心と顔


江戸中期の書院造の旧萱野家(大石順教尼記念館) 。大正元年に廃寺になり萱野氏がこの土地家屋を買い取るまでは、ここは遍照寺別院で、高野山の僧侶が冬の間だけ暮らした不動院だった。2009年に町が買取り主屋など3棟が町指定文化財に指定されている。

戸が閉まっているので本当に見学できるのかな?? と眺めていたら、どうして外に人がいる事気づいたんだろう?? 「どうぞ~」 と中から優しそうなおじい様が戸を開けて出迎えてくれた。出していただいたスリッパに履き替え、体温チェックをされ無事合格。

大石順教尼


しかし、今では、そこかしこで体温チェックが当たり前になりましたねぇ。先日、ちょいと無謀な事をして失敗し両手と腕を怪我して血だらけになってしまい、洗って放っておけば治るか♪ と放置していたら夫に見つかって「すぐ病院に行くぞっ!」 と慌てていた。「そんな大げさだって。こんなの放っておけば自然に治るよ~。」 と言ったのですが、「これはダメだ。感染症とかになる可能性がある!」 とか大騒ぎ。放っておけば自然治癒すると思うんですがねぇ。

で、土曜日でも開いている整形外科に連行された。受付で体温チェックだけでなく体調問診やワクチン接種有無などを聞かれた。運転のためと付添いで来てくれた夫はアホみたいに元気なのですが体温がちょっと高かったので、「体温が基準値より上なので病院に入ることはできません。」 と病院から追い出された。えっ!? ここ病院っすよね?(笑)(笑)

ちょいと基準値より熱が高いからといって病院から追い出されるって、なんじゃそりゃ?? 病院なんか??? コロたん騒動以来、世の中が変わりましたねぇ。で、私は体温が基準値以下だったので無事、お医者さんに手当をしてもらい塗り薬や飲み薬数種類と消毒薬や包帯を処方され数日後にまた来るようにとの事だった。手、痛い。


カルテをパソコン入力しながら 「コロナワクチン打ってないの? ワクチン反対派ですか?」 と聞かれた。「いやぁ別にそういうわけでは」 と波風立てず適当に答えると 「ワクチン反対派なんですか? いや、いいんですよ。打つも打たないもいいんですよ。で、反対派ですか?」 と何故かすっごい食いついてきた。「いやぁそういうわけではないんですけれどもぉ」 と答えたら、「いやいやいやいや、いいんですよぉ~、反対派でも。。。。。。ではまた数日後に」 と言われた。一体なんだったのだろう?? 私の演説が聞きたかったのだろうか??(笑)



そういえばポスティングされていた美容院のチラシにも。。。

美容院ワクチン

”ワクチン接種済のオーナーが、全て一人で担当。” とか自慢げに記してある。ワクチン接種済ってのは威張れるものなのかな? いや、安心感を与える事ができるのかな?

”他のお客さまとの接触がなく安心です。” 一瞬ビビったが、まぁこれはわかるかなって思った。シェディング被害を極力抑えられますしねぇ。。。しかしオーナーさんが接種済みかぁ。。。


調査結果を元に記された記事Steve Kirsch's newsletter によると、米国ではワクチン接種者の内、約500万人のアメリカ人が働くことが出来なくなり、約1000万人のアメリカ人が心臓損傷が発生し、約75万人のアメリカ人が死亡している、との事。また、1000万人のアメリカ人が入院の必要があった、との事。心臓の問題の発生率は6,6%なんですと。


FRONTNIEUWSによると、ハンガリーの出生数は前年同期と比較し今年は20%減少した。この劇的な低下は、Covid集団ワクチン接種開始から9か月後に発生した、とハンガリーの祖国運動の副議長さんが国会で指摘。

こういった諸々のニュース等を読むと、なんか怖いですねぇ。シェディングも怖いんっすけどねぇ。。。おちゅうしゃ始まってから日本人の死亡数も急増しているとか他にもいろいろな病気が発症したり体が不自由になった等も見聞きしますがきっと全部捏造♪ だって、



「全責任は私が引き受ける!」 と大上段に仰せだった河野太郎氏はこのよう↓に仰せなので、きっと上記の調査結果もすべてデマ♪

河野太郎

良かった♪ 安心だわ~•*¨*•.♬\(^o^)/ バンザーイ♪ʜᵅᵖᵖᵞ🌸




おっーーと、話がそれてしまった。さてさて、体温チェック関所を通過すると、案内されて入った右側のお部屋。お手製の小さな映画館みたいになっていた。大石順教尼の生涯を紹介する映画を見た。多分、数十分くらいのものだったと思う。映画を見た後、健気な人だなぁ、私思いあがっているかもしれないな、と反省した。



筆を口にくわえて物書きをしたのは、相田みつを が最初じゃなかったんだ! っと知り、そこが衝撃だった。相田みつを氏や星野富弘氏は、体操技の失敗による事故で両手が不自由になったそうですが、大石順教尼さんが両腕をなくした理由はそれにしてもあまりにも壮絶すぎた。4歳から始めた踊りが上手で、日本一の踊り子になるのが夢で資金援助を申し出てくれた中川萬次郎氏の養女になり踊りの稽古を続けていたが、17歳の時にその養父に殺されかけたのだから。


中川萬次郎氏の3人目の妻は25歳年下。その若妻が若い男性と駆け落ち。中川氏宅で一緒に住んでいた芸妓さんの一人がその逃げた御嫁さんと接触したらしく頼まれて彼女の着物を持ち出そうとしたのを見つかり、居場所を知っているんだろうと激怒。中川氏宅で一緒に住んでいた逃げた若妻の母と弟妹と芸妓2人を斬り殺し、大石よね(のちの大石順教尼)は両腕を斬り落とされ、中川氏は自首。

中川萬次郎氏はもともとは武士だったそうなんで、刀遣いもプロですよねぇ。。。


で、数時間後に自首を聞き駆け付けた警察。息があったので病院にかつぎこまれ一命をとりとめた大石よね(のちの大石順教尼)氏。ひたすら踊りをしてきた人生だったのに両腕がなくなり、障害者となってしまった彼女。



大石順教尼さんは若いころから綺麗な方でしたが、晩年はもう人間性が滲み出ていてほわ~んと温かくなんと表現したらいいのか良い御顔をされているんですね。歳をとるほどに表面的な顔のつくりだけではごまかせなくなってきますねぇ。その人の生きざまが内面が滲み出てきてしまう。いくら整形手術をして外見を整えたところで、化粧をぬったくって顔を作り込んだところで見た目は整うかもしれないが限界がありますわなぁ。内面からにじみでてくるものがねぇ。やはり、その人の生きざまですわなぁ。


なかなか出来ない事と感心したのが、堀江六人斬り事件を起こし世を震撼させ、自分の両腕をバッサリ斬り落とした養父のもとに、養父が死刑になるまで拘置所に何回も面会に行っているところ。

大石順教尼



結婚生活でもいろいろあったようだが、彼女が書き記すには、夫が入院した時に、両腕がなく世話ができず自分の姪を呼び寄せ世話をさせた。何もできない自分を責め自ら離婚を切り出したそうな。



両腕を失った大石順教尼は、口で加えて絵や文字を書き、67歳で日展で入賞している。その彼女の書かれた絵や文字が展示されていた。そして大石順教尼は、時々、ここに来て高野山に登ったり、萱野さんのご親戚さんを訪ねたり、絵や書を書いたりしていたという。で、彼女がここに来た時に使っていた筆や硯がそのまま残されていた。



大石順教尼

当時はまだ障害者に対するサポートとかなかったんですね。そんな中、大石順教尼は、身体障害者福祉相談所など障害者施設をつくられた。彼女は尼になる前に住職のすすめもあり、一度結婚し、子どもを2人授かっている。今現在、お孫さんが、大石順教尼カナリア会という障害者施設の代表運営をされていて、曾孫さんは寺院の御住職だとか。お孫さん、曾孫さんまでもご立派に育っていますな~。

歳をとった時、大石順教尼さんのような良いお顔になっていられるように日々精進しようと思う。

↓クリックしてね(^^♪↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

いろいろなシステム


ローソンは糖質オフ商品が充実していて良いですね~。糖質オフのパンを買ったら、レジでブランパン20円割引きクーポンが発券された。ローソンに寄ることも滅多にないし折角なのでクーポンを使って買ってしまう事にした。さて、ところでブランパンってなんじゃ!?って思ったら、糖質オフパンの事だった。

ローソンクーポン



しかし、よく見ると、このブランパンの陳列棚には ”糖質0,0” って宣伝されているが、実際の陳列されているブランパンを見ると、糖質が普通のパンよりもぐんと少ないのはわかるのだが、糖質は0グラムではないところ。”糖質0,0” のマークを目印に探したら一つもないってことになるのだが(^^; 全部糖質入ってんやんけ~。っと、まぁこういうヤボな事を言うのはよそう。

ローソンクーポン



で、さっき買う時にどっち買おうかなぁってしばし逡巡したパンを手に取りレジに向かった。会計を終えるとレシートと共に、再びブランパン20円割引きクーポンが発券された。こりゃ永遠のブランパン割引輪廻にはまるシステムだわ! っと嬉しいやら何やらの複雑な苦笑い。お財布の中にクーポンをしまい店を出た。ちょっとウケたw これ↓が買うたびに貰い続けられる証拠のクーポンっす。

ローソンクーポン





最近驚いたのが、チラシを見ると人口が減ったからか対象年齢がどんどん低年齢化し、美容業界もキッズ脱毛だとかで子どもをターゲットにしてお金を稼いでいたようだが、更なる衝撃の一枚が! 子どもを脱毛ターゲットに狙いを定めてもなかなか経営が難しいのか、次はなんと! 介護脱毛だと。

多分これは、介護されるご年齢の方々が、ムダ毛があると恥ずかしいって事で介護対象者やその予備軍をターゲットに定めた戦術に出ているのだろう。いやはやビビる。ちょっとググってみたら、”介護脱毛とは、将来、自身が介護される状況になった時のためにアンダーヘアを脱毛しておくことを言います。” だと。40代で急増中ですと。ほんとかいな?? 介護されるのを前提で生きるってのもなんだかなぁって思いますが、まぁ介護する人が少しでも楽に快適でいられるように気を遣っているんってことなんっすかね?

そんな気にして介護されるにむけてアンダーヘア脱毛なんてしてるくらいなら、介護されなくていいように運動して鍛えろよ、って思ってしまった。スポーツジムに通った方がよくないか? いやぁ、この介護脱毛ってのにはマジびびりましたわ。

介護脱毛





あと、近頃ビビった事は、知人の成人しているお子さんが今回の参院選で投票権がない! と知った事。タイミングが絶妙に重なりシステムの隙間にちょうど埋もれた、とでも言えばよいのだろうかな。その事情とは、

家を新築し今年2月に新住所に住民票を移動。そして、3月末に就職で他府県へ行き住民票も移動。

つまりあまりの短期間に住民票を2回移動している。普段ならそれでもなんら問題が無い。が!


投票権用紙は、3カ月以上住民票登録があった人に郵送で送られる。

よって、この方のケースですと、新しい家にさっさと移り住み2月に住民票移動。そしてさらに3月末に就職で他府県へ住民票を移動。よって、3カ月要件に達せず実家のある地では投票権がない。


では、就職先の地ではどうだろう。と思うが、今回の選挙の基準日が6月21日なので3月21日までに住民票の移動が終了していれば3カ月経過という事でもしかしたら投票可能だったかもしれない。が、その辺りの日はまだ実家にいたという。役所で転出手続きをし転入届をせず手元に異動届を持っていた状態だったと。



では、その引っ越し前の住所、2月に移動する前の旧住所の地で投票できるかなっと思うと、今度は住民票の転出手続きをし4カ月経過するとそこでも投票する権利がなくなる。


って事で、まれにこのように投票システムの狭間にどっぷり浸かってしまい、投票できないケースがあるとのこと。これはなかなか意外な新発見だった。





しかし、自民党の憲法改正草案は、ありゃ何度読んでも??? 憲法18条≪何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。≫が改憲されて、”何人も、社会的又は経済的関係において身体を拘束されない。” になっちゃったら。。。。

社会的、経済的関係以外についての事項については身体を拘束されるって事ですよねぇ。例えば、政権に非常に都合悪い事を言ったりした時とか、戦争反対とか主張したりすると身体拘束されるようになるって事ですかいねぇ。従順に言いなりにならないと拘束されるようになるんかいねぇ。



憲法36条≪公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる≫ が改憲されて、”公務員による拷問及び残虐な刑罰は、禁止する” になっちゃったら、拷問や残虐な刑罰が 絶対禁止 ではなくなるんですね。ってことは、時々とかたま~にとか、あるいは例外的になら拷問や残虐な刑罰が解禁になるんですねぇ。


怖いんすけど。国民を縛りつけ締め付けるための改憲にしか思えんのよねぇ。




さて、私は参院選の比例代表の投票では、(比例代表の特定枠として優遇されている候補者ではない)候補者の個人名を記載し投票し、比例代表投票2票Get感♪を満喫しお得感を味わおうと思う。なのだが・・・・

この人!って積極的に応援したい人がいるでもなく、言葉が悪く表現的に非常に無礼過ぎるのですが、正直、ゴミの中から一番マシなゴミを消去法で選んで投票するって感じなのだ。候補者や議員をゴミ呼ばわりしているのはつまるところ自分がゴミってことになるのでしょうが。だって我々の中から出てきた代表者なのですからね。まぁこういう思考自体が自虐史観が問題だー! とか 日本に誇りを持てる教育がなされてないのが原因だ! とか言ったところで、それ以前の問題として、そもそも人間自体がホモ・サピエンス・サピエンス自体がクズなのだからどーしよーもないですわな。解脱っちゃって一抜けた♪ 済で強制輪廻から外れている人は凄いな~。あーワテも解脱って光あふれる天上界で楽しく静かに暮らしたい。


で、参議院議員選挙2022 投票マッチングをしてみた。ら、

投票マッチング

だとさ。これ、面白いね。

↓クリックしてね(^^♪↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

九度山


徳川方についた真田信之の決死の覚悟の助命嘆願により、死一等を減ぜられ高野山蟄居となった真田昌幸、幸村父子。幸村が妻子を伴っていたため、高野山蓮華定院のすすめで高野山麓の九度山で暮らした。九度山にはいつか行ってみたいと思っていたのですが、幸運なめぐりあわせでついに訪れる事ができた。


真田昌幸・幸村父子の屋敷跡に建てられたお寺だという善名称院(真田庵)。真田昌幸・幸村・大助の3代の御霊を地主大権現として守護神として祀っている。福徳を授ける幸運の神・知恵の神として慕われているもよう。高野山の僧大安上人の前に白鷺が飛来し、「被屋敷を開いて地蔵尊の堂を建て、真田公を地主権現と仰ぎ祭るべし」 とお告げを受けひらかれたそうな。

今はこじんまりとした敷地におさまっているけれど当時は真田屋敷なかなか広かったそうなんですよねぇ。幸村はここ善名称院ではなく、ここから徒歩数分の所にある遍照寺の下方で暮らしたと言われている。

九度山 真田幸村


一見、綺麗なんですが、こうやって見るとちょいと修繕が必要のようだ。広々とした敷地に見えるけれども実際はこじんまりした質素な感じ。お父さんの真田昌幸はここで11年暮らし65歳で病没している。高野山追放となった際に16人の家来を連れて来ていたが、昌幸が死んでしまうと14人が上田に帰ってしまい、高梨内記、青柳清庵のみが幸村と共に九度山で過ごした。お父さんの昌幸氏を慕ってついてきた家来が多かったんですかねぇ。



しかし、御兄さんの信之に散々お金の無心をし、お金だけでなくお酒までくれ~と窮乏を訴え催促ばかりしていた逼塞中だった幸村のはずだが、

九度山での14年に及ぶ暮らしの中で幸村は子どもを11人も作っている。連れてきた正室と側室の間に5人(男2人、女3人)、側室にした隆清院(秀吉により切腹させられた豊臣秀次の娘)との間に2人(男1人、女1人)、そして出自が分からない側室との間に4人(女2人、男2人) の計11人。

自力で養えないで兄貴にたかり続けるならそんなに側室増やすなよ! とか 子どもそんなに作んなよ! とかツッコミを入れたくなってしまったりもするが、本来は死ぬところを兄貴の嘆願で生きながらえる事になったのだから、生きているのは兄貴の責任だ! だから面倒みろ!って感じだったと思うと理解ができなくもない。ん!? なんかちょっと変だな?? ん!???


九度山 真田幸村


また、九度山に蟄居中の幸村は、車で行ってもここから40分くらいかかる距離にある蓮華定院を往復し、ついに得度し好白という僧名までもらっている。僧侶になってまで戦闘を!?って一瞬思ってしまうが、まぁ昔の僧侶はそういうおっかない者だったり戦闘集団だったりするんでねぇ、おかしくないですわな。


さて、この戸↓を開けると、無人お土産売り場になっていた。戸を開ける前にエンマ様を意識するように貼紙がしてあるので、盗難は最小限に抑えられているものと思われる。

九度山 真田幸村



敷地内にすっごく小さな建物ですが真田宝物資料館というのがあって、開けると真っ暗で無人。完全に性善説にのっとった入場料入れにお金を入れ、自分で電気のスイッチを押す必要有。幸村の子どもたちが遊んだ手まりだとか日本人形、幸村が愛用していたという鎧兜や槍先やら、書状やら高野紙製造用具やら等などが展示されていた。正室の奥方が自ら真田紐を織りここでの貧しい生計を支えたなどと言われている。また諸国にこれを売り歩かせ情報収集していただとかも。

九度山 真田幸村


村の人たちとも仲良くやっていたようだし、ここで皆で楽しく静かに暮らしていればいいものを・・・・大阪城から使者が来て頼み込まれたからと言って引き受ける必要なかったのにねぇと思うのだがねぇ。ことのほか病身になっただとか歯が抜け白髪が増えたとか兄貴に手紙でしたためていたほど老いてきていた実感のあった幸村だったはずがまた戦いの道を選び49歳で討死するとは。。。

でも、ここで静かに村の人たちと暮らしていたら、真田の名はここまで後世にまで響き渡ることはなかったんですよねぇ。。。。最後に大暴れして天下に名をとどろかせてこの世を去ったという感じでしょうか。。。しかし、幸村は実は死んではいなかった説などもあるが、だとしたら結局逃げ落ちた先で静かに暮らしたのだから九度山での暮らしと何が違うのだろうとか、九度山での暮らしの方がよくね? とか思ってしまったりもする。

まぁ、負けるつもりで戦にうってでたわけではなく、なんとかして勝利をつかみ一発逆転を狙ったのだろうから、勝負にでた!って事なんでしょうけれどねぇ。あとは、大阪城から来た使者が当座の支度金として黄金200枚・銀30貫を当座資金として持参してきただろうことを考えると、この金で家族楽になるな♪ とかグラッときたのかもしれんが。

大阪城落城したのが5月8日、幸村の妻と娘は警護の3人と共に浅野長晟に捕らえられた際に、幸村の妻が大判57枚を持っていたということなので、大判57枚って相当な額ですよねぇ。



電柱の絵(笑) 幸村ってこんな可愛かったんですかね?? で、ここが真田の抜け穴伝説が囁かれた、大阪城まで続く秘密の抜け道と言われていたところ。和歌山県にあるこの九度山から大阪城までの地下道を作ったのだとしたら凄すぎるが、実際は地下に造られた石室で横穴式古墳だったとの事。今では本来の埋葬者には失礼だが真田古墳と呼ばれているもよう。しかし、人の想像力って凄いですね~。蟄居させられていた真田氏が住んでいた地ということでいろいろ考えたくなってしまうのもよ~わかる。確かに大阪まで続く抜け穴を作っていたとしたら壮大なロマンですよね~。

九度山 真田幸村

真田父子は、家康に赦免を願い許してもらい故郷に帰るのを手紙にしたため頼んだりしているのだが、許されることはなかった。実は赦免を願ったのは単なる目くらましであり、徳川打倒の為に臥薪嘗胆で過ごした等と言う説もあるようだが、残念ながら負け惜しみのようにしか聞こえない。ここでの貧しく不自由な暮らしから抜け出したく故郷に帰る事を願いながら叶わず死んでいった昌幸。

しかし、ここ九度山で誕生した幸村の息子の大助が立派な武人に育っているので当時の価値観やら武芸やらをしっかり叩き込んでいたのだろうなぁというのはよくわかる。





お次は、真田ミュージアム。ちなみにここまで全部徒歩数分圏内。このように順を追って詳しく簡潔に真田家についてまとめられていて、ここに来れば真田ってなにそれ?って人でもいっぱしの真田通になれるというよくできたミュージアム。

九度山 真田幸村



文字を読むのが苦手な場合はこういった映像も用意されているので子どもでも楽しめるだろう。前方にある映像ボタンを押して席に着こうと振り返った時に、うわっ!ってビックリしてしまったのだが、実は秘かに人と同じ大きさの忍者の人形が隠れている。どこだかわかるかな??

九度山 真田幸村



大坂夏の陣・冬の陣についても詳細に説明がなされていて、またさらに映像も用意されているのだが、しかし、冬の陣での幸村の大奮闘を見て家康は、10万石をあげるし誓書も差し出す! と味方にしようと擦り寄りを開始。丁寧に断った幸村に、今度は、信濃一国を呈する! と言ってきたそうだが、幸村はそれすら断っている。んん~、なんとも人間的にはと~っても好きだが、もっと器用にうま~く生きれなかったのかと思ってしまったりもするが、でもこういうところが幸村の魅力の一つでもあるんですよね~。

九度山 真田幸村



しかし、痛々しいのは幸村の長男である真田大助氏も九度山から父と一緒に大坂冬の陣・夏の陣を戦い、最後には自害したとされている。14歳だったんですねぇ。

九度山 真田幸村



幸村の戦いぶりは、徳川方からの絶賛され 日本一の兵! と称された。個人的にはそんな称されなくていいから九度山で楽しく静かに暮らしとけば良かったのに。。。って思ってしまうのだがねぇ。。。男のロマンは私にはわからないや。

しかし、幸村は130人~150人と共に秘かに九度山を脱出。さらに高野山僧集団123人も山伏の装束を着て脱出、また那賀郡武士30人~50人程度も九度山を脱出し、天王寺でこの3集団が合流し幸村軍は総勢300人にもなったというから驚きだ。

九度山 真田幸村



ここから先は真田の抜け穴をイメージして作られていて、石壁の洞窟のような中を進んでいく。ここ九度山にあった真田の抜け穴伝説は間違いだったとしても、真田丸に通じる複数の地下道を幸村が作ったという話は有名だ。安居神社や一心寺や三光神社などの抜け道が有名である。

また、真田といえば忍者が浮かぶが、ここ九度山でも屋敷のいたるところが忍者屋敷になっていたという想定で、複数の仕掛けを楽しむことができる。徳川打倒の悲願を持ち臥薪嘗胆の真田父子の家ならば大いにあり得る設定ですね。真田十勇士の中でも幸村の影武者として死んでいった者も複数いますしねぇ。

九度山 真田幸村


そして、実は、真田幸村は生きていた! 説や 徳川家康は大坂夏の陣で死んでいた! 説などが写真付きで説明展示されていた。幸村が最後逃げ延びて鹿児島で山伏として生を全うしたなどは非常に夢があり良いなぁっと思うのだが、お母さんの淀君に翻弄されたお飾りの操り人形だったのかもしれないが、しかし、仮にも大将であった豊臣秀頼までもが鹿児島に逃げ落ちたという話にはなんだかなぁって思ってしまう。あれだけの人を巻き込んで人を沢山死なせておいて自分だけさっさととんずらして生きながらえるってねぇ。。。な~んかモヤモヤする。そこで更に力をつけて反旗を翻すとかでもなく、静か~に暮らして一生を終えているんですからねぇ。


また、逃げ落ちたのが鹿児島の地ではなく、実は奥州で、秋田県大館市の一心院には真田幸村とその長男真田大助の御墓があるという。鹿児島にも御墓があると言われているし、果たして何が本当なのか???? 幸村と大助たちは生きていてほしいが。


あと、近頃はなんでも可愛いアニメにしたほうがいいのかもしれませんね~。真田十勇士の可愛いイラストや動画が流れていて、アニメ好きの人も逃がさねぇよ!的なお作りになっていた真田ミュージアム。



企画展だかで日本刀の展示がなされていた。

九度山 真田幸村



そしてここ、お楽しみコーナー。備え付けの手裏剣であの白黒の碁盤目状の的に、そして輪ゴムを弾に見立てた銃であの小さな的を撃つのだが、実は手裏剣は、以前、甲賀の里 忍術村で2回練習した事がありなかなかの腕前になっているのだ。で、やったら、やはりビシッと狙ったところに決まった! ふん! あと弾も銃を構え輪ゴムをぶっぱなし全部一発で倒していった。意外と使えるかもしれませんよ、私。クククク

九度山 真田幸村

真田紐やら六文銭やらを使ったりしたのも含めいろいろなお土産も売られていた。おっ! と目を引いたのが、”日本一の兵” と印字されたTシャツ。一瞬買おうかなって思ったが、しかし、戦う気ないのに ”日本一の兵” って書かれたシャツ来て歩いてたらどうだろう??と考えてやめた。いや、家で着る分として買っても良かったな。

しかし、あ~、念願の九度山に来れて良かった♪

↓クリックしてね(^^♪↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

大和民族強靭化


先進国では、癌患者や癌死亡者数がどんどん減っているというのを聞くようになってから随分久しい。けれど、日本人の死因の第一は、悪性新生物いわゆる癌で、日本人は癌患者も癌死亡者数も激増し続けている。日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で死亡するというのは有名な話だ。

高齢になるほど癌罹患率が高くなるとは言うが、欧米先進国も高齢化を迎えており、その点、日本と高齢化という点では変わらない。

まぁ、こんな回りくどい言い方せんでも言わずもがなですわな。



日本って世界の在庫処分場、最終処分場ですよねぇ。人体に危険! 使用禁止! 摂取禁止! と欧米では使用禁止とされた医薬品や添加物や農薬ドバドバ食料品などが、日本にきてますよねぇ。JAP用のねぇ。。。そりゃぁ癌にもなりますよねぇ、とか思ってしまうんですよねぇ。

まぁねぇ、イエローモンキーのくせに欧米諸国様に生意気にも歯向かって有色人種の独立の引き金を引いた日本人JAPは、地球上から完全消滅させねばならんですよねぇ。笑顔で友好をうたいながらJAP用の医薬品や食料品をおつくりですしねぇ。戦後から長~い時間が経ちましたが、着実に成果が出てきてますなぁ。クククク



でも、思うんですよねぇ。危険極まりない医薬品や食料品を、世界のゴミ捨て場である日本に住んでいる日本人は体内に取り込んでいるわけですが、それによって日本人の淘汰がおこっているのではないかと。弱い者は死んでいく。世界ではヤバい!と言われている物質が添加された医薬品や食料品に対する耐性をちょっとずつ身に付けそれに合うように心身が強化されて進化しているのではないかと。結果的に、強い者、変われる者、進化できる者のみが生き残ることになるわけですから、大和民族だけ強い人種になるのではないだろうか? 見方を変えれば大和民族強靭化計画実行中♪ ともいえるわけですなぁ。




日本人を絶滅させようとして作ったJAP用の医薬品や食料品、世界の処分場として危険極まりない医薬品や食料品、そういうのを摂取し日々進化し、人間の淘汰が行われている我々大和民族は、かなり強い種になってきているに違いない。


でもねぇ、流刑地みたいに不良外国人をジャンジャン日本に入れるのはやめてほしいのですが、これも純粋無垢で無防備な日本人を世界標準レベルに近づけようとしてして鍛えてくれているのかもしれませんなぁ。ププププ  つまり、大和民族は他の追随を許さない最強の民族になるんですなっ♪ 知らんけど。




さて、昔は体中に癌ができているやせ細ったご老人が死の寸前まで散歩したりして普通に暮らし穏やかに死んでいったと聞く。昨今聞く病院やホスピスでの癌患者の死に方は、痛みと苦しみにのたうち回り死んでいくと聞く。どっちがいいのかなぁって思ってしまう。

日本は、儲け第一主義の医学界の推奨する過剰検診によって、早期に癌が発見されるようになった。そして、癌治療を行い、薬漬けにし手術をし苦しんで死なせていくのだと心ある医師から聞いている。抗癌剤は効果がないとも。


癌手術や抗癌剤などの薬物治療が原因で死んだり、手術や薬物治療による副作用により別の病気が発症しそれで死んだりするとか聞いてますねぇ。抗癌剤で癌が治る可能性は5%だとかいやそれよりも全身に作用する抗癌剤の副作用の方が深刻で、実際は癌で死んだのか、抗癌剤の副作用で死んだのかよくわからないとも聞く。

癌があって放置しておいた場合と、手術や薬物投与した場合で比べても、実際は総死亡率は変わらないんだそうですねぇ。

癌検診や健康診断は有害だ! と心ある医師の話を聞いた。




ヨモギは癌細胞だけを死滅させることで知られている。その威力は、抗癌剤の3万4千倍だとも!

我が家は毎日、ヨモギ茶を飲んでいる。




っと、大和民族強靭化計画とかほざいたが、朝日新聞デジタルでビックリしたニュースを見てしまった。福岡県議会で、議員へのハラスメント防止条例が可決・成立したんですと。有権者が投票をちらつかせて嫌がらせをする票ハラ、なんちゅうのも含まれるんだそうですねぇ。これって一体。。。。どんだけだよ。弱っ!

↓クリックしてね(^^♪↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

神社めぐり


伏見稲荷大社は、素晴らしく煌びやか。狛犬ならぬ狛狐ちゃんがとっ~ても可愛い! とくにお口に稲穂やら巻物やら玉やらを加えている狐ちゃんの姿がとっても可愛い!

伏見稲荷大社


伏見稲荷大社も完璧、観光地化されていて観光客が沢山。土産物屋もずらっ~と並んでますしね。目の前には和服レンタルの御店もあり、そこで和服に着替えて詣でているのか見学しているのかしているカップルなども。赤い鳥居がズラッと並んだよくみる伏見稲荷大社のあの光景も実際見ると、あー鳥居けっこう小さいんだね~とか塗装が剥げてきちゃってるね~とか写真と現実の違いを知ることになる。でもあの光景はやっぱり壮観。

私が気に入ったのは、その連なる有名な赤い鳥居をくぐった先でわき道にそれ徒歩数分山を登った先にある伏見神宝神社。訪れる人も一人いただけで静かでいい感じ。伏見神宝神社の立木札にも書かれていたが、どこか懐かしい縄文時代を思わせるような雰囲気。静かで清浄な感じ。

下に戻り観光客の流れる道に戻ると。。。んん~。伊勢神宮もねぇ、普通の時間に行った時はもうすっごい人でごちゃごちゃでなんだか空気も澱んでて(ーー; で、いつも早朝に行っている。早朝に行く伊勢神宮は素晴らしい♪ 伏見稲荷大社も人のいない早朝に行くとまた違うのかなぁ。


驚いたのが、石を積み上げて作られた灯籠ってありますよねぇ。それに札がかかっているところ。”危険だからのぼってはいけません” とか。のぼる人いるんか!っとそこに驚いた。いろんな人がいるんですねぇ、灯籠にのぼる人とか(^^;



で、伏見稲荷大社も古札入れの前に立派な御賽銭箱が置いて有って、伏見稲荷お前もか!って思ってしまった。春日大社も伏見稲荷大社も両方観光地となっているのでそれもありなんだろうなぁって思いましたわ。


あと、面白いなぁって思ったのが、入り口の所にある手水舎。表側というのかな?には人が沢山いて並んでいるのだが、裏側はこのようにスケスケ(笑)

伏見稲荷大社




で、やっぱり落ち着くのはここですねぇ。こんな時は、石上神宮ですよ。ハハハハハ ここは奈良のなかなかの田舎なのに結構参詣する人が一年を通して多いんですよねぇ。いつ詣でても人がちらちらいて不思議だなぁと思っている。こんな不便な田舎なのになぁ。でも明らかに観光地化してなくてガチャガチャしてなくていいですし、訪れる人たちも静かなきちんとした方々しか見たことがない。生きている鶏さんも沢山いて可愛いですしね~。

石上神宮


で、でもですよ。。。。この鶏さん↓、周りの鶏さんたちに突っつかれていたのでびっくりしてしまった。しかも複数の鶏さんに。虐められているのかなぁって見てたのですが違かった。この鶏さんが方々に喧嘩吹っ掛けて自分から突っついて回っていて、それで周りから時々反撃されているですねぇ。一体この鶏さん。

石上神宮


はげはげですよねぇ。鶏さんを見かけると喧嘩吹っ掛けて突っついて行くので誰も近寄ってこない。時々復讐されてつつかれている。

石上神宮


そしてな~んか雄率が高い。石上神宮の鶏さんって雄の方が多いんだなぁって気づいた。で、こういう皆で居るところに突っ込んでいって突っついて喧嘩吹っ掛けて走り回っているんですねぇ。

石上神宮

まぁ、この喧嘩吹っ掛けて走り回っている鶏さんは特殊だとしても、この鶏さんを除いても時々、いろんな鶏さんどうしで小競り合いが行われているんですよぉ。トホホホ あと、大体一緒にいる仲良しの鶏さんって決まっているんですよね~。なのに小競り合いが頻発している。


羽をパタパタしているシーンなのですが、この鶏さんは体がとっても大きい。ど~んとした貫禄があって一匹狼みたいな感じで一羽で行動している。この大きな体の鶏さんはすぐそばにいても、あのハゲハゲの攻撃的な鶏さんも手を出さない。人一倍ならぬ鶏一倍体が大きいから攻撃されないのか、いや、私が思うにこの鶏さんは人格ならぬ鶏格が違うんだと思うんですよねぇ。この体の大きな鶏さんは見たところどんな鶏さんとも上手くやっているご様子。どうやら心もおおらかで愛情深い鶏さんのよう。清濁併せ呑んでいるとでもいいますか。

石上神宮


しかし御神鶏さまとか言っても、あんな喧嘩っぱやい攻撃的な鶏さんが神???? まぁどこの神話も酷い物ですからねぇ、攻撃的だったり小競り合いが頻発したり争いが絶えない鶏さんたちが神でも全然おかしくないですわな(^^;


ところが、あの醜い争いの修羅場から離れた先には、そんな喧嘩の世界が嫌で逃れてきたのか家族で仲良く過ごす鶏さんたちの姿が見えた。そう、争いを嫌い穏やかで平和と愛に満ち溢れた世界を望む鶏さんたちの理想郷がここ。

石上神宮


こっちは天国で、あの修羅場は地獄だ、と思った。地獄でも上手くやっているあの大きなからだの鶏さんの生き方も格好良いけれど、やっぱり平和が良いわ〜。とはいえ、この地球上ではどうしたって争いが絶えないわけですから、あの体の大きな鶏さんのようにで〜んと構えて生きるしかないんですよねぇ。。。

石上神宮

↓クリックしてね(^^♪↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 主婦の日常日記
ジャンル : 日記

Profile

はーとまいんど

Author:はーとまいんど

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサーリンク
Latest comments
スポンサーリンク
Category
Search form
Monthly archive