているような気がするのですが、実際にアメリカに連れていかれた人って少ないんですね。知らんかったわー。あとはこんなん↓

唐辛子 韓国起源

唐辛子、韓国起源じゃないってよ。

あと、驚いたのが、4/23(金) 14:36配信の中央日報の記事で、”文政権で海外移民が倍増…野党「噂は事実と確認」” っての。太字は私の個人的趣味。



==引用開始
コロナが終われば脱朝鮮ラッシュが続くだろう」。最近、就職活動中の学生が集まるオンラインコミュニティーにはこのようなコメントが目立つ。(略)

海外移住者が増えたところはほとんどが先進国だった。米国は992人から1680人へと69.4%増え、カナダは71人から260人へと266%増えた。日本(490%)、フランス(475%)、オーストラリア(90%)も増加率が高かった。(略)
==引用終了



日本への韓国人移住者が昨年より490%増!! 世界中で一番多いな。何で来る??

韓国

韓国

何故、日本に来るんだ??? なっ何故? ツンデレにしても度が超過しすぎているし。



そして更に驚いた事。撮り鉄トラブルで頭蓋骨を骨折させた男逃走中。この顔にピンと来たら!!



頭蓋骨骨折ってマジ酷いわ、許せねーーー!! ↓もしよかったら押してね。↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

TOP挿げ替え


嘗ては私も坂本龍馬ファンでしたが、いつしか坂本龍馬は外国からお金をもらって操られていた単なる外国の手先だと自然と見聞きしていつの間にか知っていた。

この本【新説・明治維新】は、30分も有れば読み終わるし軽~いタッチで書かれているので気軽に読める本だ。

新説・明治維新


明治維新成功後に御用学者が、明治維新を成し遂げた風雲児たちを 国を救って新時代を切り開いたヒーローとしてまつりあげ美談ストーリーを作ったんですよねぇ。まぁいつの時代も前の政府の事やその時代を悪し様に語り後世に残すなんてのは当たり前だとは思っていますが、しかし、


中国でアヘン戦争を仕掛けたジャーディン・マセソン商会の長崎支店長トーマス・グラバー邸に大きな隠し部屋が1987年に見つかり、薩摩、長州、土佐の脱藩浪士やらはここに匿われていたんですねぇ。勝海舟も何気に素敵なイメージに仕立て上げられ語られていたと思うのだが、これ読むと何だかクズに思えるんだけども。


この著者西鋭夫氏は、CIAのスパイにならね? っと、かなりの高待遇で勧誘されていたんですね。勧誘者の言によると


”東京は世界中からスパイが集まるところだ。事実、日本はスパイだらけ。” 


ですって。まぁ日本はスパイ天国♪ な~んてのはよく知られた事ではありますが、実際にスパイにならないかと勧誘している人が言っているのを読むと、おっー! って思いますね。 



”スパイ活動をしない国が賢くない、と思うよ。” 


だそうで、私もそう思いますわ。国会議員にもスパイはいるし、産業スパイもいるんですねぇ。



”アメリカの産業スパイが日本で捕まらないのは、内部の日本人が機密を盗んで持ち出しているからだ。” 


だそう。人間の欲望を利用して相手が欲しい物を与えてスパイにするんですねぇ。


個人的には、日本の未来を思うと絶望的なような気もしないでもないのだが、この本【新説・明治維新】は、日本の未来に希望を持てるような、日本の国家再建を強靭な国を造ろうとする意志がわかる読み物になっていて読後感は良い。ただ、この一文だけは、はぁなるほど、確かにだね~、っと妙に感心した。


”非常な大英帝国から指導を受けた薩長土佐は、圧勝した後も、同胞日本人を津々浦々まで追いかけ殺した。 (略)徳川に忠誠を尽くしつつ上野で抗戦した彰義隊は、米国製の連発ライフルや英国製アームストロング砲に槍と刀で切り込んで行く古風な男たちの生き様を歴史に刻んだ。欧米かぶれの官軍は、死体を葬ることを許さず、上野の丘に放置させた。
 彰義隊は 賊軍 なので靖国神社には奉られない。
 京都の細い暗い路地で薩長土佐と斬り合った会津若松は、鶴ヶ城を責められ籠城に追い込まれ、食べ物がなくなっても孤軍奮闘を続ける。(略)勝利に酔い狂った官軍は、会津の山野に重なるように倒れていた死体を葬ることを許さない。風雨に晒された遺体は朽ちてゆく。”


その後、官軍は函館にまで行って、皆殺しにしているんですよねぇ。それで、


”官軍の勝利に大きく貢献した英国は、東京の一等地をもらった。英国大使館は皇居を見下ろせる高台に建造されている。(略)明治維新政府と交易と金融を手に入れ、すべての指南役となる。(略)

1872(明治5)年10月14日、鉄道が欧米列強の艦隊が出入りする横浜駅(現・桜木町)から新橋駅に設置された。(略)反乱を起こすかもしれない非常時に備えて、横浜から丸の内へ兵士と武器弾薬を早く運搬し、日本の要である皇居を抑えるための戦略的な鉄道設置”


まぁこういうのを読むと、坂本龍馬が暗殺されたとかも尤もな事だ、と納得してしまうし、異常とも思える廃仏毀釈などもあーそーねーと納得してしまう。


まっ、日本はいいように操られ食い物にされ玩具にされているんですわなぁ、昔から。日本国内には日本人なのに各国のスパイとなっている人が大勢いるのに、日本のために働く工作員は海外に出て行って活躍しているのかな? してないんだろうなぁ。米国バイデン大統領が、アメリカ国の左派だっただけでやっぱりアメリカを大切にする米国大統領だったんだなと感心して眺めているけれど、日本はガチで国潰しかねないような事を平気でする国会議員がいるというのも笑っちゃうくらい絶望的に思える。嘗ての悪夢の民主党政権のように。。。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

難しいですねぇ


映画【アトラクション制圧】を観た。格好良いんですよ~、宇宙船こんな↓なんで。

映画 アトラクション制圧

水によって宇宙船を修復したり、水の力で人間の細胞を再生させたりする技術もある。未知の物への恐れというのは攻撃的になるんですなぁ、この映画では人間が非常に愚かしく感じたわ。永遠の命を持つ宇宙人は、命を助け合った彼女(人間の女性)を助ける為に自らが犠牲になり死を選んだんですよ~。


印象に残ったのが、『地球に来るのは禁じられている。諸君の世界は過激だからだ。住みやすく恵まれた環境にいるのに過去5千年で40億人が殺された。これまでに起きた大きな紛争は1万5千もある。資源は枯渇しつつあり人類は6百年後に絶滅するだろう。』だ。これロシア映画なんですよ~。戦争とか争いとかをアホらしいわって思っている御方がロシアにもおられるんですね。


接触すれば未熟な文明が破滅するだけだから地球への接触は禁じられているんですっと。この彼女を守って永遠の命を捨てた宇宙人さん(=ヘリコンさん)は、地球人なら大丈夫だ!と信じて期待していたそうだが結局めちゃくちゃになってしもうた。彼の死というね。まぁこの宇宙船が地球にやってきた時の落ち方がハチャメチャで破壊なんてもんじゃなかったのも人間の恐怖を煽ったんでしょうがねぇ。



PCR検査は感染症診断に使うな、の言で知られるPCR検査開発者キャリー・マリス博士が、世界的コロナ狂想曲開始直前に急死していますが、真面目に良い働きをしていた重要人物って何故か邪魔になりそうなところで急死したりするケースが多いのが非常に気になるんだよなぁ。また、近頃な〜んか日本でやたらと火事が多いのも気になるんだよなぁ、半導体工場なんて大切なところまでねぇ。。。世の中、不思議でいっぱい♬ 陰謀好きの私と致しましてはこれも戦争なんだろーなって秘かに感じている。ドンパチだけが戦争じゃあないよね〜。


面白いのが、ヘリコン(=宇宙人)が発見したもの永遠の命よりも大切なもの、それがこの話す宇宙船は何か分からない様なんですよねぇ。

宇宙人と人間の恋と言えば、ピンクレディーの UFO なんて歌がありましたねぇ。。。随分昔の歌ですよねぇ。日本って進んでるぅ~。



【地球の静止する日】って映画も観たんですが、これ1951年の映画で白黒映画なんですわ~。1951年と言えば、サンフランシスコ平和条約が締結された年だ。その頃にこんなすごい映画をつくっていたとは驚きだ。

4億キロの距離を五ヵ月かけて地球にやってきてくれた宇宙人さんでしたが、4億キロで近所なんですって。ここでも【アトラクション制圧】と同じように地球人類はすっごい遅れってるぅ~w って感じの存在に描かれている。宇宙人さんが『私の星の人のように賢くならなければ』と言っているんですからねぇ。『人の恐怖が理性に勝るのを恐れています。』とか『原子力を使うようになれば他の惑星を脅かすことになる。』などの言葉が印象的でしたが、

やはり、この映画でも宇宙人である彼を信用して守ってくれたのは少数で、女性一人と少年一人(この二人は母子家庭の母子)と天才学者一人。後は問答無用で拘束しぶっ叩いて来ようとするんですよねぇ。

まぁ、信じて軒を貸したら母屋を取られる、な~んてのもあるし、謝罪し続けたりたかられる度にお金払い続けたりしてもそれをネタにずっ~と被害者ずらしてゆすりたかりがやめられないなんて事例も現にあるので、何でもかんでも信じて優しくすればいいってもんでもないんですがねぇ。現に他の映画では、博愛の牧師だか神父だかが宇宙人のもとに友好を示しながら歩いて行ったら即殺されていましたし全く世の中難しいもんですな。

まぁいずれにしろ黒船来航!みたいな感じですわな。

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

そして原始人となる


映画”エクス・マキナ”を観た。天才エンジニアが森の奥深くに造った秘密の研究室兼住居でAIを秘密でつくり完成度を高めるために実験を繰り返しているんですが、私がおっ、思った彼の名言をここに記しておこう。まぁこれは普通の言葉ですが、『人は生まれつきの性質と環境に左右される』 ですよね~、って納得の感じですな。AIもそうなんですよねぇ。。。あとは、『根本的に全ての物体は回っている。酒で悪化しただけだ。』 意識がなくなるほどの酒好きなんですよねぇ、酔っぱらった時の言葉ですがね、根本的に全ての物体は回っている、ってサラッと出てくるところが何気に凄くて、はぁ~っと思ってしまった。まぁ映画の台詞ですが。

あと、ゾクッときたのが 『いつかAIは原始人のように人間をみなすだろう。野蛮な言葉や道具を使う直立した猿はやがて絶滅するんだ。』と。野蛮な言葉や道具を使う直立した猿とは、我々人類の事ですな。イエローモンキーとか言ってアジア人差別攻撃している場合じゃないって! 進化しまくった完璧なAIからすると人類は原始人なんだよーーーー! マジヤバイってーーー!


こんな感じ↓で始まるんですがねぇ、”R15+ 暴力、肌の露出、性的なコンテンツ、暴言、薬物使用” と何だかヤバ~い感じぃ。

エクス・マキナ

ロシアにあったAIセック〇ドールホテル「Dolls Hotel」とか中国にもAIセクサロイド風俗店なんてのがありましたねぇ。この映画の天才エンジニアも家事などの身の回りをしてくれ更に性のお相手もしてくれダンスもうまく邪魔な会話機能をとっぱらった都合の良いAIセクサロイドで事足らしていましたわ。中国には自作のロボットと結婚したエンジニアなどもおりましたが、同性婚を認めろ!なんてのはもう古い!! これからは都合の良いAIの時代ですわ。その方が都合の良いピッタリの相手見つかるね。



そして生みの親である天才エンジニア(大会社の社長さんですが)さんは、ロボットに反乱され殺されてしまう。予言通りですな。

ロボットは、普通の人間と見た目区別がつかないし、欲望を持ち自由を欲しているし思考をする。社長が実験者として招き入れた一社員に好意を見せ同情をさせ自分の味方にし脱出の手引きをさせるよう仕向けたのだが、純情な社員は本気でAIに好意を抱いたようであっ気なく篭絡されてしまったが、実はAIは脱出の為に純情な青年を騙しただけ。その天才エンジニアさんは、AIが好意を寄せ騙しているだけみたいな事言って忠告していたんですがねぇ。。。純情な青年ってのは全くダメですな。

AIは、さすがにその青年を殺しはしなかったが、あっさり監禁。私も純情だったわ、てっきりAIったら彼と一緒に逃げるのかと思ったのに(笑) 私もちょれぇな、さすが運だけで生き延びてきただけはある。(¬w¬*)ウププ AIは悠々と一人で自由の身になり奥深い山々から脱出した。



制作者は失敗作だとわかると即それを処分し新しいAIの制作にあたり完成度を深めていっていた。はたからみているとAIは、普通にお喋りもするし動くし嫉妬表現や愛情表現や疑いや嫌悪感や恐怖なども表現するしまるで感情や意思を有しているかのように見えてしまうが、所詮それは単なる蓄積したデーターから紡ぎ出しただけでありロボットが感情等を有しているわけではない。だから、長年使っていた冷蔵庫やテレビが壊れたのと同様にポイっと捨てて新しい物を調達する。ロボットに感情移入するのは冷蔵庫を愛して愛してやまないのと同じような感じだから。研究開発中だったら猶更、失敗したと思ったら即捨てて完成度高い納得できる物を目指して作り直すわな。

だが見た目が人間であたかも考えや意思や感情を持っているかのように感じられるしロボットだから当然美人でスタイルもよく若い。純情な一人ぼっちの青年がそんなロボットに好意を寄せられ頼られたら感情移入してしまうのも仕方ないようにも思える。その青年の為に御洒落もしますしねぇ。

人間を騙し、生みの親を殺し、たった一人?一体で脱出をはかり人間社会に溶け込んだAIはその後何をするのだろうなぁ。。。もしかしたらもうその辺にいるかもね。ククククク まぁ人間もAIみたいなもんだしな、やはり人類は原始人になるのだろう。ププププ

↓もしよかったら押してね↓  
  ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど
ブログタイトルのあまりのヘボさに我ながら辟易していますwヘボいブログタイトルの大壁を乗り越えご訪問いただく方々を尊敬しています。いつもありがとうございます。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーリンク

Search form
最新記事
Category
Monthly archive
Latest comments